HOMEブログページ ≫ 【膝に安全な筋トレ】膝の内側の痛みを治す筋トレ(内側広筋) ≫

【膝に安全な筋トレ】膝の内側の痛みを治す筋トレ(内側広筋)

膝の内側痛7_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

なかなか良くならない、変形性膝関節症ひざ痛でお困りではありませんか?

・膝の内側に痛みがある
・歩きやしゃがむ時に膝が痛い
・膝周りの筋肉が無い

上記のようなお悩みの方にピッタリの膝の内側トレーニングをご紹介させていただきます!座った状態で簡単にできますので、ぜひ最後までご覧ください^^




◆超重要な膝の内側


IMG_9024_コピー

まずは膝の内側を写真の様に触り、筋肉の左右さを比べてみてください。おそらく膝痛が出ている足は押した時に反発感が無かったり、押してもプニプニして凹む状態かと思います。それは膝の内側の筋肉が弱いことを意味しています。


IMG_8957_コピー



確認してもらった筋肉は内側広筋(ないそくこうきん)と呼ばれる筋肉です。この筋肉がしっかり働く事で膝が安定させることができます。反対にこちらの筋肉が弱い(正常に働かない)事で、踏み込んだ時に膝が内側に倒れてしまったり、膝がグラグラと不安定な状態になり膝の痛みが出現するようになります。

IMG_0769_コピー

IMG_0248_コピー


それでは、膝の内側を鍛えて膝痛を解消していきましょう〜!!



◆セルフケア


【準備するもの】

・キャスターについていない椅子
・摩擦を利用して筋トレをするので裸足

IMG_1186


 

①つま先を外に向ける

   
IMG_1187
 

まずは椅子に座り、つま先を外に向けましょう。



②つま先を外に向けた状態で足を伸ばしていく

IMG_1188

まずは何も考えずに、足を滑らして膝を伸ばしていってください。


③足を伸ばしていく


IMG_1189

これが重要な項目になります。足が滑らないように摩擦力を使い、足裏は動かさずに膝を伸ばす様に力を入れていきます。関節は動かないが、しっかり膝の内側には力が入っている(筋肉が硬くなる)状態を確認してくださいね。



回数は10秒キープを10から20回程度です




【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、筋力トレーニングの前に関節のねじれを取る必要があります。そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!

 

 

 
 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝の内側の筋トレをご紹介
・内側広筋が弱い事で膝痛が起きる
・摩擦力をいかに味方につけるかが肝

・次の動画もみてね
 


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】


子供の朝が早いです!毎朝5〜6時に「パパ〜お腹減った〜」と起こされます。そして早朝からプラレールやレゴブロックによる遊びが始まります・・毎日は辛たん

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年05月29日 23:00