HOMEブログページ ≫ 【ひざ痛改善に筋膜剥がしは必須】太ももの外側の癒着を剥... ≫

【ひざ痛改善に筋膜剥がしは必須】太ももの外側の癒着を剥がしてひざ痛を解消する方法

腸脛靭帯2_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

なかなか良くならない、変形性膝関節症鵞足炎でお困りではありませんか?

・膝の内側に痛みがある
・太ももの外側がツッパる
・膝の曲げ伸ばしづらさを感じる


このようなお悩みの方は、太ももの外側がカチカチに癒着(引っ付き)で硬くなっていることが原因かもしれません。太ももの外側の癒着を剥がすことで楽になります!ひざ痛でお悩みの方は是非最後までご覧ください^_^



◆ここを触ってください


IMG_1384_コピー

まずは太ももの外側を触り、筋肉の状態を左右で比べてみてください。この時、太ももの外側がカチカチに硬くなっていると思います。それは腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)と呼ばれる太ももの外側の靭帯が癒着していることを意味しています。

IMG_1388_コピー


腸脛靭帯(図:青色)は、腰骨から膝関節を超えてスネの骨まで続いています。ということは、この腸脛靭帯が硬くなることで膝関節の動きを阻害してしまいます。正常な動きができなくなった膝は必ず関節軟骨や靭帯・筋肉に負担がかかり、その結果「ひざ痛」が出現します。



◆セルフケア
 

 

①膝の曲げ伸ばしを確認

   
腸脛靭帯セルフケア1
 

まずは膝の曲げ伸ばしを行い、可動域やつっぱり感を感じましょう。腸脛靭帯の位置は、テーピングを張って見やすくしています。



②4本の指を曲げ、腸脛靭帯を引っ掛ける

腸脛靭帯セルフケア2

指を鍵状に曲げ、その先端に硬く癒着している腸脛靭帯を引っ掛けます。そのまま外側から内側(自分に向かって)硬くなっている組織を動かします。

腸脛靭帯セルフケア4

硬くなっている場所=靭帯や筋肉が引っ付いている(癒着)なので重点的に行ってください。


*注意点

力を込めすぎる方が多いです。思っているより弱めの力で行ってください。強すぎる場合は、筋肉が逆に潰れる可能性があります。



③内モモも同時に行う

太モモの外側ばかりを緩めると、ひざ痛が悪化する危険性があります。それは今まで腸脛靭帯が硬くなることで、膝の安定性を確保していたのに、癒着を剥がすことで関節が緩くなりすぎることです。緩くなってしまった関節は、軟骨や靭帯にストレスを与え痛みを強くしてしまいます。そのためにも、太ももの外側と相関関係のある内ももの癒着を剥がし、膝を安定させることが必須です。

腸脛靭帯セルフケア5

こちらも先程と同様に、指先で内ももの硬く癒着している場所を引っ掛け、下側から上に向かって癒着を剥がしていきます。



④もう一度、膝の動きを確認

腸脛靭帯セルフケア16


太ももの癒着を剥がすことで膝の動きがスムーズになっていることが感じられます。この癒着剥がしを継続していくことで、ひざ痛が解消されます。ぜひ長年膝の痛みでお悩みの方はお試しください( ^ω^ )



回数:10〜20回程度です




【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、筋力トレーニングの前に関節のねじれを取る必要があります。そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!

 

 

 
 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝の痛みは太ももの外側が重要
・腸脛靭帯の癒着で膝痛が起きる
・太ももの外側の癒着を剥がす
・太ももの内側も剥がすことをお忘れなく

・次の動画もみてね
 


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】


やーーーーーっと、次男(1歳4ヶ月)が僕に懐いてきました。今まではずっとママ一筋で、体のどこか一部がママに触れていないと不安で泣いてしまう子でしたが・・! 朝ごはんを食べさしていた影響が出たのでしょうか?これから親子の絆を深めていきたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年06月17日 23:00