HOMEブログページ ≫ 【ひざ痛のプロが教える】膝の中の痛みの原因を徹底解説! ≫

【ひざ痛のプロが教える】膝の中の痛みの原因を徹底解説!

膝の中の伊丹_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



ひざ痛でお悩みだった患者さんから
「膝の中の痛みは仕方がないと
思っていたけど筋肉が原因
だったんですね」
と言われ、
この動画を撮影しようと思いました。

そうなんです!
膝のゴリゴリしたような痛みは
筋肉が原因です。


今回はなぜ筋肉が原因で膝の中が
痛くなってしまうのか?
分かりやすくご紹介
させていただきます!!


目次
①動かして痛い
②筋肉が及ぼす影響


それでは、さっそくいきましょう!


 

◆動かして痛い


動かして痛みがある場合
骨がぶつかって痛みが出現しています

その骨がぶつかる原因が『筋肉』です



 

◆筋肉が及ぼす影響


筋肉が原因で悪くなる状態は
①関節がねじれる
②支えることができていない
の二種類あります。


①骨がねじれる

正常に働かない筋肉があることで
体の使い方が変わり
関節が捻じれてしまいます


膝の内外旋-side_コピー

その結果、
本来の膝の動かし方ができずに
ねじれた状態で曲げ伸ばしをするため
骨がぶつかり痛みが生じます



*詳しくはこちら
【施術方針】正常に働いていない筋とは?


②支えれていない

本来は膝が軽く曲がった状態で
地面に着地します。

しかし膝痛の方は足が伸びきった状態で
地面に着地するために衝撃がもろに
膝や股関節に伝わり痛めます。


IMG_2300_コピー


スポーツ選手で前十字靭帯断裂や
半月板損傷も同じ理由でおこります。

リハビリを行ったとしても
膝が伸びきったまま着地する
状態を改善出来ていない限り
再発のリスクは高いです。



上記2種類の原因は、
『筋肉が正常に働かない』
ことで起きます。


筋肉をきちんと働けるように
お体を調整していくことで
膝の中の痛みを解消することができます!

 

詳しい説明は動画をご覧ください

 

 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝の中の痛み=骨がぶつかっている
・骨がぶつかる=筋肉が問題
・関節が捻じれる
・支えれていない
・次の動画もみてね

 

 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが
変形性膝関節やケガ後の膝痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。

全力であなたをサポートさせていただきます!


オンライン無料反暖_コピー
体に不調が出ていませんか?
あなたにピッタリのセルフケアをお伝えします

【こちらも参考に】

 

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

【膝のねじれをとってスタスタあるけるようになる方法】

 

 

【編集後記】

次男が生まれて2ヵ月がたちました。毎日寝てうんちしてミルク飲んでの生活ですが、「ほほえみ」ができるようになりました。天使のほほえみにいつも癒されております。いろいろ世間は大変やけど、大きく育つんだぞ!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年04月23日 22:00