HOMEブログページ ≫ 9割が知らない。重症ひざ痛は首のズレが原因 ≫

9割が知らない。重症ひざ痛は首のズレが原因

膝と首の関係5_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

良くならないひざ痛は首が原因

病院のリハビリや整骨院で治療を
受けていても、なかなか変化の無くて
お困りではないでしょうか?


もしあなたがリハビリで膝しか
治療を受けていない場合、
すぐ転院を考えた方がいいかもしれません。

その理由は膝痛は「首のズレ」が
大きく関わるからです。

それでは、さっそくその理由を
ご紹介させていただきます!


目次
①筋肉に特化した整体
②半身の力が入らない
③体重のかけ方
④確認方法
⑤セルフケア



 

◆筋肉に特化した整体


まず前提として、
僕たちは筋肉に特化した整体を行います。
そのため、治療では必ず「筋肉」の状態を
診させていただき、治療を行っていきます。


*自慢ではないですが、筋肉の評価と調整では誰にも負けない自信があります。
まぁそんなことは置いておいて・・


筋肉の状態を評価する際に、カチカチに硬くなっている筋肉と、力が入りづらいプニプニした柔らかい筋肉があります。
ツライ痛みの原因は、柔らかいプニプニした筋肉がきちんと働かないことで、関節や一部の筋肉に負担がかかり痛みが生じています。

ココでは長くなるので、詳しくはこちらをご参考にしてください。
【施術方針】正常に働いていない筋とは?



結局何が言いたいかというと、お体の筋肉の状態を把握することが得意ということです



◆半身の力が入りづらくなる


ひざ痛でお悩みの方も首の状態は毎回確認します。それは首が原因で、体の半身に力が入りづらい状態になるためです。

半身

始めて聞くことだと思うので、イメージしづらいと思いますが、この半身の力が入りづらい状態は全員に起きています。
赤ちゃんから、毎日のケアとトレーニングを行っているプロアスリートにもあります。



◆体重のかけ方が変わる

この問題点は2つあります。
それは体重のかけ方です。

少しわかりづらいので、駅のホームで電車を待つ時をイメージしてみてください。


①膝が痛い側の半身に力が入りづらく、かつ痛い足に体重が乗っている。

右膝が痛い場合、首が原因で右半身全部の筋肉に力が入りづらくなっているのに、体重は右足にかかっている状態です。これでは、そもそも筋肉が働いていないのに、体重を上手く支えれるわけがありません。


②膝が痛くない側の半身に力が入りづらく、痛い側の足を頼っている(体重が乗っている)

右膝が痛い。でも、首が原因で左半身の筋肉に力が入りづらい。そのため、まだ力の入りやすい痛みのある右膝に頼っている状態です。


うーーーん・・
自分で説明していてもややこしいですね。


簡単に言えば、両半身に力が入るようになれば、
かなり膝の負担も減るし、体も楽になります!!
ということです。



◆確認方法

仰向けで寝た状態で、足を素早く上げる際の
左右差を比べることで分かります。

SLRトレーニング

*他にも股関節の状態も関係してきますので、
100%ではありません。



◆セルフケア

首や頭がい骨のズレに大きく関わる
筋肉に「咬筋」があります。

咬む筋肉のことです。

咬筋セルフケア_コピー

ここを図のように後ろに筋肉を剥がしていきましょう。

ゴリゴリしちゃだめですよ
強く押しすぎると筋肉を傷める可能性があるので、
やさしい気持ちをもって行ってください。


咬筋の硬さ(癒着)が取れると
・首や頭がい骨のズレが治る
・半身に力入りやすくなる

膝の負担が減る
ことで膝の痛みを解消することができます(^.^)

 

詳しい説明は動画をご覧ください

 
 
 

 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・半身の力が入らない
・体重のかけ方が問題
・負担がかかって痛い
・咬筋が問題
・癒着はがしで痛み改善
・次の動画もみてね

 

 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もし現在、膝痛で悩みなら、
お気軽にLINEでご相談ください。

もしあなたが
変形性膝関節やケガ後の膝痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。

全力であなたをサポートさせていただきます!


オンライン無料反暖_コピー
体に不調が出ていませんか?
あなたにピッタリのセルフケアをお伝えします

【こちらも参考に】

 

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

【膝のねじれをとってスタスタあるけるようになる方法】

 

 

【編集後記】

甲子園中止になりましたね。少し時期ずらして行えばいいのになーと思いますが、プロ野球の兼ね合いもあり難しいんかな?別に甲子園球場にこだわらなければ、選択肢は増えると思うのですが。選手が何を求めているかですよね、甲子園で野球をしたいのか、球場違えど、夏の全国大会で活躍したいのか。選手がかわいそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年05月21日 12:00