HOMEブログページ ≫ 症例報告 ≫

ブログページ

【症例報告】長時間座ると右のお尻が痛くなる

長時間座るとお尻が痛い_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

 

今回は症例報告です。


当院で整体を受けて
よくなられた症例をご紹介させていただきます。

「長時間座ると右のお尻が痛くなる
・来院された方:大阪市在住・女性
・主な症状:座る体勢で右お尻や太ももが痛い。前かがみでお尻が痛い

 

◆来院までの経緯

 


急に右お尻から太もも裏が痛くなる。腰痛はそこまできつくないけど、普段からたまに感じる程度、いつも自宅近くの安価な整骨院でマッサージ治療を受けていた。今回は娘さんのご紹介で当院に相談があり、来院。

 

◆初回来院時の主なお悩み

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●立って靴下がはけない
●台所に立つと右側に倒れてしまう
●椅子に座ると右お尻が痛い
●靴を履くような前かがみが痛い


 

◆初回来院時の体の状態

●右骨盤が外にズレている
●お尻の筋肉に力が入っていない
●首の骨のズレ
●座位で右側に体重がかかっている

●右腹筋が弱い
 

◆施術経過

 

●1回目(1週間に1度)
 

右側に体重が過剰にかかる座り方をしているために、右お尻に負担がかかっている状態。詳しくお体を見ていくと、首の状態が悪く骨のズレが原因でした。お話を伺うと口内の左側にびらんが出来ていて、右側のみで噛んでいるとのこと。咬む筋肉の硬さは頭蓋骨や首の状態にも大きく関わります。首周りを中心に骨格の立て直しを目的に初回施術は終了しました



 

●2~3回目(1週間に1度)

右側に体重が過剰に乗っていたため、右の骨盤が外側にズレ、腹筋にも力が入っていませんでした。
腹筋の調整と同時にお尻や太もも裏の筋肉のひっつき(癒着)を施術し、お尻に力が入り、骨盤がしっかり支えられることで、当初のお尻や太もも裏の痛みは消失しました。




●4回目~(1週間に1度)
 

お尻の症状が消失したため、メンテナンス期に移行。特に問題なく日々の生活を元気にすごされています。緊急事態宣言のため一旦治療終了。
 

◆こちらの方に頂いた感想


今までの整骨院のイメージは、パキッ、ポキッという感じでしたが、古川先生の施術はソフトで、患部にしっかり効きました。
 

◆院長から


こちらのお方は痛みが出現してから1週間以内だったため、比較的早く良くなりました。また歯の治療や、口内炎で一方しか咬まないという方は多いかと思いますが、体への影響度は大きいので、早めに治療していただいた方がいいです。

また娘さんがうちの宝塚店のスタッフが講師をしている専門学校の卒業生でもあったため、いろいろたのしくお話しながら、施術が終了しました。娘さんのご活躍を応援しています!


 


【最後に・・】


お体の不調をよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです!


もし現在、腰痛で悩みなら、
お気軽にLINEでご相談ください。

「あなたが健康で笑顔な毎日を送れるように」全力でお手伝いさせていただきます!



慢性腰痛でお悩みなら、
腰痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください
 



オンライン無料反暖_コピー
体に不調が出ていませんか?
あなたにピッタリのセルフケアをお伝えします



最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年09月03日 21:00

【症例報告】熟睡できなくて朝がツライ腰痛

腰が痛くて熟睡できない腰痛2_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

 

今回は症例報告です。


当院で整体を受けて
よくなられた症例をご紹介させていただきます。

「熟睡できなくて朝がツライ腰痛(腰痛)
・来院された方:八尾市在住・女性
・主な症状:寝ていると腰が痛い。腰を曲げると痛い

 

◆来院までの経緯

 


10年前に2回ギックリ腰をしている。その時は整体で良くなったが、5年ほど前から腰痛が再び出現してきた。特に右腰が同じ姿勢を続けると痛みがあり、車中や夜寝るときが一番ツライ。腰を曲げると、右腰がズレるような痛みがある。夜寝るときに痛いので、腰痛に効くマットレスに変えたが変化がなく、整体を探していたところ当院のチラシが目に入りご相談がありました。

 

◆初回来院時の主なお悩み

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●夜寝る時が痛くて、熟睡できていない
●掃除などの中腰で右腰がズレるような痛みがある
●右足が過去の捻挫の影響でグラグラする
●朝早く起きないといけなくて、その時の腰痛がツライ
●横向きで寝ても痛みがある


 

◆初回来院時の体の状態

●お腹を前に突き出すような姿勢
●右足をかっばて歩いている
●右を振り向くと腰が痛い
●お尻の筋肉が全然ない

 

◆施術経過

 

●1回目~2回目(1週間に1度)
 

過去の右足捻挫をかばって歩いているために、右足全体に負担がかかっていました。その結果、右足の筋肉が硬くなることで、腹筋を足首方向に引っ張ってしまっていて、腹筋がきちんと働いていませんでした。そのため、お腹を前に突き出すような腰痛でお悩みの方の特徴的な体勢になっていました

お腹を前に突き出す姿勢_コピー

 

●3回目~4回目(1週間に1度)

お腹の奥にある腸腰筋(ちょうようきん)と呼ばれる股関節を曲げる働きがある筋肉に、力が全然入っていない状況だったので、筋肉調整と内臓の調整をメインに進めました。お腹を押してていくと、右腰にズドーーーンとした痛みが誘発され、そのあたりの筋肉の癒着を丁寧に施術していくことで、就寝時や曲げると痛い腰痛は解消されていきました


腸腰筋



●5回目~(1週間に1度)
 

腰の調子が良くなり、久しぶりの梅田まで買い物に行けるまで回復。久しぶりで歩きすぎたため、その日の夜に少しだけ腰痛出現。しかし2日ほどで消失したとのこと。ちょくちょくは腰痛が出現するが、以前のような熟睡できないような痛みや、腰がズレるような痛みはなくなり、メンテナンス期に移行しました。
 

◆院長から



こちらの方は寝てる時の腰痛がツラく熟睡できないために、体に良いとされている少し高めなマットレスを購入されたり、枕を変えたり、いろいろと試されていました。ところが、お体を見させていただくと、腰痛の主原因は『お腹』でした。

「腰痛なのにお腹?今までの整骨院では言われたことなかったし、施術を受けたこともない」と驚かれていました。しかし、現代人の食生活や日常生活が原因で、腸腰筋や内臓に負担がかかっている方は多い印象です。

内臓やお腹を調整することで、腰痛が良くなり、「朝まで寝れた!」と喜ばれており、施術として嬉しく思います。もしかしたら、あなたの良くならない腰痛も「お腹」が原因かもしれませんね。

 


【最後に・・】


腰の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです!


もし現在、腰痛で悩みなら、
お気軽にLINEでご相談ください。

「あなたが健康で笑顔な毎日を送れるように」全力でお手伝いさせていただきます!


慢性腰痛でお悩みなら、

腰痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください


オンライン無料反暖_コピー
体に不調が出ていませんか?
あなたにピッタリのセルフケアをお伝えします



最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年08月31日 17:00

【症例報告】しゃがめず仕事に支障があった膝痛が改善!

症例松川_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

 

今回は症例報告です。


当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「しゃがめなかった膝痛」です
・来院された方:八尾市在住・50代・女性
・主な症状:仕事中のしゃがむ動作がツライ。ゆっくりしか歩けない


◆来院までの経緯

 

コロナの自粛明けに、急に右膝の内側と前側が痛くなる。歩いていると膝が急にカクッとなる。お仕事はサービス業で、しゃがむ動作が多く、その都度右膝に痛みが走り、また立ち上がりも痛みがある状態でツライ。HPで検索したところ当院を知りご相談がありました

 

◆初回来院時の主なお悩み

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●仕事中に膝が痛く支障があり
●階段の下りで痛みがある
●同時に腰も痛みが出てきた

●このまま治らないかと不安
 

◆初回来院時の体の状態

●股関節が内巻きでスネの骨が外に向かって回転
●太もも前の筋力低下が顕著
●太ももの外側がカチカチに張っている
●足の指が使えていない

●外に過剰に体重がのっている
 

◆施術経過

 

●1回目~2回目(1週間に1度)
膝の安定性に関わる太もも前の筋肉がしっかり力が入るように調整しました。過去にお腹の手術を経験されているので、その時の癒着の影響度が大きかったので、癒着をはがしていきました。またしゃがむ時に膝が過剰に内側に入り痛みが出ていたので、ふくらはぎや太もも・お尻の筋肉を調整していきました。

 

●3回目~6回目(1週間に1度)
膝がガクッとなる状態は消失。しかし2回目の治療で腰骨や骨盤調整で翌日に腰が急激に痛くなり、急いでフォローの施術。
大きく腰骨や骨盤の調整をすると痛みが伴ってしまうため、骨のズレはあまり触らず、筋肉調整をメインに施術方針を転換。
5回目終了後には以前のスピードで歩けるようになる。まだしゃがみ込みや立ちあがりの痛みは残る。




●7回目~8回目(1週間に1度)
ふくらはぎや足首・股関節の調整をメインに進めることで、しゃがめることができるように。ただ土踏まずがつぶれ(偏平足)、カカトに重心が乗っている状態であるため、足底の前に体重が乗せれるように足指や土踏まずトレーニングを開始。
トレーニングを継続することで、多少の膝前のつぱっり感はあるもののしゃがみ込み・立ちあがりができるように。以前できなかった正座もできるように。


●9回目~
以前のようなしゃがみ込みができなくて仕事に支障がきたす状態ではなくなったため、間隔を2~3週間に1度に空けメンテナンス期に移行。調子はいい状態が続いている。


 

◆こちらの方に頂いた感想


腰と膝に痛みがあり、足を曲げるのが苦痛でしゃがめない状態で、ゆっくりしか歩けませんでした。施術を受け始めてだんだん早く歩けるようになり、膝も正座ができるようになりました。ネットで調べてアークスさんに来て良かったと思っています。施術によって不具合が出た時もすぐに修正していただけるので、安心です。痛いところだけでなく、全身施術してもらえるので姿勢も良くなり小顔になった気がします。

痛みを我慢せずに早めに施術を受けることをお勧めします。痛い施術ではないので、安心です。


 

 

◆院長から


初めに「病院がきらい」と言われたときはどうしようかと思いましたが、順調にお体の状態が回復し嬉しく思います。しかし、骨盤や骨格を調整することで、翌日に腰痛が悪化してしまいご迷惑をおかけしてしまいました。

他での治療経験のない方は特に「もみ返し」などの症状が出現しやすいため、細心の注意を払っておりましたが、自分の力不足・確認不足で申し訳なく思います。

お体の状態に関しては、痛みが出てから1~2か月と早めの対処だったため、かばう動きが少なく順調に回復されていきました。最後は生活での支障もなくなり「アークスに来て良かった」と言ってもらえ、顔が思わずニヤけてしまいました。


もしあなたが
変形性膝関節やケガ後の膝痛でお悩みなら、

ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。

全力であなたをサポートさせていただきます!


最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年08月19日 12:00

【症例報告】痛み止めが手放せなかった膝痛

症例痛み止め膝痛谷口2_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

 

今回は症例報告です。


当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「痛み止めが手放せなかった膝痛」です
・来院された方:八尾市在住・50代・女性
・主な症状:階段の上り下りができない。日課の散歩に出かけることができない

 

◆来院までの経緯

 

去年の年末ごろから右膝が痛くなる。整形外科でレントゲンを撮影し変形性膝関節(膝OA)と診断される。階段の上り下りが膝の痛みのためにできない。日課である犬の散歩も行けなくなるほど、膝が痛みだした。3年前には左膝に痛みがあったが、気づけばよくなっていた。

 

◆初回来院時の主なお悩み

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●階段の上り下りで膝のいたみがある
●ウォーキングできるようになりたい
●朝起きてすぐの膝痛を解消したい
●何も変わらない現状を何とかしたい


 

◆初回来院時の体の状態

●内股で歩いている
●足や体の浮腫みが顕著
●太もも前の筋力低下が顕著
●膝と股関節が捻じれている状態

 

◆施術経過

 

●1回目~2回目(1週間に1度)
体全体の浮腫みをとるために、首の調整をメインに進めました。また太もも前の筋力低下が顕著で、仰向けで寝た状態で足を上げてキープする体勢ができませんでした。その原因を辿っていくと過去に右足を骨折を経験されており、その時のギプスの影響で筋肉の引っ付き(癒着)があり、太ももの筋肉を下に引っ張っていました。癒着をリリースすることで、引っ張りが解消され太ももの筋肉に力が入るようになりました

 

●3回目~5回目(1週間に1度)
太もも前の筋肉に力は入ってきましたが、歩く動作をみると、まだ内股気味に歩いていました。内ももの筋肉に問題があり、足が真っすぐ着けていなかったので、セルフケアを指導。内転筋に力が入ることで股関節や膝の捻じれが取れ、痛み止めの服用も5回目を終える頃には飲まない日も増えてきたとのことでした。犬の散歩にも痛みはあるものの徐々に行けるように


●6回目~7回目(1週間に1度)
たまに膝がガクッと抜けるような膝崩れ現象が一時的に出現。ふくらはぎや足の裏が原因で膝が上手く固定できていませんでした。そのため「つまさき立ち(カーフレイズ)」のトレーニングを指導することで、膝が抜ける感覚は消失。アリオで痛み止めの薬なしで2千歩以上歩けるように


●8-9回目
緊急事態宣言により1か月以上感覚が空いてしまいましたが、セルフケアとトレーニングを行なっていただき、犬の散歩に出かけれるまでに回復。ご家族の方から聞いた話では『あんなに辛そうに見えた階段を難なく降りていた』とのこと。

さまざまな要因が重なり治療終了。


 

◆こちらの方に頂いた感想


数ヶ月より膝が痛みだし、病院では変形性膝関節症と診断され、痛み止めの薬と湿布を処方されました。 でもずっと薬を飲むのも嫌でアークス整骨院さんにお世話になりました。 最初は階段の登り降りが辛く、気持ちもめいっていましたがアークス整骨院さんに通うようになって痛みも徐々に取れてきて、今では日課のウォーキングもまた出来るようになりました! とても喜んでいます。

 

 

◆院長から


こちらの方のように整形外科や病院で『変形性膝関節症』と言われたのに、治療は痛み止めと湿布だけということは多いように感じます。しかし、それだけでは絶対良くなりません。それは筋肉が問題で、膝や股関節が捻じれてしまっているためです。

このねじれを解消しない限り、ツライひざ痛は解消されません。更に痛み止めを飲みすぎると胃腸に負担がかかるだけでなく、精神的にもつらくなります。こちらの方も始めは、どんよりとしたお顔で暗かったですが、症状が良くなるにつれてどんどん晴れやかな表情に変化していったのが印象的です。

様々な要因が重なり、思うような治療ペースが取れなかったりしましたが、僕を信じてトレーニングやケアをしてくださり治療家としても嬉しく思います。


変形性膝関節やケガ後の膝痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年08月04日 08:00

【症例報告】足がしびれて駅まで歩くことができなかった腰痛(脊柱管狭窄症)

足がしびれて駅まで歩けない (2)_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 


今回は症例報告です。

当院で整体を受けて
よくなられた症例をご紹介させていただきます。

足のしびれで駅まで歩けない(脊柱管狭窄症)
・来院された方:八尾市在住・50代・男性
・主な症状:歩くのがツライ、仰向けで長時間寝れない



◆来院までの経緯

 


10年前に腰痛ヘルニアになり放置していたら治った。そこから症状はなかったが、1年前に電車のつり革を持つと左足にしびれが出現。3か月前から歩くと腰が痛く、股関節あたりと左足の裏にしびれが出現。仰向けで寝ていると20分ぐらいでしびれてしまい夜も寝れない。整形外科で脊柱管狭窄症と診断されたが、腰のけん引などで変化がなく、HPで当院を知りご相談がありました。


◆初回来院時の主なお悩み
 

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●歩くと左足がしびれる
●仰向けで長時間寝れない
●立ってズボンを履けない
●太ももの前(股関節)左足ウラにしびれがある



◆初回来院時の体の状態
 

●両方のお尻に力が入っていない
●太ももの横の腸脛靭帯がカチカチだった
●カカトに体重が乗っている
●5分も仰向けに寝れなかった



◆施術経過

 

●1回目~2回目(1週間に1度)
 

始めは5分程度仰向けで寝るだけで、股関節まわりのしびれが出現しました。そのため、横向きでの治療になりました。まずは太ももの横の腸脛靭帯がカチカチに張ってしまうことで、骨盤を外に広げるように引っ張ていたために、太ももの癒着をメインに剥がしていきました(リリース)太ももの癒着をとることで、仰向けで寝れる時間が10分程度に増えました。しかし、まだ受付での立位が続くとしびれが出現していました。

 

●3回目~5回目(1週間に1度)

足の外側が張っていることで、内ももの内転筋に力が入っていなかったので、股関節まわりの著性を行い骨盤の安定を目指しました。また股関節を曲げる働きのある腸腰筋が全く機能していなかったので、お腹の調整と腸腰筋のトレーニングを指導しました。継続して行っていただくことで、治療中に20分ほど仰向けで寝れるように。ただ就寝時は仰向けで寝ていると痛みで起きるので、横向きで寝ているとのこと。


●6回目~9回目(1週間に1度)
 

仰向けやうつぶせで寝れる時間が増えてきたため、頭蓋骨や首をメインに調整。首の位置が安定することで、背骨や骨盤がさらに安定。カカト荷重だと背中が丸まってしまうために、腹筋が弱く肋骨に対して癒着をおこしていました。腹筋や肋間筋のリリースやセルフケアをお伝えすることで、最終的に40分ほど仰向けで治療できるように。この頃から歩ける距離がぐんぐん伸びていきました。


●10回目~12回目(2週間に1度)

かなり調子が良くなり治療ペースを2週間に1度に変更。自宅から駅までも歩いていけるようになり、休日は奥さんと京都に朱印集めに行かれるほどに回復。この頃になると仰向けでも足のしびれはなくなり、夜自宅でもぐっすり寝れているとのこと。

●13回目~(1か月に1度)

自宅で仰向けで寝れる時間が増え、奥さんに「夜のいびきがうるさくで寝れなかった」と冗談まじりに言われるまでに回復。散歩も1時間歩いても問題なし。調子がよくなり、1か月に度のメンテナンスに移行。

●追記


現在も月一の施術を継続中。仕事が忙しくなると左股関節前のしびれが出現してきますが、以前ほどのしびれの強さではありません。またお体を見させていただくと腹筋に力が入っていないことが多く、腹筋の調整を続けることでいい状態が続いています


◆この方にいただいた感想

高見さん4_コピー

アークス整骨院さんと出会ってとても良かったです。私は腰痛で悩まされていました。痛さが増し一先ず整形外科に行きMRIを受診、結果脊柱管狭窄症と診断されました又間欠性跛行にもなり、自宅から最寄り駅迄も歩くのがやっとなくらい痛みを伴いました。

藁をもすがる思いでアークス整骨院さんにお世話になりました。最初の頃は仰向けで施術を受けることすら出来ませんでしたが数回と通院してるうちに、仰向けでの施術も大丈夫に。

今では家内と休日歩いて観光にも行ける位回復。親身に患者と向き合ってくれて痛みが軽減し今後も宜しくお願いします。 皆さまも是非施術を受けられたらいいと思います。



◆院長から

脊柱管狭窄症と診断されても、病院や整形外科で特に何も治療されていない方は多いように感じています。

始めは仰向けにもうつ伏せにも5分もなれず、どうしたものかと悩みました。脊柱管狭窄症の場合、硬くなっている筋肉を「ただほぐす」だけでは、骨盤や姿勢が変わりすぎて悪化する可能性が高いです。そのためまずは仰向けやうつぶせの状態になれることを目指して、少しずつ丁寧に丁寧に太ももまわりの硬くなっている筋肉(癒着)をリリースしていきました。


僕がその時にハマっていた「サラリーマン金太郎」の話しや、年末のテレビ特番の話をああでもない、こうでもないと話しているうちに、お体がどんどんよくなっていき楽しんでいるうちに治療が終了しました。

最後は仰向けでも熟睡できるようになり、奥さんに「いびきがうるさい」と体の状態とは別の問題が浮き彫りになってしまいましたが、そこまで良くなられて施術者としてうれしく思います。

 


【最後に・・】


腰の痛み(脊柱管狭窄症)をよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もし現在、腰痛で悩みなら、
お気軽にLINEでご相談ください。

あなたが健康で笑顔な毎日を送れるように・・全力でお手伝いさせていただきます!



脊柱管狭窄症でお悩みなら、
脊柱管狭窄症の施術について詳しく書いたページを参考にしてください




オンライン無料反暖_コピー
体に不調が出ていませんか?
あなたにピッタリのセルフケアをお伝えします



最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年04月14日 12:00

【症例報告】スキーで痛めてから、階段の下りで膝が痛い

階段の下りで膝が痛い_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 


今回は症例報告です。

当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「階段の下りで膝が痛い」です
・来院された方:八尾市在住・70代・女性
・主な症状:階段を下る際の腰痛



◆来院までの経緯

 

今年の正月にスキーで転倒し、左ひざを痛める。整形外科を受診し、MRI検査で膝の内側の靭帯を痛めている。1か月に一度受診し、靭帯損傷は治っているが、階段の下りの痛みが良くならない。またスキーを継続したいなら手術する必要があると言われ心配している。チラシを見てご連絡がありました。


◆初回来院時の主なお悩み
 

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●階段の下りで膝のいたみがある
●手術はしたくないが、あと3年ぐらいスキーしたい
●スタスタ昔みたいに階段をおりたい
●何も変わらない現状を何とかしたい




◆初回来院時の体の状態
 

●股関節の捻じれが強く膝がねじれている
●太もも前の筋肉が特に弱い
●足を前に踏む込むと膝が内に入るX脚になる
●仰向けで寝た状態で、膝がまがっている




◆施術経過

●1回目~3回目

スキーはもともと膝が内に入るような体勢のため転倒すると膝の内側を特に痛めやすいです。若いころから長野県の栂池高原スキー場に毎年言っているいうことらしく、今まで膝がいたくなったことはないとのこと。しかしお尻の筋肉が正常に働いておらず、より膝が内に入るX脚のような姿勢になっていました。股関節や腰骨や骨盤の調整をメインに施術を行いました。太もも前のトレーニングや股関節周りのケアをお伝えし、ケアと同時に筋力トレーニングも開始。

 

●4回目~6回目
膝裏の硬い塊みたいなふくらはぎの癒着がとれることで、階段の下りは手すりを持ちながら、以前よりスムーズに降りることができるように変化。お尻も力が入るようになり、踏み込み込み時の安定性が格段にアップ。座っている状態から立ち上がる際に痛みがあるとのことで、お体をみていくと足の裏や足首周りの硬さがまだ強く残っていました。過去に足首捻挫を2回したことがあるらしく、可動域や筋肉の状態を良くすることをメインに施術。



●7回目~8回目
階段下りが痛みなく行えるようになり、痛みが忘れている日があるとのこと。ただ何かの拍子に痛みが走るが、そんなに気にならない。足首の可動域が出てきたが、外反母趾の影響もあり、まだ足首まわりの筋力は反対の足より弱い。ゴムチューブを使ったトレーニングを指導。


●9回目
膝の痛みはなくなりましたが、股関節を曲げる動きや首の状態が万全ではないので、膝のメンテナンスをしながら他の個所をさらに良くするためのメンテナンス期に移行。正月のスキーができるようにしっかりサポートしていきます



*追記
年末年始にスキーができて大変喜ばれていました!

安野さんボード_コピー

現在も1か月に1度のメンテナンス継続中。よく動いた日などは、階段の下りで軽く痛みが出現。しかし、その時だけでありそれほど気にならない。年齢を考慮するとなかなか最後までスッキリとはいかない模様。メンテナンスを継続しながらもお尻やフクラハギのトレーニングを行っていただき、不調が出ない体を目指しています。


◆いただいた感想

 

左膝靭帯を痛めていて、手術した方がいいか悩んでいた時、アークスさんのチラシを見て電話をいれました。
施術を受けまだ数ヶ月ですが、ゆっくり痛みが取れています。体全体をみていただけることが他院と違いを感じています(今までの整骨院は肩なら肩だけ。腰なら腰だけだったので)膝を痛めている方にアークス整骨院をすすめたいです



◆院長から

この方はスキーで膝の内側の靭帯を痛めてから、階段の下りで膝に痛みがありました。整形外科では、リハビリは無くただ経過を追うだけで、痛めた場所の組織は治っているが、関節のネジレや可動域の硬さがあり膝に痛みがある状態でした。スキーするなら手術が必要と病院で言われ、スキーをあと3年程度続けたいけど手術はしたくない。だけどどうしたらいいか分からないという不安な表情をはじめされていました。

施術を重ねることで階段も降りれるようになり「痛みを忘れる日」が増えていき表情もみるみる変わっていきました。積極的にトレーニングも行っていただき順調に回復されていきました。

この方の様に病院でリハビリは無く、痛み止めの注射や電気治療のみ・・というところは多いです。しかし痛めている組織は治るかもしれませんが、本当の意味での膝痛は治りません。痛みが出ている原因に必ず体のねじれや体の使い方が問題になるためです。やはり根本的に良くするためには、その方のケガの個所だけでなく、全身を調整する必要があると感じた症例でした。

症状があまり変化せず、我慢する時期もありましたが、信じてトレーニングやケアをしてくださり治療家としても嬉しく思います。しっかり冬のスキーができるようにサポートしていきたいと思います



変形性膝関節やケガ後の膝痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください


最後までお読みいただきありがとうございました!



【あわせてこちらもお読みください】
 

【喜びのお声 ~膝~】
 

【膝のねじれをとってスタスタあるけるようになる方法】

●【膝の内側が痛い!その原因と対処方法】


 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年08月16日 10:00

【症例報告】太もも前に電気が流れるような痛み

太もも前の電気が走るような痛み_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 


今回は症例報告です。

当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「太もも前に電気が流れるような痛み」です
・来院された方:大阪市在住・60代・女性 
・主な症状:右太ももに電気が走る痛み



◆来院までの経緯

 

8年前に脊柱管狭窄症・5年前に両膝人工関節の手術を経験。立ち仕事中に、体をひねると右太もも前のかけて電気がはしり、仕事に集中できなかった。立ち上がり動作でも電気が走る状態。歩くのも腰が痛く、駐車場からマンションの玄関先まで行く短い距離でも、途中で休憩しないといけない状態だった。また電気が走るような痛みをお医者さんに相談したところ、検査入院して「再度手術が必要かどうか判断しましょう」と言われていた。知り合いの方から紹介があり当院に連絡がありました。



◆初回来院時の主なお悩み

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●仕事中に急に電気が走るのが痛い
●痛みのために仕事がままならない
●休憩しないと歩けない
●病院で相談すると再手術の検査をしましょうといわれた

 



◆初回来院時の体の状態
 

●体のむくみ
●体全体が右方向を向いている(仕事の体勢)
●背中が丸まり、無理やし腰を伸ばしている体勢
●左ソケイ部のつまり感




◆施術経過
 

●1回目
 

お仕事の体勢で右を向いての作業が多く、体が右を向いている状態で固まっていました。そのため左側の背中の筋肉が弱く、腰の筋肉が過剰に硬くなり腰を無理やり支えている状態でした。また脊柱管狭窄症の手術の傷口が背骨にあり、まわりの筋肉や皮膚が傷口に集まるように癒着し、その影響か左足全体の筋力が弱く、歩くときに左に流れるように歩かれていました。

初回は体が右向きに固まっているのを解消するために、首や腹筋周りの施術をメインに行いました。また体のむくみが強く、全身のだるさを感じていたため、リンパを流す施術を行いました。体のねじれの原因の腹筋まわりのセルフケアをお伝えしました




●2回目~3回目

人工関節のため痛みは感じていませんでしたが、歩く時に左膝のねじれが強くヨチヨチあるく原因になっていたため、膝まわりの筋肉の調整をメインに行いました。同時に初回の施術で足りなかった体のねじれに対して、腹筋が正常に働けるように背骨や筋肉にアプローチしました。腹筋を調整しねじれを取ることで、右太ももの電気が走るような痛みは軽減。楽に立ち上がれるようになりましたが、腰の痛みはまだ残っている状態。


●4回目~5回目

骨盤をさらに安定させるためにお尻の筋肉を正常に働かせる目的に施術を行いました。お尻や腰の筋肉に力が入るようになると、電気が走るような痛みは消失。楽に仕事ができると喜ばれていました。また駐車場からマンションのエントランスまで休憩なしで歩けるようになったとのご報告がありました。検査入院の申し込み日が近づいていたので、「よくなったから様子を見ます」と病院側に伝え、検査入院を回避しました。


●6回目~8回目

バイクの座席に座る瞬間にお尻に痛みがあるとのこと。詳しくみさせていただくと体自体が傾きお尻に過剰に体重がかかっている状態。それと同時に股間節のうごきが悪くなっており、歩くときに負担がかかっていました。股関節のうごきや傾きを解消するために首や肩の調整を行いました。調整することでバイクの座席に座る痛みは消失しました。

現在は2週間に一度メンテナンスとして通院されています。途中で腰がいたくなったり、しびれが出現しそうになったりしますが、そこまでひどくならず状態は良いとのこと。

●追記

現在は月1回のメンテナンス継続中。お仕事が変わり、立つ時間が長くなることで腰痛と右肩の痛みが出現しています。足のしびれは「しびれが出そう・・」と不安な状態がたまにあるそうですが、施術を継続しているためか、それ以上悪化することはありません。以前のような歩けない状態でもなく、多少の腰痛は出現するものの、「調子はいい」とおっしゃています。






◆この方にいただいた感想


8年前に脊柱管狭窄症・5年前に両膝人工関節の手術をしました。体重増加と立ち仕事で、右太ももに電気が走ったような痛みがあり、とても痛くてなかなか思うように仕事ができず、腰も痛くなってあまり長いこと歩けない状態でした。最初は1週間に一度、手による施術をしてもらっていたのですが、あのめちゃ痛かった右太ももの電気が走るような痛みが嘘のようにとれたのが、一番うれしかったです。治療に関してはよく話を聞いて、分かりやすく説明していただき安心して受けることができました。私は腰もひざも手術をしてしまいましたが、痛くなったらまず先生にみてもらってから手術でも良かったと後悔しています。




◆院長から

過去に脊柱管狭窄症と両膝の人工関節の手術をご経験され、お体の状態はよくありませんでした。膝も手術をしていて痛みは感じませんが、明らかにXにねじれている状態。手術をご経験されると症状自体は消失することがありますが、お体の状態は悪化している・・なんてことが良くおきます。そのような典型的なお体だったように思います。今回も一枚ずつ覆いかぶさっている無駄なものをはぎとるように、全身をみさせていただきました。全身をしっかりみさせていただくことで症状がよくなり、二度目の手術を回避できて大変喜ばれていたのが印象的です




脊柱管狭窄書でお悩みなら、
脊柱管狭窄症の施術について詳しく書いたページを参考にしてください

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、オスグットでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年07月27日 20:00

【症例報告】野球の守備時の膝の痛み(オスグット)

野球の守備時に膝が痛い_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 


今回は症例報告です。

当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「野球の守備時の右膝痛」です
・来院された方:中学生・野球部・男性
・主な症状:守備の体勢で右膝が痛い(オスグッド)



◆来院までの経緯

 

1年前に痛みが出現し、整形外科を受診した際に「オスグッド」と診断を受けました。治療はとくにせず放置。痛みはおさまっていましたが、1か月前に野球の練習量が増え、右ひざの痛みが再発。家の近くの整骨院に通い痛みは軽減していたが、守備の体勢での痛みがとれなかったため、HPで当院を知りご連絡がありました。


◆初回来院時の主なお悩み
 

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●自転車の坂道が膝が痛くなる
●ジャンプの着地で痛い
●野球の守備の体勢がとれず、練習がままならない
●昔に肘を痛めている(離断性骨軟骨炎・上腕骨骨頭離開)



◆初回来院時の体の状態
 

●カカトに体重が乗っている
●足首まわりの筋肉の硬さ(癒着)が強い
●歩くときにX脚のように膝が内に入る
●太ももの筋肉がプニプニで力が入っていない




◆施術経過
 

●1回目~2回目
 

肩肘も過去にケガをしていて、問題がありましたが、まずは主訴である膝メインで施術を行いました。お体をみていくと足首周りの筋肉が硬くなることで、太ももの筋肉が足首方向に引っ張られている状態。引っ張れると筋肉は筋力を発揮しづらくなりプニプニの状態になります。足首や足の裏の硬さをとることで、太ももの筋肉は正常な状態になり膝周りもスッキリ。それと同時にお尻の筋肉に力が入っていなかったため、骨盤や背骨の調整を行い、お尻に力が入りやすい環境を作りました。しゃがみ込みの最後で右ひざに痛みが残る状態であるものの、2回の施術で守備の体勢ができるようになりました。
 

●3回目~5回目

ハードな練習が続くと痛みが多少あるとのこと。お体をみさせていただくと、お尻の横の筋肉(中殿筋)と股関節を曲げる筋肉(腸腰筋)が正常に働いておらず、股関節を上手く支えれていませんでした。そのため疲れてくると野球の守備体勢でフォームが崩れ、カカトに体重が乗る体勢になり、膝に負担がかかっていると推測。股関節と同時に足の前に体重がかけれるようにふくらはぎの施術を行いました。股関節を安定させることで、歩くときの膝が内に入る動きも良くなりました。
足底の硬さが顕著で自宅でのセルフケアを指導。積極的に行っていただき、野球のプレー中の痛みは消失。自転車の坂道も問題なくこげるとのこと。



●6回目

猫背の状態だと、走るときにドスンドスンとブレーキをかけるように足を着地してしまうため、背筋が伸びやすくする目的に施術を行いました。膝の痛みがなくなり膝の治療は終了。肘のケガ(離断性骨軟骨炎や骨端線損傷)を経験してるため、腕の施術を開始。定期的に施術を受けているが、膝の痛みは出現していない


●追記
走り込みの練習が続くと、オスグットの痛みが再発。大概その場合はフクラハギに疲労がたまることで足首の動きが悪くなり、膝に負担がかかっています。フクラハギや太ももの裏の調整をすることで、しゃがめないオスグットの痛みも良くなります。強豪高校に進学が決まったので、今もハードに練習に取り組まれています


◆院長から

オスグットは成長痛に分類され、安静を続ければ痛みは消えます。しかし膝の痛みが消えたからとプレー復帰しても、再度痛くなることがよく起きます。その原因は、痛みが出る動きのクセが改善されてていないためです。このクセはストレッチだけでは、絶対改善しません。ストレッチも大切です。しかし「太ももがカチカチになる」には、カチカチになってしまう原因が必ずあります。その原因にアプローチせずにストレッチだけで様子をみても、病院での「痛みがあるから痛み止めとシップ出しときますね・・」と一緒じゃないでしょうか?(ストレッチを否定しているわけではありませんよ)


この選手も膝だけに問題があるだけでなく、太ももの筋肉が足首が硬くなることで引っ張られていたり、股関節を安定させる筋肉が悪いために膝を痛めていました。ストレッチも大切です(何回も言います)しかしストレッチより、正常に働いていない筋肉を見つけ出し、アプローチする方が早くよくなりますし、パフォーマンスアップに繋がります。


大好きなスポーツ活動ができずに、しょぼくれている姿をみるのも親として辛いものがありますよね。お子さんのお悩みお任せください。


スポーツのケガでお悩みなら、
スポーツのケガの施術について詳しく書いたページを参考にしてください

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、オスグットでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年07月20日 12:00

【症例報告】物を持ちあげた際の腰痛

症例報告腰痛

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 


今回は症例報告です。

当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「物を持ち上げたときの腰痛」です
・来院された方:八尾市在住・50代・男性
・主な症状:物を持ちあげたときの腰痛



◆来院までの経緯

 

1週間前に自宅で荷物を持ち上げたときに、腰と背中が痛くなった。背中の真ん中が痛かったが、今は腰だけが痛い。2年前も物を同じような痛め、整形外科に行くと痛み止めの薬だけで、良くならずカイロに2-3週間通い良くなった。今回も同じような気がしてHPで検索して腰痛専門とのことで連絡がありました。


◆初回来院時の主なお悩み
 

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●背中を触ると痛みがある
●立つ時間が長いと腰が痛くなり、仕事に支障がある
●腰を反る動作の最後で痛みがある
●コルセットをしているが、いつまですべきなのか



◆初回来院時の体の状態
 

●お腹が前にでる立ち姿勢で足底の硬さが強い
●肩甲骨が外に開き、胸が張りづらい
●過去に痛めた股関節のケガが治りきっていない
●左のお尻の力が入っていない



◆施術経過
 

●1回目~2回目
 

主訴は腰の痛みでしたが、腰痛の原因は肩甲骨が外に開きすぎていることで、腕の重みを支えることができず腰痛が出現していると推測しました。初回の治療は、肩甲骨を「動きやすく」「正しい位置」にすることを目的に、胸の筋肉やわき腹・首を調整。それと同時に過去に左の股関節を痛めた経験があり、お尻の筋肉に力が入っておらず、立位の姿勢でお腹や骨盤を前に張り出す体勢で支えていました。これでは腰の骨や骨盤にズレが生じ痛みが生じてしまいます。
肩甲骨の位置や骨盤調整をメインに施術することで、動かした痛みは最終域だけ感じるようになりました。


 

●3回目~4回目

日常生活は順調に過ごせていましたが、2日前に腰痛と左太ももの内側に痛みが出現。また座り方を変えることで尾骨に痛みを感じることが日に何度かあるとのこと。詳しくみさせていただくと、左の首と背中を後ろから支える筋肉が働いておらず、上半身を支えることができない。そのため前に倒れ腰やお尻に負担がかかっている状態でした。左太ももの痛みは、太ももの裏にあるハムストリングスという筋肉同士が引っ付いてしまう(癒着)ことで、うまく股関節が使えず痛みが出現していました。腰の状態がよくなったので、腰痛ベルトは外し、自宅できるお尻のトレーニングを指導開始。



●5回目~6回目
 

腰は違和感があるかどうかの程度。この方は体幹が左を向いている状態で、自宅でリラックスしている際に左を向くことが多いとのこと。自分では気づかない癖があることを理解してもらい、改善するための考え方やセルフケアを指導しました。
施術では、足首周りの硬さが顕著だったので足まわりをメインに施術しました。お体の状態がかなりよくなり一旦終了。現在は定期的にメンテナンスさせていただいいます。


●追記
現在は2週間に一度でお体の調整をして継続しています。腰痛はあまりなく、今は肩甲骨の内側の張り感と左の股関節の調整をメインに調整しています。またテレワークで自宅のパソコン作業が増えたために、負担が増えている印象です。

運動不足もあるため施術と合わせて、ダンベルを使った簡単な筋トレを継続し中。扱える重さも徐々に伸びています。


◆院長から

腰痛の原因が腰だけに問題があるとは限らないからです。この方も主訴は腰痛でしたが、首や肩甲骨の動きや位置を正すことで腰痛が軽減しました。痛みがある場所に目がいきがちですが、それだけでは足りないと痛感した症例でもあります。

また過去のお怪我が治りきらずに悪影響を及ぼしている方も多いです。この方も左股関節を過去に痛めたことがあり、機能が正常に戻っていませんでした。その結果、無意識に「かばう」動きが身に付き、じわじわと体を侵略していく・・股関節をかぼうために、足のあげ方が変わる・歩き方が変わる・座る体勢が変わるなど、日々の生活の癖が出来上がります。その癖が原因で痛みが出現している方が本当に多いです。だからこそ当院では過去のお怪我などをお聞きするための初回のカウンセリングに力をいれています

お体の状態と日々の生活で意識するポイントや考え方をお伝えすることで、確実にお体は変化していきます。この方もお伝えしてから劇的に身体の状態が良くなりました。ご自身のお体としっかり向き合ったいただき施術者としてもうれしく思います。


慢性腰痛や出産前後の腰痛でお悩みなら、
腰痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年07月19日 12:00

【症例報告】ぎっくり腰の手前

ぎっくり腰手前の腰痛2_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

 

 

今回は症例報告です。


当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「ぎっくり腰手前の腰痛」です
・来院された方:八尾市在住・30代・女性
・主な症状:今朝急に腰が痛くなった

 

◆来院までの経緯

 

今朝通勤して着替えをすましたところで、急に腰に痛みが走った。朝・昼とロキソニンを飲み痛みをごまかしていたが、夕方ごろには痛みのために変な歩き方になっていた。2年前にもぎっくり腰をしていた。お仕事は前かがみの体勢が多く日ごろから腰痛を感じていた。

 

◆初回来院時の主なお悩み


初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●腰が痛くて変な歩き方になっている
●仕事中の体勢で腰が痛く辛い
●気が付くと右に体重がのっているのが気になる
●以前のようなぎっくり腰が再発しないか不安


 

◆初回来院時の体の状態


●カカトに体重がのり、骨盤が丸まっている
●痛みのため、体全体が右に傾いている
●背中の硬さが目立ち、逆に腹筋まわりはプニプニで全く力が入っていない
●首の骨のズレが強く、肩周りの筋肉が硬くなっていた


 

◆施術経過


●1回目~3回目

両足とも女性特有の内股気味でお尻に力が入りづらく、かかとに体重が乗っている姿勢でした。お尻に力がはいるように骨盤調整や腹筋の状態をよくする施術を行いました。痛みのために歩くのもやっとな状態でしたが、骨盤・腹筋を調整することで、帰りには痛みはあるもののスムーズに歩けるように。

またお仕事で座っている時間が長いため、足が浮腫んでいる状態でした。むくみがあると「だるさ」を感じやすいため、リンパを流すことを目的に、全体的に滞っている場所を集中的にアプローチしました。

3回目の施術では、ギックリ腰のような強い痛みはなくなり、お仕事中の腰痛に焦点をあてていきました。


 

●4回目~5回目
骨盤まわりを調整することで、お尻に力が入るようになり、仕事中に感じていた腰痛が順調に回復

本人が気にされていた、右に体重がのってしまう原因が、首の骨のズレによるもので首周りの調整をメインに行いました。お話を聞いていくと、以前から頭痛もあるとのことで、首のズレの影響で、肩まわりの筋肉がカチカチになっている筋やプニプニで全く力が入っていない筋肉がある状態で、うまく腕や肩の重みを支えれていませんでした。



●6回目~10回目

仕事で立ちぱっなしでいると左腰が痛くなるとのこと。長時間座っている状態から、立ち上がると腰が伸びづらい感じがする。順調に進んでいましたが、1歩後退。

詳しくお話を聞いていくと、車で変な体勢で寝てしまってから痛みが強くなったとのこと。お車で窓にもたれるような体勢を長時間とると、首がとても悪くなります。その痛みも首の骨のズレや筋肉の状態を調整することで、痛みはなくなりました。

現在はメンテナンスとして通院していただいています。以前のようなギックリ腰になる不安はもうありません



●追記
お仕事の体勢が丸まる姿勢が多いため、肩甲骨の内側のコリ感や腰痛がたまに出現しますが、それぞれ肩甲骨や股関節の動きを出すことで不調はなくなります。現在は入浴施設とトレーニングジムが併設された施設に通われ、トレーニングと入浴を続けることで体調が良くなり無事に卒業されました!



 

◆この方にいただいた感想


ぎっくり腰一歩手前で初めて行ったのですが、帰りにはすんなり歩けるようになりました。
今まで行った他の整骨院とは違い、筋肉をトントンと触れただけでどこの筋肉が使えていないなど的確に治していただけるので凄いです!あととても丁寧に診て下さります。


 

◆院長から


この方のように、当院ではギックリ腰や、一歩手前の「あっ危ないかも・・」のような腰痛で来院される方が多くいらっしゃいます。そのような方の大半は腹筋や骨盤に問題があります。

腹筋や背中の筋肉が悪くなり、体幹や骨盤を安定させることができずに「痛み」や「腰が抜けるような感覚」を感じている方が多いです。今回も初回に骨盤や背骨を調整することで、痛みはあるもののスムーズに歩けるようになっていました。


しかし、当院はギックリ腰を一発で治す力はありません。

たとえ良くなったとしても、それは痛みが感じなくなっているだけで、本当の原因にはたどりつけていないためです。本当のお体を良くしていこうと思うと腰だけの施術では足らず、必ず全身の調整が必要になります。

現在でも、仕事が忙しくなると腰痛が出現することがありますが、お伝えしているセルフケアを用いると楽になり、その内に気にならなくなるとのこと。ご自信のお体に興味をもち、しっかりとケアしていただけるので、施術者としても嬉しく思います。ありがとうございました!



 

慢性腰痛でお悩みなら
腰痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください


ギックリ腰でお悩みの方は
こちらの広背筋のセルフケアをお試しください!

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます
 


古川院長プロフィール



最後までお読みいただきありがとうございました!

【あわせてこちらもお読みください】


【喜びのお声 ~腰痛・尾骨の痛み~】

【症例報告 物を持ち上げた痛めた腰痛】



もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年07月18日 12:00