HOMEブログページ ≫ 足首の痛み ≫

ブログページ

膝痛・腰痛を良くするためには、ここが必須ポイント

足底2_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

ひざ痛や腰痛の必須ポイント


 

・膝が痛い
・腰がいたい
・猫背気味
・身体がだるい
などでお困りの方は、
ここが悪くなっているかもしれません

それは足の裏です。




施術させていただくなから、
問題ないと思ったことは
ほぼありません。


足の裏が硬くなることで
カカト重心になり
猫背になります。


猫背になると足はガリまたに
肩甲骨は外に開いてしまうので
ひざ痛や腰痛、肩こりなどの
症状が出現してしまいます


それ以外にも、問題はあります。

詳しくは動画をごらんください




 

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 

 

 

 

 

 

【編集後記】

子どもがスプーンを使って
ご飯を食べ始めました。
それだけで成長を感じて
涙がでそうです笑

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【膝の施術について】
【喜びのお声 ~膝~】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年05月11日 19:00

【セルフケア】膝がいたいときは、ここ!

ひざ痛を良くする方法

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

膝が痛いときに行うケア方法



ひざ痛や腰痛でお悩みの方は
この
ふくらはぎの筋肉が
ぜんぜん働いていません。


腓腹筋(ひふくきん)
膝を曲げたり、足首を下げる働きがあります。

ふくらはぎ



この筋肉が働かなくなると
膝のねじれや足の重心かけ方に
偏りがうまれます


その結果、足首の痛みや膝痛
腰痛を引き起こします


ケアの方法ですが、

よく見てください。
ふくらはぎはアキレス腱につながり
カカトに止まってますよね?


それがとても重要なのです!!




カカト周辺で硬くなると、
ふくらはぎを下に引っ張ります。
引っ張れるとふくらはぎは正常に
力を発揮することができなくなります。


またアキレス腱周囲は他の足首を
安定させる筋肉が通ります。
その腱たちと癒着することで、
さらに状態が悪くなってしまうのです!



足首1_コピー



足首 2_コピー

そのあたりを詳しくご紹介しています。

 

 
 
 
 
 

*画像をクリックすると動画が再生されます


 

☆ケアの方法はこちらでもご紹介しています!
  その痛みふくらはぎをもみなさい



 

【まとめ】
・ひざ痛、腰痛ふくらはぎが重要
・アキレス腱はかかとにつく
・アキレス腱のまわりとの癒着
・カカトでの癒着
・ケアもみてね!


 

【編集後記】

今週から慣らし保育が終わり、本格的に保育園が始まりました。初日は帰ってきてごはん食べて、そのまま18時から翌朝7時まで爆睡。よっぽど疲れてたんやろうな。そりゃ環境が変わるってストレスですもんね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【喜びのお声 ~膝~】

【膝の施術について】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年04月10日 20:00

【良くならない腰痛】お尻の筋肉がきちんと働いていますか?

腰痛の確認事項

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール
 

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

お尻の筋肉がきちんと働いていますか?




お尻の筋肉を触ってみてください。


奥まで指を押し込んだ際に
どちらかプニプニしていませんか?


そのような方は腰痛や慢性的に
足をお怪我された経験はありませんか?



このプニプニの原因はお尻で一番大きい筋肉
「大殿筋」が正常に働いていない可能性があります


お尻の筋肉図


大殿筋は股関節を
後ろに伸ばす働きがあります。


主に歩くときに地面を蹴る筋肉で、
大殿筋が働きづらくなることで
内ももやお尻の奥の細かい筋肉を
使うことになります


◇内転筋

内転筋図


◇細かい筋肉

外旋六筋図




その結果、骨盤が正しい位置に固定できず
捻じれてしまったり、坐骨神経を圧迫し
足の後面に力が入りづらくなります。





膝痛やオスグット・足首の痛みなど
お尻の筋肉を正常に働ける環境が
つくれるかどうかが重要な施術ポイントであります!




そのあたりを詳しくご紹介しています。

 

 

 
 
 
 

*画像をクリックすると動画が再生されます


 


 

【編集後記】

またATC遊びマーレに行ってしまいました。
年間パスとかあればいいのになと思ってしまいました。
おそらく買ったら買ったで行かなくなるパターンのやつだと思いますが。。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

 

【腰痛の施術について】
【喜びのお声 ~腰痛・太もも前に電気が走る~】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年03月26日 13:00

日常生活に潜む原因!

写真 2019-03-16 18 48 34_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx_yao)


 

古川院長プロフィール




◇カラダは左右に捻じれている

治療でお体を見させていただくと、
たいていの方はお体がどちらかに
向いている状態で固まっています。



日常生活のくせや環境が原因です



普段からお仕事で左に向くことが多い方は、
お体も左を向いた状態で固定されています。




例)パソコンの画面が左側にあり
左を向きながらお仕事をすることが多い

2ed0af986765d111f25950a3bc3dad3f_s_コピー




例)リビングで座る位置がいつも一緒で、
同じ方向を向いてテレビをみている

fced4005aa7e75420f9d87d634854e15_s_コピー



この状態が長くつづくと、
お体はその体勢のまま固まってしまいます。



状態のねじれは腰痛だけでなく
ひざ痛や足首、肩こりまで影響します





◇ご自身でねじれを確認してみましょう

実際に立った状態で左右に体を回転させてみてください。



体のねじれを確認



体のねじれを確認2

向きやすい方向
向きづらい方向がありましたか?

(私は一枚目の写真で左に向きづらいです)


向きやすい方向=日常生活でその方向を向いています。
当てはまる状況を思いだしてみましょう




◇解決方法


環境面
①座る場所や方向を変える
②パソコンなどを真正面に置く


セルフケア
①いきづらい方向に身体をまわす(ストレッチする)



環境面は変えることが
できない事があります


セルフケアのいきづらい方向に
身体をひねってストレッチ
することは簡単に行えます。



それ以外にも身体かねじれる原因に
食事介護や子どもを抱っこする方向、
荷物をもつ手など考えることはたくさんあります。


ひとつひとつの習慣を
意識しすぎると嫌になります


まずはご自身のお体の状態を知り
その次にケアや習慣に目を
向けていけばいいと思います


かんたんなケア方法なので、
ぜひお試しください!






もし現在、あなたが動きづらさや
痛みを抱えている場合は一度ご相談ください



小難しい話はなしで、
納得いくまでお話させていただきます!

 

あなたが笑顔で健康な毎日を送れるように全力でお手伝いします!



 

セルフケア動画のまとめ
こちらにあります
ブログケア

 

 

【編集後記】

無性にラーメンが食べなくなることってありませんか?
まさに今がそうです。誰か連れてってください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

 

 

【腰痛の施術について】
【喜びのお声 ~腰痛・尾骨の痛み~】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年03月16日 19:00

患者さまと目指すべきゴール!

3a602a83475bc96a865c27992701ceb1_s_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx_yao)

 

古川院長プロフィール

 



 

本日も少し真面目なお話をしていきます!

 

私は、患者様の最終ゴール「自立」を目指しています。

 

「もし痛みが再度出現しても、ケアやトレーニングを行い自分で痛みをコントロールできる」もしくは「日々の生活で痛みが出現しないように生活習慣など意識を変える」ことができるようになっていただきます。

 

 

 

はじめは不調でしんどいオーラが出てた方も、治療を継続していくと不調がなくなり体が楽に動けるようになります。しかしハードなお仕事や家事・子育てでお身体に負担がかかると、多少の違和感や痛みが出現することも・・

 

 

 

お仕事が事務作業メインで全く体を使うことが無い方が、週末に子どもとたくさん遊んだり、部屋の模様替えをしたなどのいつも以上の肉体負担がかかった場合、どこかしらに不調が出現する可能性はありますよね。もちろんお体がより良い状態だと、多少の負担で不調は出現しませんが、、

 

 

私も、長時間の車の運転を続けると腰に違和感を感じることがあります。

しかし歩き方を意識したり、自分で股関節のケアをするとすぐに無くなります

 

 

このように『自分の体を知る』ことは非常に大切です。負担のかかる場所、日ごろのクセ。ひとそれぞれ違います。


治療を継続していくことで、患者さまのお体の癖を知ることができ、その癖を改善するケアやトレーニングをお伝えすることができます。そのケア方法を知っていれば、もしお体が悪くなったときにご自身でセルフケアを行うことができ、ある程度の不調には対応できるようになります。

 

 

例)

「先生に痛みが出たらこのわき腹のところをゴリゴリしてくださいって言われていたな」

「足のウラが硬すぎるから、しんどくなったらこのストレッチと青竹を踏むと良いと言われていたな」

 

 

 

ご自身のお体を知ることで、日ごろの癖や習慣を変えることができます。また不調を自分でコントロールできるようになると、もし不調が出現しても何とかなるという安心感からチャレンジできます

 

 

 

ずっと迷っていたことにチャレンジする

諦めていいたことにチャレンジする

チャレンジすることで人として成長します

 

 

 

現在、あきらめていることがある方

迷っていることがある方は、

ぜひ一度ご相談ください

 

 

あなたが笑顔で健康な毎日を送れるように全力でお手伝いします!



 

セルフケア動画はこちらにあります
ブログケア

 

 

【編集後記】

お昼にカフェに行きました。
ドーナツはおいしかったけど、
コーヒーが酸化しすぎて残念でした。
うーん。難しいですね

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

 

【腰痛の施術について】
【喜びのお声 ~腰痛・尾骨の痛み~】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年03月06日 19:00

ご自身のお体がどうなっているのか教えます!

人間ドック_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx_yao)

 

古川院長プロフィール


本日は少し真面目なお話をしていきます!
 



患者さまによく
 
「そんな所も悪かったの?」
と言われることがあります。



その理由は患者さま自身が
気づいていない「お体の悪い場所」を
全身をみさせていただくことで
見つけけることができるためです



なぜ全身を診る必要があるのか・?
それはその場所だけに原因があるとは限らないからです


腰痛でお悩みの方を例にした場合、
たいていの治療院では腰だけに焦点をあてます。
しかし腰だけでは全く足りません。



例)カカト荷重で猫背の腰痛

かかと荷重の猫背


この状態の立ち姿勢は、
腰痛が出現することは
すぐわかるはず


この状態で腰だけを治療しても・・
目に見えていますよね


でも本当に患者さまのお体を
しっかりとみない病院は
数多くあります




施術のお話をすると
・頭を後ろに引く
・胸を張る
・重心が前に来るようにする
必要があります。



そのため腰が痛くても
歩き方を変えるために
足のウラや指を重点に行ったり


頭の位置が真っすぐになるように
首・肩の調整に時間をかける場合があります。


 

より良い状態にするために

全身をみさせていただく

必要があります





話は変わりますが、
不調を感じていなくても、
過去のケガや普段の私生活の癖は
お身体に影響していることもあります


骨折やギプス・手術を経験された方は
傷口の癒着が深く関わっている可能性

その痛み傷口が原因かもしれません

傷口_コピー
癒着が周囲を巻き込むイメージ図



また私生活でこんな座り方をしていると、
首がすぐ悪くなってしまいます。

こうして首の調子は悪くなる




私ちは不調を感じていなくても、
動きを見たり、骨の位置関係、
筋肉の状態である程度は判断できるため
「人間ドックみたい」と言われるのは
このためだと思います。



もし現在、お体の不調でお悩みなら
人間ドックを体験してみてください


でも
内臓系の病気は分からないため
あしからず

 

 





 

【まとめ】

・不調の原因は全身にある

・全身を診る必要がある

・人間ドック


 

【編集後記】

南港のあそびマーレ行ってきました!
かなり楽しかったです!お客さんは日曜だったので多かったですが、2フロアあって2歳以下などの年齢制限スペースがあり充実しています!朝から夕方までフルマックスで楽しむことができました!あそびマーレさんありがとうございます!(文章の長さが感謝を表しています)

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【腰痛の施術について】

【なぜ?頭の調整で腰痛が楽になるのか?】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年03月04日 19:00

トレーナー活動も行っています <大阪成蹊大学フットサル部>

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。


八尾市 河内山本
3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 眞榮田有加です。(@arcx1101)

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

 

 

 

こんにちは!

今回は現在トレーナー活動をさせていただいている

大阪成蹊大学フットサル部での活動報告についてご紹介します。

 

 

激しい動きの多い選手たち

次の試合に向けて練習にも気合が入っています。

 


フットサル写真

 

 

 

 

その中でも怪我をしてしまったり

痛みのために満足にプレーができない選手もいます。

少しでも不調や違和感などを感じたら

かばってしまったりと

思うような動きができません。

練習はしたいけどむりをするのは,,,

難しいところです。

 

 

そんな時にプレーができるのか

どの程度までなら大丈夫なのか

どの動作で痛いのか、何が原因なのかを

選手の話を聞き、状態を把握し

アプローチします。

また、再発しないようにするのも大切なことの一つです。

 

 

足に評価
 

 

満足いくプレーができるように

パフォーマンスアップできるように

お力になれるようにと頑張っています。

 

 

フットサル試合

 

 

次の大会に向けて一生懸命練習に励んでいる選手たち

キラキラしていますね!

陰ながら応援しています!

がんばれ!大阪成蹊大学フットサル部!

^^


 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【スポーツ外傷の施術について】
【こどもの膝の痛み ~オスグット~】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年02月26日 17:00

足首まわりのスポーツ障害

子どもの足の痛み_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx_yao)

 

古川院長プロフィール

 

 

今回は『足首まわりのスポーツ障害

 

成長期のお子さんに多い

足首まわりのケガについて

簡単にご紹介させていただきます!

 

 

 

◆目次

①代表的なケガ

・足関節捻挫

・シーバー病

・外脛骨障害

②結局は体の問題

③筋肉を正常に働かせる

 

===========

 

 

 

 

 

◆代表的なケガ

 

足首まわりの代表的なケガを簡単に

ご紹介していきたいと思います

 

 

 

●足関節捻挫

 

誰でも知っている足首のねんざ

ひねることで、足首の靭帯が伸ばされ

腫れや痛みが生じます

 

 

ひねり方によって

痛みが出現する場所が異なります

 

 

◇内側にひねる

 

 

段差につまづいたり

切り替えし動作で

負傷することが多い

 

 

足首が内側に倒れるひねり方で

外側の靭帯が伸ばされ痛みが生じます

 

内反_コピー

 

主にこのあたりに痛みが出現しやすいです

 

外側靭帯_コピー

 

 

足首や小指の付け根の剥離骨折が

同時に起こることもあるので、

注意が必要です。

 

 

短腓骨筋_コピー

 

まれに内側にひねることで

内側同士がぶつかり

足首の内側に痛みが生じる

場合もあります

 

IMG_3852_コピー

 

 

捻挫して腫れがひどい場合は

整形外科でレントゲンの検査を

受けてください

 

 

特徴的な所見は

足首を下げる動きや内側に倒すと

靭帯が伸ばされ痛みが走ります

 

 

 

◇外側にひねる

 

 

足が地面に固定されている状態で倒れたり

サッカーでシュートブロックした際に

足先だけに当たってしまった

などに発症します

 

外販1_コピー

 

 

押して痛みがあるのは

このあたりです

 

内側靭帯1_コピー

 

 

また土踏まずがなくて、

足が内側に倒れる傾向があると

常に内側の靭帯にストレスがかかります

 

 

そのため捻った覚えがなくても

踏み込み時に痛みが出現する

場合があります

 

(これに関しては、足の筋肉を正常に働かせることで一瞬で痛みは消失します)

 

 

内販2_コピー

 

 

 

 

特徴的な所見は

踏み込み時や、外側に曲げると

靭帯が伸ばされて痛みがあります。

 

 

 

●シーバー病

 

 

成長線が閉じる前の小学生男子に多く

カカトを着くと痛みがあります。

成長線が閉じると自然と痛みは消失します

 

シーバー3_コピー

 

 

カカトのこの辺りに

痛みがあるのが特徴的です

 

 

シーバー2_コピー

 

軽く押さえると成長線に

沿った痛みがあります

 

 

捻ったなどの一回のケガより

徐々に痛くなる場合が多いです

 

 

特徴的な所見は

・アキレス腱のストレッチ

・カカトを押した痛みです

 

 

原因はアキレス腱の引っ張りや

足のウラがカカトをひっぱることで

起きるといわれています

 

 

 

●有痛性外脛骨

 (ゆうつうせいがいけいこつ)

 

このあたりの骨が大きく突出し

押したときの痛みがあります

 

外脛骨1_コピー

 

 

スポーツ盛んな10-15才の

思春期に発生します。

 

 

骨が突出していても

痛みがないタイプもあります

 

 

足首のねんざ後に痛くなったなど

ケガの後に発生する場合があります

 

 

特徴的な所見として

・骨の膨隆

・両足に多い

・女性>男性

・偏平足があります

 

 

 

◆結局は体の問題

 

 

病院で安静を支持され

言われた通りにしてたのに

復帰するするとまだ痛い・・

 

 

本当にストレッチと安静だけで

改善するのでしょうか?

 

 

私はそうは思いません。

 

 

それは身体の問題が深く関わっているからです

 

・過去のケガ

・日常生活の癖

・同じ体勢で過ごすことが多い

 

などが原因で身体の使い方に偏りが出て

一部分に負担がかかりすぎることで

痛みが出現すると考えています

 

 

●足首の捻挫をよくする選手を例にすると

足首を安定させる筋肉が

正常に働いていないために

簡単に捻ってしまいます

 

 

主に働いていない筋肉

・長腓骨筋

長腓骨筋

 

過去ブログ→ケア方法

 

・後脛骨筋

後脛骨筋

 

過去ブログ→ケア方法

 

 

 

●シーバー病の選手は

カカトからドンドン着地するように

走る・止まる選手が多いです

(オスグットと似ています)

 

衝撃_コピー

 

それだけカカトに衝撃が加わると

痛みが出現するのは目に見えています。

 

 

股関節や太ももの後ろの筋肉を

使えるようにしていく必要があります

 

過去ブログ→オスグットを参考にしてください

 

 

●有痛性外脛骨の選手は

偏平足が多いです

 

 

足が内に倒れることで

患部が引き延ばされ

痛みが出現することが多いです

 

 

そのためには後脛骨筋

働かす必要があります

 

 

過去ブログ→後脛骨筋ケア方法

 

 

◆筋肉を正常に働かせる

 

痛みが出現する背景に、

必ず「正常に働いていない筋肉」

が存在します

 

 

正常に働かない筋肉があるために、

代わりに過剰に働く硬く凝っている

筋肉ができあがります。

 

 

綱引きをイメージしてください

一人がサボれば、誰かがより力を発揮しない

といけない状況になります。

 

 

同じことが痛みのあるお体で起きています。

硬く凝っている筋肉に問題はありません。

 

 

マッサージやストレッチをしても、

その場だけの変化で終わるのは

この「正常に働いていない筋肉」に

目を向けていないためです

 

 

正常に働いていない筋肉が

正常に働ける環境をつくる

 

 

これこそが辛い痛みを解消する

ヒントになります

 

 

 

詳しくは過去ブログ

正常に働いていない筋肉

 

 

 

ストレッチだけで終わるのではなく

この働いていない筋肉に対して

セルフケアを行うことで、

かなり効果があります

 

 

ブログでセルフケアを動画にて

分かりやすくご紹介していますので、

ぜひ試してみてください!

 

ブログ→セルフケア特集

 

 

 

【まとめ】

・痛みのある場所で判断できる

・足首の捻挫は外側・内側両方傷めることがある

・シーバー病は衝撃が原因

・有痛性外脛骨は偏平足が原因

・すべては体の問題

 

 

 

【編集後記】

最近、子どもとよく公園に遊びに行きます

遊びに行くと言っても、ボール転がして

それを楽しそうに追いかけるだけですが

見てるだけでも幸せな気分になります

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【スポーツ外傷の施術について】
【こどもの膝の痛み ~オスグット~】

【喜びのお声 ~膝の外側の痛み~】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年02月20日 20:00

頻発する足首ねんざは、カカトの傾きが重要!

足首捻挫

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

頻発する足首ねんざはカカトの傾きが重要


 

足首捻挫だけでなく、膝痛・腰痛でも

必ずカカトの傾きを確認する必要があります

 

 

なぜカカトの傾きが大事なのか?

足首ねんざを例にご紹介します

 

 

足首のケガをされた方は

足首まわりの靭帯や組織が

硬くなりやすく、動きを制限します

 

 

とくに硬くなりやすい部位に

内くるぶしの下にある『バンド』があります

 

バンド_コピー 

 

 

このバンドの役割は腱や筋肉

神経が飛び出さないように

止めておく働きがあります。

 

 

しかしケガをして硬くなると

内くるぶしとカカトが近づき

捻挫が起きやすい状態で

固まってしまいます

 

 

 

内反捻挫

 

 

内反捻挫2

 

 

 

スポーツ復帰しても、この足の状態だと

再度ひねってしまうリスクは高いですよね

 

 

そのために足首周りの動きを

制限している組織の癒着をはがし、

カカトの傾きを調整する必要があります

 

 

またこのバンドの下には足の指に向かう

神経があり、その神経が圧迫を受けることで

指の力が入りづらい状態になってしまいます

 

 

神経_コピー

 

 

指が上手く使えないとカカト重心

になり膝や股関節など他の関節に

負担がかかり、別のケガに

発展していきます

 

 

☑過去に足首のケガをしたことがある

☑足の捻挫で悩んでいる

☑カカトの外側ばっかに体重がのる

などでお悩みの方は

ぜひお試しください

 

 

 

 

 

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 

 

①屈筋支帯(くつきんしたい)

 

バンド_コピー

 

②指に向かう神経

神経_コピー

 

 

 

 

【まとめ】

・足首ねんざはカカトの傾きが重要

・ケガをすると、足首全体が硬くなる

・バンドが硬くなると、再発しやすい体勢で固まる

・指が使いづらくなる

・カカト重心になることで、更にケガを誘発する

 

 

【編集後記】

今年の目標はハーフマラソン完走

そのために早朝ランニングしてますが、

びっくりするぐらい体が動きません

昔の記憶と現状のギャップに

戸惑っている31才です

運動会で肉離れを起こす原因を

はっきりと認識しました

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【スポーツ外傷の施術について】
【こどもの膝の痛み ~オスグット~】
【足首を安定させて、膝の痛みやねじれを取る方法】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年02月09日 12:00

【VOL.2】足首を安定させ、膝の捻じれや痛みを取る方法

シンスプリント

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

足首を安定させて、膝のねじれを取る方法vol.2

 

 

前回をまだご覧になっていない方は

まずはそちらから見ていただきますと

理解がより深まりますので

VOL.1からご覧ください

 

ブログはこちらから→VOL.1

 

 

 

・足首を安定させる

・内側に体重をのせる

・親指を使えるようにする

・膝のネジレをとる

ためには足の外側にある筋肉

「長腓骨筋」ちょうひこつきん

が正常に働く必要があります

 

 

実際に膝痛や足首の痛みで

お悩みの方は、長腓骨は働いていません

 

 

そのために足の着き方が変わり

そのネジレが膝や股関節に

連動していきます

 

 

スポーツでは、足首の痛みだけでなく

シンスプリントの痛みを解消する

キーポイントでもあります

 

 

シンスプリントとは

スネの内側の痛みが特徴的な

ケガですが

 

 

以前ご紹介しました後脛骨筋に

過剰に負担がかかることで

骨膜が引っ張れ痛みを生じます

 

 

簡単な話、後脛骨筋に

頼りきった状態を解除すれば

過剰な骨膜のひっぱりは消失し

痛みを軽減することができます

 

 

足のトラブルや膝の痛み

歩き方がおかしいよと言われた方は

ぜひお試しください!(^^)!

 

 

*足のアーチをつくる!

後脛骨筋ケアと一緒に行うことをお勧めします!!

 

 

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 

 

①長腓骨筋(ちょうひこつきん)

 

長腓骨筋

 

長腓骨筋2

 

②長母指屈筋(ちょうぼしくつきん)

長母指屈筋 1_コピー

 

 

 

【まとめ】

・足首の安定性に関わる筋

・内側に体重をのせるために必須

・足底の中央や小指の付け根の骨の下を狙う

・硬いところ=悪いところ

・足底は骨に付着するため、深部まで行う

・親指を曲げる筋肉も大切

・横にある骨の裏側をさわる

 

 

【編集後記】

家に帰ったら、

こんなおもちゃがありました

車のおもちゃ

(これではありません)

 

アクセルやブレーキ音が鳴るタイプで

夜な夜な自宅に暴走族が出現しています

春の交通安全までには、

安全運転を教えたいと思います

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【膝の施術について】
【喜びのお声 ~膝~】

【活動報告 学生の育成にも力を入れています】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。
腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年02月06日 12:00