あなたの求めていた“治療”あります

河内山本 八尾 アークス整骨院

HOMEブログページ ≫ 膝の痛み ≫

ブログページ

【必見】階段の下りで膝が痛い!その痛みはなに?

階段 ひざ痛

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

 

ライター 肩こり 腰痛 坐骨神経 脊柱管狭窄症 八尾河内山本整骨院_コピー

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

階段を下りるときに膝が痛い!

その原因をお伝えさせていただきます

 

 

◆階段は膝にかかる負担増↑↑

 

平地では、体重の3倍の負担

階段の昇降は、体重の5倍の負担が膝にかかると言われています。

 

 

 

◆階段で痛いのは、膝が捻じれているから・・

 

階段の下りで、膝が痛い方の特徴は膝が捻じれていることです。

 

・足を真っすぐ出すことができない

・股関節で着地の衝撃を吸収できていない

・足首を真っすぐ曲げれない(足首が硬い人含む)

・足の親指で地面を捉えることができない  ・・など


 

◆どう捻じれている・・?

 

おおまかに分けて3タイプあります。

例)太もも前の筋肉(大腿四頭筋)

 

〇正常な場合

内側と外側の筋肉同時に使うことで、

膝の過剰な捻じれは本来なら起きません

 

ひざ痛 階段

 

 

●膝が外に捻じれている場合

足の内側の筋肉が働かず、

外側の筋肉ばかり使ってしまっている状態

 

この場合の治療ポイントは「硬くなっている外側の筋肉」

ではなく、「正常に働いていない内側の筋肉」です。      

 

ひざ痛 階段2

 

 

膝が内に捻じれている場合

足の外側の筋肉が働かず、

内側の筋肉ばかり使ってしまっている状態

 

この場合の治療ポイントは「硬くなっている内側の筋肉」

ではなく「正常に働いていない外側の筋肉」です。 

       

 

 

ひざ痛階段3

 

 

 

●前後のズレが起きている場合

太ももの前の筋肉が働きづらくなり、

階段の下りで体重を支えられない

 

この場合の治療ポイントは「太もも前の筋肉全体」です

 

ひざ痛 前後のズレ

 

◆捻じれる原因は・・?

 

関節のねじれが起きる原因に必ず

「正常に働いていない筋肉」が存在します。

 

働きづらい筋肉があるために、

他の筋肉に負担がかかり「硬く凝っている筋肉」が誕生します。

 

詳しくはこちらから→【当院の治療方針】

 

 

◆治療はどのように捻じれているかの確認が必須

 

長いこと膝の治療を受けていても、特に変化の出ていない方は、

どの様に捻じれているかの評価がしっかりされていない場合があります。

 

ただ闇雲に膝周囲の硬い筋肉をマッサージしても、

痛みをとる限界があると感じています。

 

辛い痛みを解消するためには

「今のお身体がどうなっているのか?」

「なぜ痛みが出現しているのか?」の評価が大切になります。

 

もし現在、辛いひざ痛でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

 

 

 

◇まとめ◇

・階段の下りは体重の5倍負担がかかる

・内側の筋肉だけ。外側の筋肉だけ。片側だけ使うために膝が捻じれる

・階段の痛みが出現している原因はおおまかに3タイプ

・正常に働いていない筋肉が存在している

 

 

~~~編集後記~~~

震災で亡くなられた方に心よりご冥福をお祈りいたします。

自分の子どもできることで、今回小学生が亡くなられたことで強い衝撃をうけました。

今まではニュースがあっても、どこか`他人事`だった自分が恥ずかしいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

★あわせてお読みください★

【症例報告=膝を伸ばすときの痛み=】

 

【改善しないひざ痛は上下の関節が大切!】

 

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

もし現在、お体のことでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@ 肩こり 腰痛 ひざ痛 八尾河内山本整骨院

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門治療院

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆ひざ痛・腰痛専門治療院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

2018年10月04日 13:18

【必見】改善しない膝痛は上下の関節を診る!

ひざ痛 ぞうきん

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本 

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

ライター 肩こり 腰痛 坐骨神経 脊柱管狭窄症 八尾河内山本整骨院_コピー
 

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

なかなか膝の痛みが改善しないのは、

この考え方が抜けているかもしれません

 

辛いひざ痛を解消する方法は【ぞうきん絞りの法則】です!

 

 

 

◆足の解剖

 

ひざ痛 アークス整骨院

 

まずは解剖を確認していきましょう。

骨や関節の形を理解することで、動きのイメージがつきやすくなります。

(足骨=サイコロ状の骨をまとめさせていただきました)

 

 

◆次に関節の動きを確認しましょう

 

①股関節

骨盤と大腿骨で形成される関節です。

動き→横に開閉、回す,前後に屈伸など多くの動きができます

餅つきの臼(うす)と杵(きね)に似ている関節で、グルグル自由にまわすことができます。

 

股関節のうごき

 

②膝関節

大腿骨と脛骨・腓骨で形成される関節です

動き→屈伸のみです

一見左右に動きそうですが、強固な靭帯で覆われているために、前後の動きがメインとなります。

 

ヒザ痛 動き

 

③足関節

脛骨・腓骨と足骨で形成させれます。

他にも関節はありますが、まとめて足関節とさせていただきます。

動き:横に内外転・上下に屈伸・内外にひねる(捻挫の姿勢)

   股関節と同様に多くの動きができます

 

足関節 動き

 

 

◆ぞうきん絞りの法則

 

膝関節は「曲げ伸ばし」の一方向の動きしかできません。

 

しかし、股関節・足関節は曲げ伸ばし以外にも、多方面に動かすことができます

 

この【膝は真っ直ぐしか動かないが、股関節、足関節はいろんな動きができる】ことが、

なかなか改善されない膝痛を治す肝となります。

 

 

ひざ痛み 上下

 

ぞうきん絞りをイメージしてください。

両端を握り、絞ることで徐々にネジリが出来ていきます。

 

 

同じことが膝痛でお悩みの方の足で起きています。

 

両端である股関節・足関節のネジレが、

膝関節に伝わり、曲げ伸ばし+ネジレの動きが起きてしまい、辛い痛みが生じます。

 

 

膝関節は一方向の動きしかできないのに、膝が捻じれたまま歩くことで、

正常な関節の動きができなくり、関節軟骨が擦り減ってしまいます。

そのため、膝が腫れ、痛みを助長してしてしまいます。

 

 

膝の捻じれのパターン

 

膝の捻じれは大きく分けて2つのタイプがあります。

 ①太ももが内に回転、ふくらはぎが外に回転

 ②太ももが外に回転、ふくらはぎが内に回転

 

ひざ痛 骨盤

 

 

◆ひざ痛の治療以外にも、上下の関節の治療は必須

 

ぞうきん絞りの法則を適用すると、膝だけの治療と同時に股関節、

足関節の治療が必須になります。この考えは他の関節でも応用することができます。

例:肘関節の痛み→肩関節・手関節の動きの影響を受けるので、同じ理論で治療していきます。

 

 

◆股関節・足関節にネジレが出現する原因


関節のねじれが起きる背景に必ず「正常に働いていない筋肉」が存在します。


正常に働いていない筋肉があることで、下記のことが起こります

 ①骨を支えることが困難になり配列が崩れる(偏平足)

 ②「使える筋肉」しか働かず、関節のネジレが生じる

本来、筋肉が正常に働いていれば、ネジレは起こりません。


(例:偏平足)

ふくらはぎに正常に働いていない筋肉があるために、

足の骨を支えることができず、アーチが落ち偏平足になる。

偏平足になることで足関節が捻じれ、その力が膝に伝わり痛みが生じる・・・

 

 

詳しくは過去ブログ【治療方針】に記載しております。

ご興味のある方は是非お読みください

 

 

 


画像:VisibleBody

 

◇まとめ◇

・膝関節は真っすぐしか動かせない

・ぞうきん絞りの法則

・ひざ痛の治療は股関節・足関節の治療が必須

・正常に働いていない筋肉が関節のネジレを生み出す

・ひざ以外の治療でも、上下の関節の治療は必須

 

~~~編集後記~~~

古川ジュニアが可愛すぎて困ります。

他人の子どもも可愛いですが、

自分の子どもが一番だと思ってます。

おそらく皆さんそうですよね。

昔に流行ったNO.1よりOnly.1ですよ。

今日も早く帰ります。マッテテネ!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

★あわせてお読みください★

【症例報告=膝を伸ばすときの痛み=】

【膝の痛みを解消するセルフケア】

【やせるだけではひざ痛が解消されない理由】

 

 

もし現在、お体のことでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@ 肩こり 腰痛 ひざ痛 八尾河内山本整骨院

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門治療院

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆ひざ痛・腰痛専門治療院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

2018年10月04日 13:10

やせるだけでは膝の腫れが解消されない理由!②

膝の腫れ2

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

ライター 肩こり 腰痛 坐骨神経 脊柱管狭窄症 八尾河内山本整骨院_コピー


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回は膝が痛くて腫れている。

お医者さんに「膝の治療のために痩せたほうがいい」と言われたけど、

どうしたらいいかわからない方のために、お伝えさせていただきます!

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

結論から言いますと・・

膝が腫れている場合、お体の問題が必ずあります!

その悪いところを治さない限り、膝の腫れは引きません!

 

◆むくみとの違い

◇膝の腫れ→お皿周囲の腫れ ◇むくみ→太もも全体やスネやふくらはぎ周辺の腫れ

腫れが膝周囲だけの場合は関節に水がたまっていますが、足全体の場合はむくみを疑います。


◆体重が増えると●●倍もの負荷がかかる

体重が増えることで、膝への負担も増えます。

歩くなどの動きは衝撃が足に加わるため、体重以上の重みが膝にかかります


①歩行時3~4倍→

2kg体重増えると、膝への負担は2kg☓3倍の6kg増えています。


②階段では6-7倍

2kg☓6倍=12kg

体重が増えたことで、膝に増えた体重分以上の負担がかかります。



◆やせる前に体の問題を治す必要がある

関節に炎症や痛みがある際、関節の捻じれが生じています。

 

捻じれの原因として、主に4つの筋肉が挙げれます。

 

①お尻

②太もも前(大腿四頭筋)

③後ろ(ハムストリングス)

④ふくらはぎ

 

特に膝に痛みがある方は、

太もも前の筋肉はプニプニで全く働いていない事が多く、

膝を安定させることができません。

 

【膝の腫れるサイクル】

階段の下り→筋肉が正常に働いていないため、

膝が捻れた状態での着地→痛み、炎症→膝の腫れとなります。

 

 

◆半月板や関節軟骨損傷の場合

スポーツ中のケガの場合、半月板や靭帯、関節軟骨を損傷することがあります。

 

ケガをしてから時間が経過したものや手術後の状態だと、

必ず筋肉同士のひっつき(癒着)が存在します。

 

そのため筋肉や腱が本来の位置からズレることがあります。

 

そのズレが原因で半月板や関節の動きを阻害され、

動かした痛みや関節の引掛りが起きてしまいます。

 

◆自分で対応する方法

 

①腫れに対するアプローチ

 ソケイ部(股関節、Vライン)にはリンパや血管、神経が通る道があり、

圧迫を受けやすく詰まりやすい部分です。

円を描くように軽くマッサージしましょう。

20~30周程度

(右股関節の解剖図:青→静脈赤→動脈緑→リンパ黄色→神経

むくみ リンパマッサージ

 

 

②太もも前の筋肉を鍛える

 仰向けでねた状態で、床から反対側の膝の高さまで足を上下させます。

 足先は真っ直ぐ上を向けましょう。目標20回

トレーニング大腿四頭筋

 

 

 

 

③ふくらはぎのマッサージ

 膝の痛みがある方は、腰が原因の可能性もありますが、ふくらはぎの形が悪く、正常に働いないことが多いです。

膝裏、ふくらはぎの真ん中のラインを立膝の状態で軽くマッサージするだけでかなり改善されます。

痛みのない程度で5往復程度

ふくらはぎ マッサージ

 

 

画像:VisibleBody

 

◇まとめ◇

・体重が増えることで、膝への負担は○倍も増える

・痛みの正体は、正常に働いていない筋肉が必ず存在する

・半月板や靭帯損傷では、筋・腱の位置のズレを治すことで傷みが解消される

・セルフマッサージで、痛み腫れの対応が可能



~~~編集後記~~~

去年まで高校サッカーチームにトレーナー帯同しておりました。今年の大阪予選の観戦に行ったとき、いつもピッチの中から試合を見ていましたが、今年は外のフェンスから観戦。なんだか寂しい気持ちになりながらも、高校生の成長した姿や、熱い想いが伝わってきて、目頭が熱くなりました。やっぱり学生スポーツはいいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

★あわせてお読みください★

【症例報告=膝を伸ばすときの痛み=】

【膝の痛みを解消するセルフケア】

【こどもの膝の痛み ~オスグット~】

 

 

 

もし現在、お体のことでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@ 肩こり 腰痛 ひざ痛 八尾河内山本整骨院

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門治療院

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・慢性腰痛・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方は一度ご相談ください。

 

 

◆ひざ痛・腰痛専門治療院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄河内山本駅徒歩2分

 072-976-4498 

2018年10月04日 13:06

やせるだけでは膝の腫れが解消されない理由!

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

ライター 肩こり 腰痛 坐骨神経 脊柱管狭窄症 八尾河内山本整骨院_コピー

 


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡


今回は膝が痛くて腫れている。

お医者さんに「膝の治療のために痩せたほうがいい」と言われたけど、

どうしたらいいかわからない方のために、お伝えさせていただきます!

 

 

◆膝が腫れるとは?

お皿周りがブヨブヨしたり、膝全体が腫れぼったくなる状態を言います。

腫れることで、感覚低下や関節を動かしにくい等の症状が出現する場合もあります。

 

◆腫れる原因は?

腫れの正体は「関節液」といわれる、関節の滑りをよくする潤滑油が過剰に溜まった状態です。

関節はこの液体が漏れでないように、袋で覆われています(関節包)

 

その袋は繊維膜と滑膜の二層構造でできており、内側にある滑膜が関節液の吸収、排出を行っています。

水が溜まっている状態は何らかの炎症がおき、関節液の排出量が増え、吸収が追い付いていない状態です。

【関節液の吸収 < 排出 】さらに関節が腫れることで滑膜が刺激され、より関節液を過剰に排出してしまうという悪循環が生まれてしまいます。

 

◆抜くと癖になる?

抜く行為自体が、腫れを誘発するとは考えづらいです。炎症が起きているため、関節液が過剰に排出されています。

炎症が起きている原因を解消しない限り膝は腫れ続けます。そのため癖になると言われているのでしょうか

 

◆すぐ病院に行った方がいいの・・?

年齢によって腫れる原因が違います。スポーツ中の転倒など膝をひねった覚えのある腫れは、関節捻挫や半月板などを損傷している可能性があるため、まずは医療機関の受診をお勧めします。

 

ご年配の方や、膝をひねった覚えのない方は、歳を重ねることで関節軟骨が弱くなり炎症が起きている状態だと考えられますので、様子を見て判断で大丈夫です。(痛みが強い場合は病院の受診をお勧めします)

 

◇まとめ◇

・膝が腫れる原因は、炎症が起きているため関節液が溜まっている状態

・水を抜いても癖にはならないが、原因を解消しない限り腫れる

・痛みが強い場合やスポーツ中、転倒などで関節を捻った方は医療機関を受診してください

 

 

腫れに対してどうアプローチしていくのかお伝えさせていただきます!

 

★続きはこちら★

やせるだけではひざ痛が解消されない理由②

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

★あわせてお読みください★

【症例報告=膝を伸ばすときの痛み=】

【膝の痛みを解消するセルフケア】

【子どもの膝の痛み ~オスグット~】

 

 

 

もし現在、お体のことでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@ 肩こり 腰痛 ひざ痛 八尾河内山本整骨院

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門治療院

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

◆ひざ痛・腰痛専門治療院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

2018年10月04日 12:59

子どもの膝の痛み ~オスグット~

オスグットの痛み

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

 

ライター 肩こり 腰痛 坐骨神経 脊柱管狭窄症 八尾河内山本整骨院_コピー


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

●お子さんが膝の前が痛いと言っている

●スネの骨が突出してきている

●正座やしゃがみ込ができない・・などの症状がある場合『オスグット・シュラッター病』を疑います

 参考文献:日本整形外科学会

 

◆オスグットとは・・?


痛む場所:お皿の下の骨

年齢:10~15才のスポーツが盛んなお子さんに多い

特徴:お皿の下の骨が徐々に突出し、少し当たるだけでも痛みが生じます。

   休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発することが多い。


太もも前の筋肉(大腿四頭筋)を使いすぎるために、スネの軟骨が過剰に引っ張られることで成長軟骨部が剥離している、または剥離しかけている状態です。

 

オスグット2

(整形外科学会よりお借り)


 

◆主な症状・原因は?


症状:ランニングやしゃがみ込み、踏み込み動作、ジャンプの着地で痛みが出現します。

 

原因:①太もも前の筋肉の使いすぎ

   ②足関節・股間節の硬さ

   ③膝のねじれ

   
【理由①】

ブレーキ筋の大腿四頭筋(太ももの前)アクセル筋のハムストリングス(太ももの後ろ)の使われ方が問題です。本来、前に走るときアクセル筋のハムストリングスなどで推進力を生みだします。しかし、オスグットや膝蓋靭帯炎(お皿下の靭帯が痛くなる)の方は、ドスンドスンとブレーキをかける着地を行いながら、前に進んでいる方が大半です。

 

ひざ痛 オスグット

 

上の図のように、股関節をうまく使えず、上半身が直立位になることで、膝の負担は増えます

 

 

【理由②③】

足関節や股間節に正常に働いていない筋肉があることで、関節が支えられずこのような体勢になってしまいます。この状態だとお皿の靭帯に負担がかかり、成長軟骨を引っ張てしまいます。

 

オスグット X脚

 

膝が内に入ることで牽引力があがり、より膝を痛めてしまいます。

 

 

◆オスグットの盲点

 

オスグットは脛骨(お皿の下の骨)に痛みが出現しますが、痛みのある箇所を細かく診ていくと内・中央・外と痛みのある箇所が分かれています。

この理由は大腿四頭筋の使われ方に偏りがあるため、押して痛みの出る箇所が変化します。

 

内側が痛い→太ももの内側の筋肉が過剰に引っ張っています。


外側が痛い→太ももの外側の筋肉が過剰に引っ張っています。


中央が痛い→太ももの中央の筋肉が過剰に引っ張っています。

       (評価が難しいところですが)


 

オスグット 牽引力

(左膝)

 

治療では、過剰に引っ張っている筋肉を緩めるより、引っ張れていない筋肉(正常に働けない筋肉)を正常に働けるように原因を探していきます。

この「働けない筋肉」を「働ける」状態にすることで、過剰な引っ張りは消失します。

 

個人的には、オスグットなど膝の痛みを抱えている方は、首・背骨・骨盤にかけて前方に回転(ねじれ)していている方が多いです。そのため、使われる筋肉に偏りが生じ、痛みが発生しています。首や背骨の治療は必須です。

 

 

◆ストレッチだけでは、なかなか難しい・・

 

太もも前のストレッチだけでは難しいと感じています。

オスグットは大腿四頭筋の牽引力が原因と言われていますが、実際に診させていただくと全く力が働いていない選手がいます。ユルユルの筋肉をひたすらストレッチしたところで状況は変化しません。

 

痛みを消失させるためには「なぜ太もも前をメインに使ってしまうのか?」を考察しないと痛みは変わりません。

そのため、『休めば治る』が再開すると『また痛みだす』といわれているのでしょう。

 

少し専門的で難しいですが、なぜハムストリングスが使えなくのか、過去ブログで説明しています。お時間ございましたら、こちらもお読みください【坐骨神経①】

 

 

◆自分で対応する方法

 

痛みの原因は正常に働けない筋肉が存在することで、他の筋肉に負担がかかり痛みや関節のねじれが生じてしまいます。

ストレッチで改善されない方に、「正常に働けない筋肉」をご自身で治す方法をご紹介させていただきます!

 

 

①腸腰筋(ちょうようきん)

お腹の溝落ちあたりから、股間節に繋がる筋肉です。この筋肉が機能不全を起こすことで股関節を真っ直ぐ曲げることができず、膝がうちに入りやすくなります。またスクワット時に股関節を曲げることができず、膝が前に行き過ぎたり、体重がカカトに乗ってしまいます。

 

腸腰筋トレーニング

 

 

【股間節を曲げるトレーニング】

 

腸腰筋ケア

 

①背骨を真っ直ぐにする

②骨盤が丸まらないように手で押さえる

③膝が腰骨の少し内側を通るラインを意識して真っ直ぐ曲げる

 

注意点

・骨盤は絶対丸まらない→丸々と太もも前への刺激が増えます。

・股間節は腰骨の少し内側を通る→足が外に広がったりすると使われる筋肉が変わります。

 

*腸腰筋のみのトレーニングを目的にした場合、更に意識するポイントがあります。

 股関節を曲げる感覚を掴むためのトレーニングと認識してください。

 

 

②後脛骨筋マッサージ(こうけいこつきん)

後脛骨筋とは足関節を安定させる筋肉で、土踏まずを構成する筋肉です。

足首を安定させる作用がありますが、現代人は靴を履くため確実に悪くなっています。

この筋肉が悪くなると、着地時に足首が内側に倒れることで膝も付随して内側に倒れます。そのためX脚になり、膝の内側にストレスがかかり痛みが生じてしまいます。

 

*スネの内側に沿って軽く指圧していきます。

後脛骨筋は深部にあるため触れづらいですが、大まかなで結構です。

後脛骨筋ケア

 

 

画像:VisibleBody

 

 

◆当院がオスグットの治療で考えること


お膝の状態以外にも、首、背骨が真っ直ぐ伸ばせるか(背中の筋肉)、腰の骨のズレ、股関節やお尻の筋肉、腕の振り方や足の着き方・足指の使い方など、原因の可能性は多くあります。ふともも前の筋肉が使われすぎている状態を改善するために、お身体全体をしっかり診させていただく必要があります。

 

★合わせてこちらもお読みください★

【足の指使えていますか?】

【膝の痛みを解消するセルフケア】

【喜びのお声 ~サッカーでの股間節の痛み~】

 

 

 

もし現在、オスグットや膝の痛みでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@ 肩こり 腰痛 ひざ痛 八尾河内山本整骨院

 

◇まとめ◇

・オスグットは成長期のスポーツ選手に多い

・オスグットの原因は多岐に渡る

・オスグット治療の盲点

・太もも前のストレッチだけで、完治は難しい

・全身を治療する必要がある

 


最後までお読みいただきありがとうございます!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門治療院

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆ひざ痛・腰痛専門治療院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

2018年10月04日 11:27

症例報告  =膝を伸ばすときの痛み=

ひざ痛 タイトル

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 眞榮田有加です。

(@arcx1101)

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



・長時間座っていて立ち上がる時に膝が痛い

 

・なんだかスッと膝が伸びない

 

・痛くてあぐらがかけない



このような症状でお困りなことはございませんか?

 

また、

 

・歩けるけどなんだか違和感を感じる・・・

・歩くときにも痛い

 

このような症状の方にも共通する部分もありますのでご参考になればと思います。


 


今回は、当院にお越しいただいた患者さんの症例をご紹介します。

 

膝を伸ばした時の痛み  女性  ダンサー

 

来院の2週間前に特に誘因なく痛みが出現し、

ひざの痛み 河内山本 整骨院

 

 

膝を伸ばす時の痛みと歩く時、階段昇り降りの時の

 

膝の前面の違和感を訴えていました。

 

正座可能であぐらをかくと左膝に痛みが出ます。

 

また、1時間ほど踊っていると痛くなり、

 

じっとしていても痛みを感じるそうです。

 

ー - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

 

ひざの痛い 八尾 整骨院

 

 

 さっそくみさせていただくと、左脚が外向きにひっぱられていました。

 

左脚の外側で体重を支えているため、外側だけに頼っている状態になっています。

 

いつも以上に力を必要とする分、負担も大きくなっています。

 

また、隣り合う筋肉たちとひっつきあってしまい、癒着していました。

 

癒着:テープを張り合わせたイメージです。くっついて動きが悪い状態。

 

 

癒着

 

 

 

(腸脛靭帯や大殿筋、外側広筋、短腓骨筋などが癒着によってひっぱられている)


 

ひざ痛 外側






癒着をとっていきますが、まだ膝を伸ばす時に痛みが残るとのことです。

 

痛みの出る場所をたどっていくと、膝のお皿の外側が癒着していました。

 

太ももの前(大腿四頭筋)の筋肉は4つに分けられるのですが

 

(大腿四頭筋:大腿直筋・内側広筋・中間広筋・外側広筋)

 

その外側の筋肉(外側広筋)にひっぱられて痛みが出ていることが分かりました。

 

ひざ痛 大腿四頭筋2

 

 

本来なら大腿四頭筋全てが、バランスよく働くと膝を伸ばすのに効率よく動きます。

 

しかしこの方の場合は内側広筋が弱いために、膝を伸ばす力を外側広筋に頼っています。

 

そのため普段よりも余計に外側広筋が頑張らないといけない状態にあります。

 

痛みの出る癒着している場所を、通常よりも強くひっぱられている感じです。

 

ひざ痛 癒着

 

 

なるほど!

 

ひっぱられすぎて歩く時や階段での、膝前面の違和感の原因というのも納得です。

 

膝のお皿の外側の癒着をはがすと痛みがなくなったので、

 

様子をみていただくようお伝えしました。

 

 

 

 

 

 次に来られた時に状態を確認すると、ダンスも問題なくできていて

 

日常生活には支障ありませんが、長くあぐらをかくと、

 

膝を伸ばす時に膝の外側が痛むそうです。

 

 

 

太ももの癒着は強くなく、ふくらはぎでの外側の癒着がみられました。

 

原因となった筋肉は腓腹筋外側頭短腓骨筋でした。

 

この筋肉はふくらはぎを外向きに回転させる作用があります。

 

 

 

(原因としては腓腹筋外側頭と短腓骨筋による外側へのひっぱり)

 

ひざ痛 腓腹筋

 

 

 

 

 

あぐらの姿勢は外向きででる動きです。

 

つまり外を向いている脚があぐらをかいて、さらに外向きへ捻れたことが考えられます。

 

ひざ痛 あぐら

 

 

ふくらはぎの癒着をはがすとその後の膝の痛みはなくなりました。

 

現在は問題なくダンスも日常生活も送られています。

 

 

 

 今回の症例は脚の外側での癒着が強く、膝が捻じれて痛みが起こった状態でした。

 

膝の痛みは捻じれが原因のことがほとんどです。

 

どの部位がどの筋肉によってどの方向に引っ張られているのか

 

しっかりと把握することが大切です。

 

膝の痛みでお困りでしたらぜひご相談ください。

 

辛い痛みをとるお手伝いをいたします!^^

 

★合わせてこちらもお読みください★

【喜びのお声 ~膝~】

 

【足の指使えていますか?】

 

膝の痛みを解消するセルフケア】

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@ 肩こり 腰痛 ひざ痛 八尾河内山本整骨院

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門治療院

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

◆ひざ痛・腰痛専門治療院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

 

 

2018年10月04日 11:19

膝の痛みを解消するセルフケア①

ひざ痛のケア

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

ライター 肩こり 腰痛 坐骨神経 脊柱管狭窄症 八尾河内山本整骨院_コピー


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

●膝が痛くて、病院で指導されてトレーニングをひたすらしている

●膝が痛いから、自分で何とかしたい

 

この様に、お悩みの方は多いのではないでしょうか?

今回は膝のトレーニングの前に行うセルフケアについてお伝えさせていただきます!

 

 

◆膝痛は、ふともも前の筋肉が弱い・・

 

膝痛でお悩みの方は、大腿四頭筋に力が入っていないことが多いです。

 

ひざ痛 大腿四頭筋

 

 

大腿四頭筋は4種類あります。

(大腿直筋・だいたいちょくきん)(内側広筋・ないそくこうきん)

(中間広筋・ちゅうかんこうきん)(外側広筋・がいそくこうきん)

 

 

 

膝に痛みがある方は、この内側広筋に力が入っていないです。

 

一度、ご自身の太ももを触って確認してみてください

 

 

ひざ痛 内側広筋

 

 

 

 

左右と比べて、ペコペコしていませんか?

 

弱い方は要注意です

 

内側広筋は

膝が内側に入るのを防ぐ役割があります。

 

 

hiza

 

膝が内側に入ること(X脚)で、

・膝の内側が引っ張られるストレス

・膝の外側が圧迫するストレスが、かかってしまいます

 

 

*半月板を痛めている方は常に圧がかかっている状態で、

圧がかからないように、膝周囲の筋力を戻すと痛みは軽減します。

 

 

◆よく指導されるトレーニング・・

 

太ももの内側を鍛えるメニューにタオルセッティングがあります。

 

 

 

 

ご自宅で、ひたすらタオルをつぶしても、

力が入りづらいことはありませんか?

 

その状態は神経の流れが悪くなり、

筋肉に力が入りづらい状態です。

 

力が入りづらい状態で、ひたすらトレーニングを頑張るより、

先にセルフケアを行い、力が入りやすい状態でトレーニングする方が効率的です。

 

 

◆神経の流れをよくする・・


セルフケアのポイントはここです。

 

ひざ痛 ケア 内側

 

 

この枠線内を、指で円を描くようにマッサージしましょう。

硬いところなどは、痛みが強くならないように注意が必要です。

 

この周辺をマッサージすることで、神経の流れや筋肉同士の引っ付きがはがれ

力が働きやすい状況になります。


画像:VisibleBody

 

 

◆意外に忘れられている場所・・


外側の筋肉がカチカチになることで、

内側の筋肉に力が入りづらい状態になることがあります。

 

少し分かりづらいですが、

①腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)

②大腿二頭筋(だいたいにとうきん)

③外側広筋(がいそくこうきん)

が引っ付いてしまうことが多いです。

 

▼セルフケア

右の図のように、膝外側を外から内に持ち上げるように軽くマッサージしましょう。

*円を描くようにマッサージするのも効果的です。

 

ひざ痛 外側 ケア

 

 

 

最後は少し専門的になってしまいましたが、

ひたすら言われたトレーニングやリハビリを行うだけでなく、

セルフケアを行い、筋肉の状態を正常戻した方が、圧倒的に治りが早いです。

 

 

1分で、かなりお身体の状態は変わります。

もし現在、膝の痛みでお悩みの方は、

一度試してみてください

 

ご不明な点はいつでも、ご質問おまちしております。

現在、膝痛でお悩みの方の一助になれば幸いです。

 

 

 

★合わせてこちらもお読みください★

【喜びのお声 ~膝~】

【足の指使えていますか?】

【ここをケアするだけで、体が楽になる!】

 

 


もし現在、膝の痛みでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@ 肩こり 腰痛 ひざ痛 八尾河内山本整骨院

 

 

◇まとめ◇

・膝がいたい方は、太ももの内側の筋肉(内側広筋)が働いていない

・内側広筋が働かないことで、膝に過剰にストレスがかかる

・トレーニングの前に、セルフケアを行う

・外側の筋肉が硬くなることで力が入りづらくなっていることがある。

 

 

【編集後記】

ついにやってしまいました。。しないと決めていたのに。。

待ち受けが子どもの写真

だって、、可愛いから仕方ないですね。

まだLINEのアイコンは無事ですが、

これも時間の問題ですかね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門治療院

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆ひざ痛・腰痛専門治療院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

2018年10月04日 11:02