HOMEブログページ ≫ 慢性腰痛 ≫

ブログページ

【症例報告】物を持ちあげた際の腰痛

症例報告腰痛

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 


今回は症例報告です。

当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「物を持ち上げたときの腰痛」です
・来院された方:八尾市在住・50代・男性
・主な症状:物を持ちあげたときの腰痛



◆来院までの経緯

 

1週間前に自宅で荷物を持ち上げたときに、腰と背中が痛くなった。背中の真ん中が痛かったが、今は腰だけが痛い。2年前も物を同じような痛め、整形外科に行くと痛み止めの薬だけで、良くならずカイロに2-3週間通い良くなった。今回も同じような気がしてHPで検索して腰痛専門とのことで連絡がありました。


◆初回来院時の主なお悩み
 

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●背中を触ると痛みがある
●立つ時間が長いと腰が痛くなり、仕事に支障がある
●腰を反る動作の最後で痛みがある
●コルセットをしているが、いつまですべきなのか



◆初回来院時の体の状態
 

●お腹が前にでる立ち姿勢で足底の硬さが強い
●肩甲骨が外に開き、胸が張りづらい
●過去に痛めた股関節のケガが治りきっていない
●左のお尻の力が入っていない



◆施術経過
 

●1回目~2回目
 

主訴は腰の痛みでしたが、腰痛の原因は肩甲骨が外に開きすぎていることで、腕の重みを支えることができず腰痛が出現していると推測しました。初回の治療は、肩甲骨を「動きやすく」「正しい位置」にすることを目的に、胸の筋肉やわき腹・首を調整。それと同時に過去に左の股関節を痛めた経験があり、お尻の筋肉に力が入っておらず、立位の姿勢でお腹や骨盤を前に張り出す体勢で支えていました。これでは腰の骨や骨盤にズレが生じ痛みが生じてしまいます。
肩甲骨の位置や骨盤調整をメインに施術することで、動かした痛みは最終域だけ感じるようになりました。


 

●3回目~4回目

日常生活は順調に過ごせていましたが、2日前に腰痛と左太ももの内側に痛みが出現。また座り方を変えることで尾骨に痛みを感じることが日に何度かあるとのこと。詳しくみさせていただくと、左の首と背中を後ろから支える筋肉が働いておらず、上半身を支えることができない。そのため前に倒れ腰やお尻に負担がかかっている状態でした。左太ももの痛みは、太ももの裏にあるハムストリングスという筋肉同士が引っ付いてしまう(癒着)ことで、うまく股関節が使えず痛みが出現していました。腰の状態がよくなったので、腰痛ベルトは外し、自宅できるお尻のトレーニングを指導開始。



●5回目~6回目
 

腰は違和感があるかどうかの程度。この方は体幹が左を向いている状態で、自宅でリラックスしている際に左を向くことが多いとのこと。自分では気づかない癖があることを理解してもらい、改善するための考え方やセルフケアを指導しました。
施術では、足首周りの硬さが顕著だったので足まわりをメインに施術しました。お体の状態がかなりよくなり一旦終了。現在は定期的にメンテナンスさせていただいいます。


●追記
現在は2週間に一度でお体の調整をして継続しています。腰痛はあまりなく、今は肩甲骨の内側の張り感と左の股関節の調整をメインに調整しています。またテレワークで自宅のパソコン作業が増えたために、負担が増えている印象です。

運動不足もあるため施術と合わせて、ダンベルを使った簡単な筋トレを継続し中。扱える重さも徐々に伸びています。


◆院長から

腰痛の原因が腰だけに問題があるとは限らないからです。この方も主訴は腰痛でしたが、首や肩甲骨の動きや位置を正すことで腰痛が軽減しました。痛みがある場所に目がいきがちですが、それだけでは足りないと痛感した症例でもあります。

また過去のお怪我が治りきらずに悪影響を及ぼしている方も多いです。この方も左股関節を過去に痛めたことがあり、機能が正常に戻っていませんでした。その結果、無意識に「かばう」動きが身に付き、じわじわと体を侵略していく・・股関節をかぼうために、足のあげ方が変わる・歩き方が変わる・座る体勢が変わるなど、日々の生活の癖が出来上がります。その癖が原因で痛みが出現している方が本当に多いです。だからこそ当院では過去のお怪我などをお聞きするための初回のカウンセリングに力をいれています

お体の状態と日々の生活で意識するポイントや考え方をお伝えすることで、確実にお体は変化していきます。この方もお伝えしてから劇的に身体の状態が良くなりました。ご自身のお体としっかり向き合ったいただき施術者としてもうれしく思います。


慢性腰痛や出産前後の腰痛でお悩みなら、
腰痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年07月19日 12:00

【症例報告】ぎっくり腰の手前

ぎっくり腰手前の腰痛2_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

 

 

今回は症例報告です。


当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「ぎっくり腰手前の腰痛」です
・来院された方:八尾市在住・30代・女性
・主な症状:今朝急に腰が痛くなった

 

◆来院までの経緯

 

今朝通勤して着替えをすましたところで、急に腰に痛みが走った。朝・昼とロキソニンを飲み痛みをごまかしていたが、夕方ごろには痛みのために変な歩き方になっていた。2年前にもぎっくり腰をしていた。お仕事は前かがみの体勢が多く日ごろから腰痛を感じていた。

 

◆初回来院時の主なお悩み


初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●腰が痛くて変な歩き方になっている
●仕事中の体勢で腰が痛く辛い
●気が付くと右に体重がのっているのが気になる
●以前のようなぎっくり腰が再発しないか不安


 

◆初回来院時の体の状態


●カカトに体重がのり、骨盤が丸まっている
●痛みのため、体全体が右に傾いている
●背中の硬さが目立ち、逆に腹筋まわりはプニプニで全く力が入っていない
●首の骨のズレが強く、肩周りの筋肉が硬くなっていた


 

◆施術経過


●1回目~3回目

両足とも女性特有の内股気味でお尻に力が入りづらく、かかとに体重が乗っている姿勢でした。お尻に力がはいるように骨盤調整や腹筋の状態をよくする施術を行いました。痛みのために歩くのもやっとな状態でしたが、骨盤・腹筋を調整することで、帰りには痛みはあるもののスムーズに歩けるように。

またお仕事で座っている時間が長いため、足が浮腫んでいる状態でした。むくみがあると「だるさ」を感じやすいため、リンパを流すことを目的に、全体的に滞っている場所を集中的にアプローチしました。

3回目の施術では、ギックリ腰のような強い痛みはなくなり、お仕事中の腰痛に焦点をあてていきました。


 

●4回目~5回目
骨盤まわりを調整することで、お尻に力が入るようになり、仕事中に感じていた腰痛が順調に回復

本人が気にされていた、右に体重がのってしまう原因が、首の骨のズレによるもので首周りの調整をメインに行いました。お話を聞いていくと、以前から頭痛もあるとのことで、首のズレの影響で、肩まわりの筋肉がカチカチになっている筋やプニプニで全く力が入っていない筋肉がある状態で、うまく腕や肩の重みを支えれていませんでした。



●6回目~10回目

仕事で立ちぱっなしでいると左腰が痛くなるとのこと。長時間座っている状態から、立ち上がると腰が伸びづらい感じがする。順調に進んでいましたが、1歩後退。

詳しくお話を聞いていくと、車で変な体勢で寝てしまってから痛みが強くなったとのこと。お車で窓にもたれるような体勢を長時間とると、首がとても悪くなります。その痛みも首の骨のズレや筋肉の状態を調整することで、痛みはなくなりました。

現在はメンテナンスとして通院していただいています。以前のようなギックリ腰になる不安はもうありません



●追記
お仕事の体勢が丸まる姿勢が多いため、肩甲骨の内側のコリ感や腰痛がたまに出現しますが、それぞれ肩甲骨や股関節の動きを出すことで不調はなくなります。現在は入浴施設とトレーニングジムが併設された施設に通われ、トレーニングと入浴を続けることで体調が良くなり無事に卒業されました!



 

◆この方にいただいた感想


ぎっくり腰一歩手前で初めて行ったのですが、帰りにはすんなり歩けるようになりました。
今まで行った他の整骨院とは違い、筋肉をトントンと触れただけでどこの筋肉が使えていないなど的確に治していただけるので凄いです!あととても丁寧に診て下さります。


 

◆院長から


この方のように、当院ではギックリ腰や、一歩手前の「あっ危ないかも・・」のような腰痛で来院される方が多くいらっしゃいます。そのような方の大半は腹筋や骨盤に問題があります。

腹筋や背中の筋肉が悪くなり、体幹や骨盤を安定させることができずに「痛み」や「腰が抜けるような感覚」を感じている方が多いです。今回も初回に骨盤や背骨を調整することで、痛みはあるもののスムーズに歩けるようになっていました。


しかし、当院はギックリ腰を一発で治す力はありません。

たとえ良くなったとしても、それは痛みが感じなくなっているだけで、本当の原因にはたどりつけていないためです。本当のお体を良くしていこうと思うと腰だけの施術では足らず、必ず全身の調整が必要になります。

現在でも、仕事が忙しくなると腰痛が出現することがありますが、お伝えしているセルフケアを用いると楽になり、その内に気にならなくなるとのこと。ご自信のお体に興味をもち、しっかりとケアしていただけるので、施術者としても嬉しく思います。ありがとうございました!



 

慢性腰痛でお悩みなら
腰痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください


ギックリ腰でお悩みの方は
こちらの広背筋のセルフケアをお試しください!

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます
 


古川院長プロフィール



最後までお読みいただきありがとうございました!

【あわせてこちらもお読みください】


【喜びのお声 ~腰痛・尾骨の痛み~】

【症例報告 物を持ち上げた痛めた腰痛】



もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年07月18日 12:00

【症例報告】産後の腰痛

症例報告 産後の腰痛_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 


今回は症例報告です。

当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「産後の腰痛」です
・来院された方:東大阪市在住・30代・女性
・主な症状:子供を抱っこ中の腰痛。仕事中の腰の痛み



◆来院までの経緯

 

2年前にこどもを出産してから、腰が痛くて仰向けにも寝れない。抱っこすると腰が痛くなっていた。今年に入り産休が終わりデスクワークの仕事に復帰することになり、長時間座っている大勢が辛く、いつも痛みを感じない体勢を探しているとのこと。近くの整骨院にたまにいっていたが、その場ではよくなるがイマイチとののとで、今回hpを見てご相談があった。


◆初回来院時の主な悩み

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のなやみ

  • 仰向けで寝れるようになりたい
  • 抱っこすると痛いけど、しないわけにはいかない
  • 筋トレの必要性は感じながら、行っていない
  • 産後に骨盤をしめるためのベルトをしていないのが悪かった?



◆初回来院時のお体の状態
 

  • 産後の特徴的な骨盤のひらきがある
  • ​​​​腹筋が弱く、骨盤が支えれていない
  • 背中が猫背になり、胸が伸びづらい状態
  • 肩が内に巻いている状態で胸の硬さがある



◆施術経過

●1~2回目
産後特有の骨盤の開きがあり、仰向けで寝れなかったため、座った状態と横向きに寝た状態で施術を開始。背中の筋肉や腹筋がきちんと正常に働ける状態をつくるために施術していく。また仕事内容がPC作業のため、首と肩が張りやすく肩が内に巻いている状態だったので、胸筋の硬さや肩甲骨が動くように施術しました。


 

●3回目~5回目
股間節を曲げる働きのある腸腰筋が働いておらず、他の筋肉に頼っていたため、股間節を上手く使えるように施術と同時に股関節のトレーニングも指導しました。そうすることで股間節が安定し「調子よくすごしている」とのお声をいただきました。腰骨のズレが強くあったのですが、背中や腰の筋肉の状態をよくすることで改善、仰向けでも寝れるようになりました。



●6回目~

腰の問題はなくなり、一旦治療は終了しメンテナンスに移行。途中、娘さんを長時間抱っこ紐で抱っこして腰が痛くなったなど、腰が痛くなるときもあるが以前に比べると痛みは強くならず、1~2日ほどでおさまるとのこと。




◆院長から
 

妊娠中にお腹がどんどん大きくなることで、腹筋は伸ばされ続けます。その結果、腹筋に力が入りづらくなり、腰の安定力を失い痛みが出現している方が多いです。まさにこのかたも、同じように腹筋が伸ばされ、働かないために腰痛が出現していました。ケアも積極的に行っていただき、順調にお体の状態はよくなりました。現在も定期的にお体のケアをさせていただくことで、昔のような仰向けが痛くて寝れないや、長時間デスクワークをしても腰がいたくならなくなったと喜ばれています。

当院では、産後から1年以上経過した方も多くいらっしゃいます。産後から時間がたってしましたな・・と諦めないでください。産後ベルトや体操をしてないからと自分を責めないでください。自分にも2歳になる子どもがいますが、右も左も分からない状況で、レーニングなど自分の時間を作るのは難しいと感じました。みなさまある程度落ち着いてから、ご自身のケアにやっと意識がいく方がほとんどです。もちろん出産後すぐに施術した方が良くなるスピードは早いですが、日にちがたっているからと関係ありません。




慢性腰痛や出産前後の腰痛でお悩みなら、
腰痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください

 


 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年07月15日 12:00

【施術方針】正常に働いていない筋肉とは?

施術方針について

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール
 

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

正常に働いていない筋肉




お身体に痛みが出現している状態は
過剰に働いている(過緊張)の
硬く凝っている筋肉と


プニプニで柔らかい
「正常に働いていない筋肉」
が存在しています。



ひざ痛や腰痛、足首、肩の痛みまで
すべて同じことが言えます。



硬い筋肉をほぐすことで
一時的に楽になりますが、
なんの解決にもなりません。


その陰に隠れている
「正常に働かない筋肉」こそが
辛い痛みの原因でもあります



なぜ正常に働いていない筋肉が
本当の施術ポイントになるのか?


なぜ筋肉を正常に働かせることで
痛みが良くなるのか?

そのあたりを詳しくご紹介しています。

 

 
 
 
 
 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 


 

【まとめ】
・痛みの原因は正常に働かない筋肉
・痛みがある状態は混在している
・筋肉が働くことで、不調は良くなる



 

【編集後記】

カフェインを少し抜こうと思い、朝コーヒーをやめました。
が、、気づけばお昼にコーヒーを飲んでいました。
無意識こわい




最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【症状別の施術を説明】

【なぜ?頭の調整で腰痛が楽になるのか?】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年04月05日 12:00

【セルフケア】朝起きて、腰が痛いを改善する!

寝起きで腰がいたい男性

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

朝起きて腰が痛い場合のケア方法

 

 

・朝起きて腰が痛い

・寝返りで腰が痛くて目が覚める

この様な悩みをお持ちの方は

ぜひ腹筋のケアを行ってみてください!

 

 

 

◇なぜ腹筋?

 

寝ている状態で腹筋が正常に働いていないと

骨盤が支えられず、ベットに骨盤が沈む力が働きます

 

 

寝てるとき_コピー

 

 

もしくは左右の腹筋でバランスが崩れている場合

骨盤に捻じれの力を加えます

 

 

骨盤が沈んだり、ねじれる

ことで腰骨にも影響します

 

 

それに加え、腹筋が働かない場合

胸郭を下に引っ張る力が起きず

肋骨が浮き上がります

 

 

寝てるとき2_コピー

 

 

 

また諸説によると内蔵が重力によって

下に落ちて腰骨や筋肉を圧迫するから

などの理由がありますが、

これも腹筋が原因だと考えられます

 

 

このケアの目的は

腹筋が正常に働ける環境をつくる

 

 

腹筋が機能することで

骨盤や胸郭が安定し

睡眠中や朝起きての

痛みは解消されます

 

 

ぜひ、寝ている間の腰痛で

お悩みの方は行ってみてください

 

 

 

 

*動画では見えやすくするために

立った状態で行っていますが、

寝た状態で行っていただいてもOKです

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 

 

①このあたりが癒着多い

腹筋の癒着

 

 

 

 

【まとめ】

・朝起きての腰痛は腹筋が原因

・骨盤や胸郭の形が変わる

・内臓が重量で下におちることも原因

・朝起きて痛い場合は寝ながら行いましょう

 

 

【編集後記】

緊急告知!

今週末は断捨離を行いたいと思います!

使ってないものは売るか捨てるかして

新しいものが入るスペースを

作りたいと思います

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【腰痛の施術について】

【喜びのお声 ~腰痛・尾骨の痛み~】

【腰痛や肩の痛みに効果抜群ケア!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年02月14日 12:00

喜びのお声 ~腰痛・尾骨の痛み~

喜びの声 腰痛

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール


 

 

今回は腰痛・尾骨の痛みでお悩みだった方の

喜びのお声をご紹介したいと思います!

 

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

 

 ①どの様な症状でお悩みでしたか?

 半年前から座ると尾骨が痛むようになり、そのため腰痛も出てきていました。

数年前から左右のバランスが悪いのか、歩くとき右足だけ外側に出るのが気になっていました。

 

 

②施術を受け、今はどのような状態ですか?

 歩く時の右足が外側に出るのは、はじめての施術でよくなり驚きました。

尾骨の痛みは通うごとに現状を伝え、施術してもらい、5回目の施術終了後には、完全に痛みがなくなりました。


③他院の施術と比べ、どのような点が違いますか? 

 じっくり話を聞いてくれた後、頭から足の先まで身体全体を施術してくれて、分でも気付いていない悪い部分もよくしてくれるところです

 

 

④どういった方に当院の施術がオススメですか? 

 痛みを抱えている方。どこの病院で施術すれば良いのか分からない方。

病院に行く程でもないが、痛みや違和感がある方。

持病の痛みだからとあきらめている方。

に痛みは無いが、人間ドックのような感覚で身体の歪み等をみてもらいたい方


 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

ご紹介で当院に来院されて患者様。

過去に尾骨の骨折があり、その影響で腰痛も出現していました。

また歩行時に右足が外を向いた状態になり、ご本人様も心配されていました。

 

●右足が外を向いてしまう原因は

太もも前の筋肉(大腿四頭筋)が、太もも後の筋肉(ハムストリングス)に引っ張れ、外回り(後方)に回転した状態で歩くために生じていました。

 

●腰痛と尾骨の状態は

尾骨が座面に当たると痛みが出現しており、痛みを逃がす体勢での運転や長時間の座っていると腰痛が出現していました。詳しく診ていくと、お尻の一番大きい筋肉(大殿筋)に筋力差があり、尾骨が引っ張れることで、本来当たらない場所が地面に当たるようになっていることが原因でした。

 

セルフトレーニングも積極的に行って下さり

順調に回復。5回の施術で治療を終了することができました。

現在も痛みは出現していないとのことです。

 

              ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

 

~~編集後記~~

治療をしていく中で、「こんなソファの座り方してたらあかん」

「痛み出ても、ここ押したら痛み減った」「せっかく良くなってきてるから、トレーニング少し頑張ろう」など

ご自身の身体の変化だけなく、考え方も同時に変化していく様子がとても印象的でした。

これも治療時間をしっかり確保して、時間をかけてお体を診させていただくことで、

現れた変化だと思います。これからも困っている方のお手伝いができるように全速力で突っ走りたいと思います!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

★あわせてこちらもお読みください★

【腰痛の施術について】

 

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

【前かがみの姿勢がつらい!=原因と対処方法=】

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

◆アークス整骨院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

 

2018年10月04日 11:49