HOMEブログページ ≫ セルフケア ≫

ブログページ

後ろに反ると痛い!=腰痛の原因と対処法=

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 眞榮田有加です。

(@arcx1101)

 

             ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

こんにちは!

 

今回も腰痛でお困りの方に対してお伝えします。

 

 

・だましだまし家事やお仕事をしている

 

・繰り返す痛みに困っている

 

腰痛を我慢しながらの日常生活は辛いですよね。

 

辛い腰痛の原因と対処法をまとめたので参考になればと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

今回は腰を反ったときの痛みについてご紹介します。

 

 

 

 

②腰を反ると痛い

 


 

腰を反って痛い

 

 

  日常生活の中で背中を反るような姿勢は、

 

イスからの立ち上がり


立ちっぱなし


・高いところのものをとる


・重いものを持ち上げる


などのふとした状態の時にとられます

 

 

 

この反ったときに出る痛みはなぜ起こるのでしょうか?

 

考えられることとして、

 

腰を反ったときの

 

①前面のつっぱり

 

②後面のつまり

 

があります。

 

それではこれらについて説明していきます。

 

 

 

 

①反ったときの前面のつっぱり

 

腰を反って痛い

 

 

 

 

 体を反ったときに痛みが出たり、動きが十分に出ない場合は

 

体の前面につっぱりがある可能性があります。

 

その原因の多くに、体の前面の筋肉の癒着や過緊張があります


癒着とは筋肉同士がくっついてしまっている状態、過緊張とは働きすぎている状態です。

 

前面に癒着や過緊張が起こると動きが悪いため、つっぱりが生じた状態になります。


(癒着と過緊張についてはこちらに詳しく書いています。→コチラ



 


前面がつっぱった状態で体を反ると、姿勢を保つために働いている背中側の筋肉が


もっとひっぱらないといけなくなり、負担がかかってしまいます。


それが動きの制限や痛みの原因となっているのです。


前面のつっぱりの原因となる筋肉としては、主に腹筋群と大腿四頭筋が考えられます。

 

 

 

腰痛の原因

 

 

原因となりやすい筋肉

(腹筋群、大腿四頭筋)




 


 



 

 

・腹筋群

 

  腹筋群は腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋に分けられます。

 

 

腹筋の解剖図

図の右側は外腹斜筋をはがした状態

 

 

 

 

 

 

 今回は主に、腹直筋と内・外腹斜筋に対しての対処法です。

 

腹直筋とはお腹の中心にある筋肉で、体を起こすときによく使う筋肉です。

 

腹斜筋とは斜めに走る筋肉で、ひねる動作の時に働きます。

 

 

 

 

 

 

腹直筋ケア方法

腹直筋

 

腹直筋はお腹に力を入れたときに盛り上がってきます。

 

そこの境目に手を入れて外側から内側へ動かしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

腹斜筋ケア方法

⑵腹斜筋

 

内腹斜筋と外腹斜筋が重なる部分で

 

癒着をしていることがあります。

 

脇腹の外側きわきわの部分をお腹側から押してみます。

 

奥の方に硬い部分があれば痛くない程度でほぐしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・大腿四頭筋

 

 

 

 

 

 

大腿四頭筋ケア方法

 

 

 

太ももの前面の筋肉は大腿四頭筋と言います。

 

その大腿四頭筋の内側、外側がそれぞれ隣の筋肉と癒着していることがあります。

 

それを引きはがすイメージできわをつかんで動かしましょう。

 

 

 

 

ハムストケア


 

※筋肉のきわを探すときに膝をぐっと伸ばすと、大腿四頭筋が盛り上がってくるので

 

 

 

そのきわを狙って内側・外側をはがすように動かしてみてください。





②反ったときの後面のつまり


 

腰痛 反る 3



 

 

  体を後ろに反る時の痛みについてですが、

 

反る時に働く筋肉のバランスが崩れていることが原因の一つです。


反る動作の時に一緒に働く筋肉割合が偏ってしまうと、


一方の負担が増えてしまい、動作の制限や痛みを引き起こす原因となってしまいます。


 

 

 

バランスの乱れ

例えば同じ働きをする筋肉の一つが働かなくなると他の筋肉の負担が増えてしまいます。




 

 

腰痛

 

(例:広背筋と脊柱起立筋など)



 




 

 

 

 

 

 

 

 後面のつまりに対して、よく見られる状況としては、

 

広背筋が働かないことにより脊柱起立筋が負担が原因としてあげられます。

 

どちらも同じく体を反る働きをするのですが、

 

広背筋が働かなくなると、体を反る時に脊柱起立筋に頼り負担がかかるのです。

 

広背筋の癒着をはがし働きやすくすることで、

 

脊柱起立筋の負担が減り、痛みや動きの制限を軽減できます。

 

対処法としては、以前にも記事がありますのでお手数ですが

 

こちらをご参考にしていただければと思います。

 

こちら→辛い腰痛を解消するセルフケア①

 

 

 

いかがでしたか?

 

腰の痛みや動きは軽くなりましたか?

 

結果的には同じ背中側の筋肉に負担がかかっていることで、

 

痛みを引き起こしているのですが、

 

その原因は体の前面にあったり後面にあったりするため、

 

しっかりと原因に対してアプローチを行わなければ症状の改善は難しいです。

 

 

 

腰痛の状態においては必ずしも同じ状況でない場合もあります。

 

他の原因が悪さをしていることもありますので、変化が見られない様であれば

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

次回は、横に倒す・ひねる時の痛みについてお伝えしますね!^^

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【腰痛の施術について】

【喜びのお声 ~腰痛・太もも前に電気が走る~】

【前かがみの姿勢がつらい!=原因と対処方法=】

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@で予約受付中

 

【最後に・・】


腰の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もし現在、腰痛で悩みなら、
お気軽にLINEでご相談ください。

あなたが健康で笑顔な毎日を送れるように・・全力でお手伝いさせていただきます!




腰痛の施術について

脊柱管狭窄症の施術について


オンライン無料反暖_コピー
体に不調が出ていませんか?
あなたにピッタリのセルフケアをお伝えします


 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆アークス整骨院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

 

2018年10月04日 11:36

前かがみの姿勢がつらい!=腰痛の原因と対処法=

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本 

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 眞榮田有加です。

(@arcx1101)

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

こんにちは!

 

今回は腰痛についてお困りの方に対してお伝えします。

 

・だましだまし家事やお仕事をしている

 

・繰り返す痛みに困っている

 

腰痛を我慢しながらの日常生活は辛いですよね。

 

辛い腰痛の原因と対処法をまとめたので参考になればと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

一言に腰痛といっても症状は様々です。

この動作で痛い、この姿勢が辛いなどありませんか?

まず、どの動作で痛みが出るのか確認してみましょう。


・前かがみ

・後ろに反る

・横に倒す

・体をひねる


痛みは再現できましたか?

それでは痛みの原因をみてみましょう。


今回は前かがみのときの痛みについてご紹介します。





①前かがみで痛い

 

 

前かがみの腰痛

 



  前屈の姿勢は、日常生活の中でも良くとりますよね?


たとえば

 

・しゃがむ

 

・ズボン・靴下をはく

 

・掃除機をかける

 

などがあります。

 

普段良くとる姿勢だからこそ痛みが出るとすごく辛いものですよね。

 

では、前屈をしたときに出る痛みの原因とは何でしょうか?







 なぜ前屈をしたときに痛みが発生するのでしょう。


それにはまず、体の後面の伸張性の低下が考えられます。


伸張性とは体を曲げたり伸ばしたりするときに、その方向と反対側の伸び具合、


つまり簡単に言うと、前屈の時には背中側、反る時にはお腹側の伸び具合です。


この伸張性が何らかの理由で低下してしまうとうまくその動作をとれなくなります。


 

前後屈の腰痛




 なぜ、伸張性の低下が起こるのでしょうか?


それには主に、


①癒着


②過緊張


があります。


それでは、それぞれの説明をしていきますね。





①癒着とは...

 

 

癒着



 癒着とは筋肉同士がくっついてしまっている状態です。


イメージしていただくと図のようにテープ同士を張り合わせた状態で、

 

本来、隣り合う筋肉はそれぞれに違う動きをするのですが癒着してしまうと

 

滑走が悪く自由に動くことができずに、伸張性の低下・痛みの発生が起こります。

 

 

 

 

 

 

 

②過緊張とは...

 

 

 過緊張とは働かない筋肉の存在があるためにその筋肉をかばって、

 

ある動きをするときにいつも以上に負担がかかることから起こります。

 

 

筋肉のバランスの乱れ

 

 

 本来なら50:50の割合でバランスが取れているところが、

 

働かない筋肉のせいでバランスが70:30の割合になってしまう状態です。

 

この場合、一方が頑張りすぎているため筋肉に余裕がなくなってしまいます。

 

過緊張の感触としてはコリコリしたような感じや張っている感じです。

 

過緊張の筋肉をほぐせばいいのでは...?

 

となるところですが、働かない筋肉をそのままにしてしまうと

 

結局、一方が頑張らなくてはならないため、また過緊張状態に陥ってしまいます。

 

なかなか治らない繰り返す痛みは、このループが引き起こしているのです。

 

 

 

それでは、前屈の時の痛みの原因となる筋肉と対処法をご紹介します。

 

 

 

 

 

腰痛の原因筋

 

 

原因となりやすい筋肉

(脊柱起立筋・ハムストリングス・殿筋などの過緊張)




 


 



 



脊柱起立筋・広背筋

 

 

 脊柱起立筋と広背筋は上体を後ろへ反るという似たような作用をするのですが、

 

一方が働かなくなるともう一方がかばってしまうため、

  

脊柱起立筋と広背筋のバランスが崩れます。

 

働きが悪くなり過緊張を起こして、伸張性が低下することがあるので

 

正常に働けるようにしましょう。

 

 

 

対処法としては以前に記事がありますのでお手数ですがこちらをご参照ください。

 

辛い腰痛を解消するセルフケア①

 

・殿筋群

 

 

 殿筋群は股関節に深く関与する筋肉のため腰痛に対して重要な働きをします。

 

 

 

これらがうまく働いていないと動作時に痛みを引き起こします。

 

 

 

また、痛みの原因として殿筋群の癒着、または過緊張による神経圧迫が考えられます。

 

通常、神経から筋肉に”動きなさい”という信号を出すのですが、

 

その神経が圧迫されることでうまくその信号が伝わらず力が入りにくくなります。

 

イメージ的にはホースを踏まれてしまって水がちょろちょろとしか出ない様子です。

 

ホースが神経、水が信号といった感じです。

 

腰痛 ホース

 

 

 

 

 

 

 殿筋群は上殿神経と下殿神経と呼ばれる神経によって主に支配されますが

 

 

 

この神経を圧迫する原因として梨状筋による問題があります。

 

梨状筋の下を通る下殿神経が梨状筋によって

 

圧迫を受けて信号が通らなくなると大殿筋の働きが悪くなります。


大殿筋は股関節を後方に伸ばすときに働く筋肉ですが、大殿筋が働かなくなると


股関節を伸ばす動きを太ももの後面が過剰に行うことになり、


過緊張状態に陥りやすくなります。

 

それにより前屈がしづらい、痛みが出るという状態が起こってしまいます。

 

 

 

 

 

 

大殿筋

 

 

 

上殿神経:青色

 

(中殿筋・小殿筋)

 

 

 

下殿神経:薄緑

(大殿筋)

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛 大殿筋 河内山本

 

 

 

 対処としては、まず梨状筋に対してアプローチしてみましょう。

 

梨状筋があるのはちょうどおしりのえくぼのあたりです。

 

その周囲をマッサージしてみましょう。

 

(テニスボールを使用してもいいですよ!)

 

 

 

 

 

・ハムストリングス

 

 

 ハムストリングスは太ももの後面にある筋肉で

 

内側(半腱様筋・半膜様筋)と外側(大腿二頭筋長頭・短頭)に分けられます。

 

ハムストリングスは股関節を後ろへ引く、膝を曲げる動作で働きます。

 

ハムストリングスが働かなくなり、伸張性が低下すると前屈時に制限が起きます。

 

その原因としては内側・外側同士の癒着、周囲の筋肉との癒着

 

もしくは過緊張を起こしていることも考えられます。

 

癒着しやすい筋肉(内側:内転筋、薄筋  外側:腸脛靭帯、外側広筋)

 

ハムストリングス

 

 

 

 

 癒着をはがすために

 

ハムストリングスをしっかりとつかんで動かしてみましょう。

 

地面に踵をつけて軽く膝を曲げるようにすると

 

ハムストリングスが盛り上がってくるので触りやすくなります。

 

ハムスト  ケア

 

 

 

こんな感じです。お風呂の中でもできそうですね!

 

筋肉の境目を狙って隣接する筋肉からはがすようにすると効果的です。

 

 

 

 

 このように前屈の際の痛みには様々な原因が考えられます。

 

なのでしっかりと原因となっている部位にアプローチをしなければなりません。

 

今回紹介したことが腰痛の全ての原因と限りませんが、可能性としては高いので

 

ぜひ試してみてください。

 

また、改善がみられない場合、他の原因も考えられるので

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

次回は後ろに反ったときの痛みについてお伝えします。^^

★こちらから★

【後ろに反るのがつらい!=原因と対処方法=】

 


★あわせてこちらもお読みください★

【腰痛の施術について】
【喜びのお声 ~腰痛・太もも前に電気が走る~】

【なぜ働いていない筋肉が痛みの原因なのか?】


 

 

もし現在、体の不調でお悩みでしたら

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆アークス整骨院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

2018年10月04日 11:33

子どもの膝の痛み 『オスグット』

オスグットの痛み

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

 

古川院長プロフィール


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

●お子さんが膝の前が痛いと言っている

●スネの骨が突出してきている

●正座やしゃがみ込ができない・・などの症状がある場合『オスグット・シュラッター病』を疑います

 参考文献:日本整形外科学会

 

◆オスグットとは・・?


痛む場所:お皿の下の骨

年齢:10~15才のスポーツが盛んなお子さんに多い

特徴:お皿の下の骨が徐々に突出し、少し当たるだけでも痛みが生じます。

   休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発することが多い。


太もも前の筋肉(大腿四頭筋)を使いすぎるために、スネの軟骨が過剰に引っ張られることで成長軟骨部が剥離している、または剥離しかけている状態を指します

 

オスグット

(整形外科学会よりお借り)


 

◆主な症状・原因は?


症状:ランニングやしゃがみ込み、踏み込み動作、ジャンプの着地で痛みが出現します。

 

原因:①太もも前の筋肉の使いすぎ

   ②足関節・股間節の硬さ

   ③膝のねじれ

   
【理由①】

ブレーキ筋の大腿四頭筋(太ももの前)とアクセル筋のハムストリングス(太ももの後ろ)の使われ方が問題にあげられます。本来、前に走るときは、アクセル筋のハムストリングスなどで推進力を生みだします。しかし、オスグットや膝蓋靭帯炎(お皿下の靭帯が痛くなる)の方は、ドスンドスンとブレーキをかける着地を行いながら、前に進んでいる方が大半です。自転車でたとえると、ブレーキをかけながらペダルを回している状態です。

 

股関節の使い方

 

上の図のように、股関節をうまく使えず、上半身が直立位になることで、膝の負担は増えます

 

 

【理由②③】

足関節や股間節に正常に働いていない筋肉(*1)があることで、関節が支えられずこのような体勢になってしまいます。この状態だとお皿の靭帯に負担がかかり、成長軟骨を引っ張てしまいます。

 

X脚が原因のオスグット

 

膝が内に入ることで牽引力があがり、より膝を痛めてしまいます。



正常に働いていない筋肉については
こちら→【施術方針】正常に働いていない筋肉とは?


 

 

◆オスグットの盲点

 

オスグットは脛骨(お皿の下の骨)に痛みが出現しますが、痛みのある箇所を細かく診ていくと内・中央・外と痛みのある箇所を分けることができます。この理由は大腿四頭筋の使われ方に偏りがあるため、押して痛みの出る箇所に変化が出現します。

 

内側が痛い→太ももの内側の筋肉が過剰に引っ張っています。


外側が痛い→太ももの外側の筋肉が過剰に引っ張っています。


中央が痛い→太ももの中央の筋肉が過剰に引っ張っています。

      
 

オスグット牽引力

(左膝)

 

治療では、過剰に引っ張っている筋肉をマッサージして緩めるより、引っ張れていない筋肉(正常に働けない筋肉)を正常に働けるように原因を探していきます。この「働けない筋肉」を「働ける」状態にすることで、過剰な引っ張りは消失します。

 

個人的には、オスグットなど膝の痛みを抱えている方は、首・背骨・骨盤にかけて前方に回転(ねじれ)していている方が多いです。そのため、使われる筋肉に偏りが生じ、痛みが発生しています。首や背骨の治療は必須です。

 

 

◆ストレッチだけでは、なかなか難しい・・

 

太もも前のストレッチだけでは難しいと感じています。

オスグットは大腿四頭筋の牽引力が原因と言われていますが、実際に診させていただくと、全く力が働いていない選手がいます。ユルユルの筋肉をひたすらストレッチしたところで状況は変化しません。

 

痛みを消失させるためには「なぜ太もも前をメインに使ってしまうのか?」を考察しないと痛みは変わりません。

そのため、『休めば治る』が再開すると『また痛みだす』という現象がいきます」

 

少し専門的で難しいですが、なぜハムストリングスが使えなくのか、過去ブログで説明しています。お時間ございましたら、こちらもお読みください

 

 

◆自分で対応する方法

 

痛みの原因は正常に働けない筋肉が存在することで、他の筋肉に負担がかかり痛みや関節のねじれが生じてしまいます。

ストレッチで改善されない方に、「正常に働けない筋肉」をご自身で治す方法をご紹介させていただきます!



 

①腸腰筋(ちょうようきん)

お腹の溝落ちあたりから、股間節に繋がる筋肉です。この筋肉が機能不全を起こすことで股関節を真っ直ぐ曲げることができず、膝がうちに入りやすくなります。またスクワット時に股関節を曲げることができず、膝が前に行き過ぎたり、体重がカカトに乗ってしまいます。

 

腸腰筋トレーニング

 

 

【股間節を曲げるトレーニング】

 

腸腰筋ケア

 

①背骨を真っ直ぐにする

②骨盤が丸まらないように手で押さえる

③膝が腰骨の少し内側を通るラインを意識して真っ直ぐ曲げる

 

注意点

・骨盤は絶対丸まらない→丸々と太もも前への刺激が増えます。

・股間節は腰骨の少し内側を通る→足が外に広がったりすると使われる筋肉が変わります。

 

*腸腰筋のみのトレーニングを目的にした場合、更に意識するポイントがあります。

 股関節を曲げる感覚を掴むためのトレーニングと認識してください。

 

 

②後脛骨筋マッサージ(こうけいこつきん)

後脛骨筋とは足関節を安定させる筋肉で、土踏まずを構成する筋肉です。

足首を安定させる作用がありますが、現代人は靴を履くため確実に悪くなっています。

この筋肉が悪くなると、着地時に足首が内側に倒れることで膝も付随して内側に倒れます。そのためX脚になり、膝の内側にストレスがかかり痛みが生じてしまいます。

 

*スネの内側に沿って軽く指圧していきます。

後脛骨筋は深部にあるため触れづらいですが、大まかなで結構です。

後脛骨筋ケア
画像:VisibleBody


動画にてケアの仕方をご紹介しています
 


 

◆痛み強い場合はアイシングも有効

運動直後に痛みみがある場合は、アイシングで痛みを散らすことができます。散らすと表現した意味は、アイシングは痛みを感じなくしているだけで、ケガ自体がよくなっているわけではないためです。運動直後以外の考え方としては、お風呂で温めたりして栄養のある血液を患部に届けるようにしましょう。

IMG_3225_コピー
アイシングパックと弾力性の包帯があると便利です。

アイシングを作る際は少量の水を入れることで、患部をまんべんなく冷やすことができます
IMG_3242_コピー

IMG_3154_コピー

IMG_3109-side_コピー

アイシングバックがない場合は、保冷材で代用してください。保冷材は凍傷の危険性が高いので、必ずタオルをまいてください

IMG_3236_コピー

詳しくはこちら
アイシングの仕方




◆当院がオスグットの治療で考えること


お膝の状態以外にも、首、背骨が真っ直ぐ伸ばせるか(背中の筋肉)、腰の骨のズレ、股関節やお尻の筋肉、腕の振り方や足の着き方・足指の使い方など、原因の可能性は多くあります。ふともも前の筋肉が使われすぎている状態を改善するために、お身体全体をしっかり診させていただく必要があります。


 

★合わせてこちらもお読みください★

【足の指使えていますか?】

【スポーツ外傷の施術について】

【喜びのお声 ~膝の外側の痛み~】

 

 

 

もし現在、オスグットや膝の痛みでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@で予約受付中

 

◇まとめ◇

・オスグットは成長期のスポーツ選手に多い

・オスグットの原因は多岐に渡る

・オスグット治療の盲点

・太もも前のストレッチだけで、完治は難しい

・全身を治療する必要がある

 


最後までお読みいただきありがとうございます!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆アークス整骨

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

2018年10月04日 11:27

膝の痛みを良くするセルフケア①

ひざ痛のケア

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

●膝が痛くて、病院で指導されてトレーニングをひたすらしている

●膝が痛いから、自分で何とかしたい

 

この様に、お悩みの方は多いのではないでしょうか?

今回は膝のトレーニングの前に行うセルフケアについてお伝えさせていただきます!

 

 

◆膝痛は、ふともも前の筋肉が弱い・・

 

膝痛でお悩みの方は、大腿四頭筋に力が入っていないことが多いです。

 

大腿四頭筋解剖図

 

 

大腿四頭筋は4種類あります。

(大腿直筋・だいたいちょくきん)(内側広筋・ないそくこうきん)

(中間広筋・ちゅうかんこうきん)(外側広筋・がいそくこうきん)

 

 

 

膝に痛みがある方は、この内側広筋に力が入っていないです。

 

一度、ご自身の太ももを触って確認してみてください

 

 

内側広筋の確認方法

 

 

 

 

左右と比べて、ペコペコしていませんか?

 

弱い方は要注意です

 

内側広筋は

膝が内側に入るのを防ぐ役割があります。

 

 

膝のX脚

 

膝が内側に入ること(X脚)で、

・膝の内側が引っ張られるストレス

・膝の外側が圧迫するストレスが、かかってしまいます

 

 

*半月板を痛めている方は常に圧がかかっている状態で、

圧がかからないように、膝周囲の筋力を戻すと痛みは軽減します。

 

 

◆よく指導されるトレーニング・・

 

太ももの内側を鍛えるメニューにタオルセッティングがあります。

 

 

 

 

ご自宅で、ひたすらタオルをつぶしても、

力が入りづらいことはありませんか?

 

その状態は神経の流れが悪くなり、

筋肉に力が入りづらい状態です。

 

力が入りづらい状態で、ひたすらトレーニングを頑張るより、

先にセルフケアを行い、力が入りやすい状態でトレーニングする方が効率的です。

 

 

◆神経の流れをよくする・・


セルフケアのポイントはここです。

 

ひざ痛内側のケア方法

 

 

この枠線内を、指で円を描くようにマッサージしましょう。

硬いところなどは、痛みが強くならないように注意が必要です。

 

この周辺をマッサージすることで、神経の流れや筋肉同士の引っ付きがはがれ

力が働きやすい状況になります。


画像:VisibleBody

 

 

◆意外に忘れられている場所・・


外側の筋肉がカチカチになることで、

内側の筋肉に力が入りづらい状態になることがあります。

 

少し分かりづらいですが、

①腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)

②大腿二頭筋(だいたいにとうきん)

③外側広筋(がいそくこうきん)

が引っ付いてしまうことが多いです。

 

▼セルフケア

右の図のように、膝外側を外から内に持ち上げるように軽くマッサージしましょう。

*円を描くようにマッサージするのも効果的です。

 

外側のケア

 

 

 

最後は少し専門的になってしまいましたが、

ひたすら言われたトレーニングやリハビリを行うだけでなく、

セルフケアを行い、筋肉の状態を正常戻した方が、圧倒的に治りが早いです。

 

 

1分で、かなりお身体の状態は変わります。

もし現在、膝の痛みでお悩みの方は、

一度試してみてください

 

ご不明な点はいつでも、ご質問おまちしております。

現在、膝痛でお悩みの方の一助になれば幸いです。


 

*膝の痛みでお悩みの方は

当院のひざ痛に関する施術のページもご覧ください

ひざ痛の施術について

画像をクリックすると、見ることができます

 


 

 

 

 

★合わせてこちらもお読みください★

【喜びのお声 ~膝~】

【足の指使えていますか?】

 

 

 


もし現在、膝の痛みでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

◇まとめ◇

・膝がいたい方は、太ももの内側の筋肉(内側広筋)が働いていない

・内側広筋が働かないことで、膝に過剰にストレスがかかる

・トレーニングの前に、セルフケアを行う

・外側の筋肉が硬くなることで力が入りづらくなっていることがある。

 

 

【編集後記】

ついにやってしまいました。。しないと決めていたのに。。

待ち受けが子どもの写真

だって、、可愛いから仕方ないですね。

まだLINEのアイコンは無事ですが、

これも時間の問題ですかね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆アークス整骨院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

2018年10月04日 11:02

めまいの原因と対処方法

めまい 八尾 河内山本 整骨院

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

最近よく、

めまいや頭のだるさでお悩みの方から、

ご相談を受けます。

 

また、治療していく中で

感じたことをお伝えしたいと思います。

 

少し難しい内容かもしれませんが、

病院でお薬だけ出されて

経過観察の方はぜひお読みください


 

(目次)

①めまいの症状と原因

②治療で感じる3つのこと

③セルフケアの仕方

 

 

◆「めまい」・・

 

症状は、

 

自分やまわりがぐるぐる回る・ふわふわしている。

気が遠くなりそうな感じ・眼前暗黒感・物が二重に見える・不安感・動悸・吐き気などがあります


 

すぐ病院へ!

激しい頭痛、呂律が回らない、手足が動かない、しびれ、

意識障害が急に生じた場合は、脳病変による疑いがあり、

命に係わる場合もあるので、すぐに病院へ直行しましょう

 


 

◆何が原因でめまいが起きるのか・・

 

バランス感覚に関わる、三半規管や前庭が上手く働かないことによる、めまいが最も多いです

 

耳の解剖

 

脳卒中、心臓疾患などによる

命にかかわる場合や、


高血圧症、脱水症、不整脈、熱中症、低血糖症、

貧血、心身のストレスなども、めまいの原因になります。



 

◆治療で感じること・・

 

寝返りやベットからの起き上がり動作で、

めまいを感じる方がほとんどです。

 

そして何人か診させていただくと、

たいていの方は首の筋肉に異常があります

 

特徴として、

この3つが多いように感じます。

(もちろん、もっとあります)


 


●頭が前に行く姿勢

 

頭が前にいく姿勢

 

 

頭を後ろで支える筋肉が働かず、

前にいくことで、脊髄を圧迫し

不調が出ていることがあります。

 

この体勢はめまい以外にも

肩こりや腰痛の原因になります。

 

猫背の方やパソコンなどの

デスクワークの方、

スマホをよく触る方に多いです

 

 

 

●首の骨がズレている

 

首の骨がずれることで

脳に行く血流が減り、

頭痛日中の眠気

だるさなども出現します。

 

あなたの日中の眠気や

寝ても疲れがとれないのは、

これが原因かもしれません。

 

首の骨の解剖

 

 

少しわかりづらいですが

赤(動脈)青(静脈です。

脳に行く唯一の血管です。

 

骨が少し回転やズレるだけでも、

簡単に流れが悪くなりそうですね

 

これに関しては、めまいやだるさ以外の

肩こりや腰痛、ひざ痛でも

起こっている方が多いです。

 

 

●頭の骨のズレ

 

めまい・頭痛でお悩みの方は

この側頭骨と言われる骨が問題になっていることが多いです。

 

頭蓋骨の回転

 

青色=側頭骨

 

側頭骨は耳とつながり、

バランス感覚と関わる

三半規管や前庭と深く関わっています。

 

この考えは治療家さんでも、

欠落していることがよくあります。

 

ただし側頭骨のみを

正すだけでは足りません。

 

頭蓋骨全体・首の筋肉も

同時に調整する必要があります。

 

この骨がずれることで、

内リンパ液といわれる三半規管などの

中にある液体が循環不良になり

悪影響を及ぼしている可能性もあります。

 

 

内耳

 

(注意:前後の回転以外にもスライドとか、いろいろ問題の可能性あります)

 

◆首のセルフケア

 

めまいや頭痛、耳鳴り、肩こりなど

首の影響が大きい場合、日ごろからのセルフケアを指導しています。

 

痛みが出ないように指先で軽く

10~20周マッサージしましょう

みみ周りのセルフケア方法

 

 

 

咬む筋肉のセルフケア図

 

 

【補足】

 

●耳の下は首の骨のズレに効果的です

首の筋肉の神経がこの部位から出てきます。

スマホの影響か首に不調が無くても、悪い方が多いです。

 

 

●頭アゴの横は頭蓋骨のズレに効果的です

 

噛む癖があるように左右で働いている筋肉が違います。

その影響もあり、頭の骨のズレを生んでしまいます

 

●アゴの下、裏は頭が前にズレるのを防ぎます

アゴを下に引く筋肉です。

これ以外にも、頭のズレを治す作用があり

とても重要ですが少しわかりづらいです

 

 

以上が、めまいや頭のだるさ

に効果的なセルフケアです。

 

以前からブログを診ていただいている方は

またこの画像か・・と感じたかもしれませんが、

 

悪くなりやすい部位なので、

何度もお伝えさせていただきます!

 

かなり重要ですよ!

 

そして、擦り切れて無くなるぐらいまで

酷使してやりますよ~!!

 

 

*ご不明な点はいつでも、

ご質問おまちしております。

現在、めまいや頭痛でお悩みの方の一助になれば幸いです。

 

参考看護roo

  日本神経学会

 

◇まとめ◇

 

・呂律が回らない・手足が動かないなどはすぐ病院へ!

・頭が前に行く姿勢→脊髄圧迫

・首の骨のズレ→日中の眠気・だるさ

・頭の骨のズレ→めまい、頭痛、耳鳴り

・セルフケア大切

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

★合わせてこちらもお読みください★

【喜びのお声 ~めまい~】

【ここをケアするだけで、体が楽になる】

【むくみの解消 ~セルフケア~】

 

 

もし現在、めまいでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆アークス整骨院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

 

2018年10月04日 10:51

立ち姿勢をきれいに見せる!~ 肩まわりのケア方法 ~

肩こり 腰痛 坐骨神経 脊柱管狭窄症 八尾河内山本整骨院_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール



 

前回、姿勢をキレイにするためには

菱形筋が大切とお伝えさせていただきました。

 

【前回要約】

肩甲骨はプカプカ浮いている状態で、

「腕をバランスよく吊る」ことが重要。


 

菱形筋(りょうけいきん)が働くことで、

・肩こりの解消

・姿勢がきれいになる

・肩甲骨周りがすっきりする

などの効果があります


→前回記事はこちら
 

今回は、ケアの方法をお伝えします!

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡


◇神経の流れ


少し難しいですが菱形筋

肩甲背神経(けんこうはいしんけい)

といわれる運動神経で指令が伝わります

 

神経の流れが悪くなると、

筋肉に信号がいきづらくなり、

筋肉の働きが悪くなってしまいます。

 

*神経の流れが悪くなる原因は

①骨のズレ

②筋肉などによる圧迫があります。

 

肩凝り肩甲挙筋

 

プロメテウス解剖学アトラス


少し見づらいですが、黄色の線が神経です

 

図をみると

首の骨のズレや筋肉が張ることで

簡単に圧迫を受けそうですね



◇ここをケア


ご自身で骨のズレを調整するのは

難しいため、神経が圧迫を受けやすい

ポイントをお伝えしていきます

 

菱形筋ケア方法

 

 

丸で囲んだ範囲は、

よく悪くなりやすい部分です

このあたりを重点的にケアしていきましょう!

 

肩甲挙筋ケア方法

 

●肩甲骨の周りのゴリゴリを4本の指先

をつかって円を描くようにしていきます。

 

*円を描くように10-20周

コリコリしている部分は重点的に行いましょう

 


◇それ以外にも考えること


●前鋸筋(ぜんきょきん)が張ると

肩甲骨は外側に移動してしまいます

 

前鋸筋の解剖図

 

 

前鋸筋は筋肉の方向は斜め、

神経は縦にいくため縦と横の2方向行ってください。

 

*指先で縦と横方向にそれぞれ10回ずつ

 

前鋸筋ケア方法


肩甲骨の前の部分

肋骨を触るイメージで行ってください

かなり激痛があると思います。


・肩が上がらいづらい
・肩こりの方は

確実に悪くなっています



●小胸筋(しょうきょうきん)が張ると、

肩甲骨が前に移動してしまいます

 

 

 

小胸筋解剖図

 


ポイントは2つです。


①胸の硬いところをゴリゴリする

小胸筋が張ることで、

肩甲骨をひっぱてしまうだけでなく

大胸筋に行く神経を圧迫してしまいます。


その結果、大胸筋が働きづらくなり、

より小胸筋に頼ってしまいます。

 

*指先で円を描くように10-20周

 

小胸筋ケア方法

 

 

②胸筋の端を持ち、横にズラス

胸筋全体を動かして、ストレッチや

動きをよくすることが目的です。

 

*胸筋を4本の指で持ち、

体の内側方向に10回程度動かす

 

小胸筋ケア方法2


 

肩甲骨が前や外に引っ張られていると、

猫背のような姿勢になり

菱形筋はさらに働きづらくなります

 

最近ではスマホやパソコンなど

手元での作業が多く、とくに悪い方が多いです

 

この4種類のセルフケアをするだけで、

かなり肩回りは楽になりますので、

是非参考にしてください

 

少し専門的で難しい内容でしたが、

肩こりや姿勢で困っている方の一助になれば幸いです

 

★あわせてこちらもお読みください★

【足の指使えてますか?】

 

【喜びのお声 ~五十肩~】

 

【肩こり・首痛・五十肩に効果抜群ケア方法!】

 

 

もし現在、

肩こりや姿勢でお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですので、

ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

◇まとめ◇

・菱形筋の神経は圧迫を受けやすい

・肩甲骨が前や外に移動することで、働きづらくなる

・ケアの方法



オンライン無料反暖_コピー
体に不調が出ていませんか?
あなたにピッタリのセルフケアをお伝えします


 

【編集後記】

ここだけの話ですよ、

実はガンバ大阪ファンなんです

J2降格圏から脱出して一安心してます。

でもまだまだこれから

若手の力で踏ん張れ!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498 

2018年10月03日 18:58

立ち姿勢をきれいに見せるなら、この筋肉が重要!

310455_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

・鏡を見たときに背中が丸まってる

・肩がうちに巻いている など


自分の姿勢を見たときに

ガックリした事はありませんか?

立ち姿勢がキレイな女性は、若く見えます。



猫背の姿勢だと

・歳をとってみられる

・肩こりや頭痛の原因

・内臓機能の低下 

などがおきてしまいます。


今回は特に重要な肩甲骨に

焦点をあててお話させていただきます!


 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 


◇猫背とは

背骨のS時カーブが崩れている状態です

 

背骨のS時カーブ


 

姿勢の比較



土台となる骨盤の治療は必須ですが、

それ以上に、腕や肩甲骨を吊る筋肉がとても大切です。

 

腕は肩甲骨を介して体と繋がっています。

しかし、肩甲骨は鎖骨としか繋がっておらず、

体との固定を筋肉に頼っている状態です。

 

簡単に言うと、

プカプカ浮いている状態です

 

そのため、

体との固定=「腕をバランスよく吊る」

ことがとても重要です。


この腕を吊る動作を、

筋肉が偏りなく働いていれば、

肩こりにはなりません。


しかし、

・お仕事でパソコンをよく使う

・リビングで同じイスに座って、

 常に同じ方向を向いてテレビをみている、、など


無意識のクセが原因で

筋肉の使われ方に偏りができてしまいます


その結果、

筋肉が凝る・硬くなってしまいます。



◇治療家の間でも勘違いされている筋肉。


菱形筋(りょうけいきん)をご紹介したいと思います!


腕を吊る働きだけでなく、

立ち姿勢も綺麗にする働きがあります


背骨と肩甲骨の内側をつなげる筋肉です。


この背骨に着いていることが重要で、

腕の重りを背骨(分かりやすくいうと体幹)

で支えることができます。


菱形筋は肩甲骨の内側にあり、

よく凝っていると思われていますが、

実際はペラペラで働いていないことがあります

 

菱形筋解剖図



菱形筋が正常に働いていないことで、

肩こりの原因である僧帽筋(そうぼうきん)が、

カチコチになってしまうことが多いです

 

僧帽筋解剖図



あなたの肩こりも、この筋肉が張っているからかもしれません。

 

(詳しく話すと、僧帽筋が働いていないこともあります。

それはまたの機会にご説明させていただきます)

 

 

 

◇左右の菱形筋が同時に働くことで

背骨を真っすぐに伸ばす力がかかります。

 

腕の重みが脊柱に加わっている様子



腕の重りが力となって、

さらに背筋が伸び、綺麗になります。


猫背の方は、菱形筋が働いていない方が多く、

肩甲骨も外に開いたり、肩が内巻きになります。


そのため、他の筋肉に負担がかかり

・肩が凝る

・頭痛がする

・猫背になる

・姿勢が悪く歳をとってみられる。

などの症状が出現している場合があります。

 

 

セルフケアはこちら

【肩周りのケア方法】

 

少し専門的で難しい内容でしたが、

肩こりや姿勢で困っている方の一助になれば幸いです

 

◇まとめ◇

・姿勢が綺麗だと年齢が若くみられる

・猫背の改善は菱形筋が大切

・全体で腕を吊ることが、できれば肩こりは解消される

 

 

【編集後記】

患者さんとゴルフの話になり「クラブ持ってないのでゴルフすることはないですね~」と、

話していたら、使っていないドライバーをいただきました。

とりあえず、、誰かゴルフを教えてください!じゃないと、防犯用のゴルフクラブになっちゃいます。。


最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【喜びのお声 ~めまい~】

【なぜ?頭の調整で腰痛が楽になるのか?】

【肩こり・首痛・五十肩に効果抜群ケア方法!】

 

 

もし現在、

肩こりや姿勢でお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですので

ご相談ください

LINE@で予約受付中

 


 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498 

2018年10月03日 18:50

【動画】 手首の痛み ケア方法 ~ 正常に働かない筋肉 ~

手首

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡


今回の動画

手首の痛み。ケア方法 働かない筋肉

 

重たい物を持つと手首が痛い。

腱鞘炎など手首周りを痛める方は多いです。

 

今回は、正常に働かない筋肉を用いて

手首の痛みのケア方法を説明しています。

 

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます。

 

【まとめ】

手首の痛み=働かない筋肉が原因

前腕伸筋を働かすためには橈骨神経(とうこつしんけい)が大切

 

 

 

【編集後記】

今回は、構成をあらかじめ考えていただので、

5takeぐらいで撮り終えました。

最初の挨拶で、いつも噛んでしまうので、

そのうちNG集でも出そうと思います


最後までお読みいただきありがとうございます!

 

★あわせてこちらもお読みください★

【その痛みマッサージだけでは、治りません!】

【なぜ?頭の調整で腰痛が楽になるのか?】

【肩こり・首痛・五十肩に効果抜群ケア方法!】

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498 

2018年10月03日 16:31

やせるだけでは膝の腫れが解消されない理由!②

膝の腫れ2

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回は膝が痛くて腫れている。

お医者さんに「膝の治療のために痩せたほうがいい」と言われたけど、

どうしたらいいかわからない方のために、お伝えさせていただきます!

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

結論から言いますと・・

膝が腫れている場合、お体の問題が必ずあります!

その悪いところを治さない限り、膝の腫れは引きません!


 

◆むくみとの違い

◇膝の腫れ→お皿周囲の腫れ ◇むくみ→太もも全体やスネやふくらはぎ周辺の腫れ

腫れが膝周囲だけの場合は関節に水がたまっていますが、足全体の場合はむくみを疑います。



◆体重が増えると●●倍もの負荷がかかる

体重が増えることで、膝への負担も増えます。

歩くなどの動きは衝撃が足に加わるため、体重以上の重みが膝にかかります



①歩行時3~4倍→

2kg体重増えると、膝への負担は2kg☓3倍の6kg増えています。



②階段では6-7倍

2kg☓6倍=12kg

体重が増えたことで、膝に増えた体重分以上の負担がかかります。




◆やせる前に体の問題を治す必要がある

関節に炎症や痛みがある際、関節の捻じれが生じています。

 

捻じれの原因として、主に4つの筋肉が挙げれます。

 

①お尻

②太もも前(大腿四頭筋)

③後ろ(ハムストリングス)

④ふくらはぎ


 

特に膝に痛みがある方は、

太もも前の筋肉はプニプニで全く働いていない事が多く、

膝を安定させることができません。


 

【膝の腫れるサイクル】

階段の下り→筋肉が正常に働いていないため、

膝が捻れた状態での着地→痛み、炎症→膝の腫れとなります。


 

 

◆半月板や関節軟骨損傷の場合

スポーツ中のケガの場合、半月板や靭帯、関節軟骨を損傷することがあります。

 

ケガをしてから時間が経過したものや手術後の状態だと、

必ず筋肉同士のひっつき(癒着)が存在します。

 

そのため筋肉や腱が本来の位置からズレることがあります。

そのズレが原因で半月板や関節の動きを阻害され、

動かした痛みや関節の引掛りが起きてしまいます。



 

◆自分で対応する方法

 

①腫れに対するアプローチ

 ソケイ部(股関節、Vライン)にはリンパや血管、神経が通る道があり、

圧迫を受けやすく詰まりやすい部分です。

円を描くように軽くマッサージしましょう。

20~30周程度

(右股関節の解剖図:青→静脈赤→動脈緑→リンパ黄色→神経

むくみのリンパマッサージ

 

 

②太もも前の筋肉を鍛える

 仰向けでねた状態で、床から反対側の膝の高さまで足を上下させます。

 足先は真っ直ぐ上を向けましょう。目標20回

トレーニング大腿四頭筋

 

 

 

 

③ふくらはぎのマッサージ

 膝の痛みがある方は、腰が原因の可能性もありますが、ふくらはぎの形が悪く、正常に働いないことが多いです。

膝裏、ふくらはぎの真ん中のラインを立膝の状態で軽くマッサージするだけでかなり改善されます。

痛みのない程度で5往復程度

ふくらはぎマッサージ

 

 

画像:VisibleBody

 

◇まとめ◇

・体重が増えることで、膝への負担は○倍も増える

・痛みの正体は、正常に働いていない筋肉が必ず存在する

・半月板や靭帯損傷では、筋・腱の位置のズレを治すことで傷みが解消される

・セルフマッサージで、痛み腫れの対応が可能


 

*膝の痛みでお悩みの方は

当院のひざ痛に関する施術のページもご覧ください

ひざ痛の施術について

画像をクリックすると、見ることができます

 



~~~編集後記~~~

去年まで高校サッカーチームにトレーナー帯同しておりました。今年の大阪予選の観戦に行ったとき、いつもピッチの中から試合を見ていましたが、今年は外のフェンスから観戦。なんだか寂しい気持ちになりながらも、高校生の成長した姿や、熱い想いが伝わってきて、目頭が熱くなりました。やっぱり学生スポーツはいいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

★あわせてお読みください★

【喜びのお声 ~膝~】

【こどもの膝の痛み ~オスグット~】

 

 

 

もし現在、お体のことでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@で予約受付中

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・慢性腰痛・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方は一度ご相談ください。

 

 

◆アークス整骨院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄河内山本駅徒歩2分

 072-976-4498 

2018年05月29日 13:06