HOMEブログページ ≫ 施術方針 ≫

ブログページ

【施術方針】正常に働いていない筋肉とは?

施術方針について

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール
 

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

正常に働いていない筋肉




お身体に痛みが出現している状態は
過剰に働いている(過緊張)の
硬く凝っている筋肉と


プニプニで柔らかい
「正常に働いていない筋肉」
が存在しています。



ひざ痛や腰痛、足首、肩の痛みまで
すべて同じことが言えます。



硬い筋肉をほぐすことで
一時的に楽になりますが、
なんの解決にもなりません。


その陰に隠れている
「正常に働かない筋肉」こそが
辛い痛みの原因でもあります



なぜ正常に働いていない筋肉が
本当の施術ポイントになるのか?


なぜ筋肉を正常に働かせることで
痛みが良くなるのか?

そのあたりを詳しくご紹介しています。

 

 
 
 
 
 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 


 

【まとめ】
・痛みの原因は正常に働かない筋肉
・痛みがある状態は混在している
・筋肉が働くことで、不調は良くなる



 

【編集後記】

カフェインを少し抜こうと思い、朝コーヒーをやめました。
が、、気づけばお昼にコーヒーを飲んでいました。
無意識こわい




最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【症状別の施術を説明】

【なぜ?頭の調整で腰痛が楽になるのか?】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年04月05日 12:00

【良くならない腰痛】お尻の筋肉がきちんと働いていますか?

腰痛の確認事項

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール
 

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

お尻の筋肉がきちんと働いていますか?




お尻の筋肉を触ってみてください。


奥まで指を押し込んだ際に
どちらかプニプニしていませんか?


そのような方は腰痛や慢性的に
足をお怪我された経験はありませんか?



このプニプニの原因はお尻で一番大きい筋肉
「大殿筋」が正常に働いていない可能性があります


お尻の筋肉図


大殿筋は股関節を
後ろに伸ばす働きがあります。


主に歩くときに地面を蹴る筋肉で、
大殿筋が働きづらくなることで
内ももやお尻の奥の細かい筋肉を
使うことになります


◇内転筋

内転筋図


◇細かい筋肉

外旋六筋図




その結果、骨盤が正しい位置に固定できず
捻じれてしまったり、坐骨神経を圧迫し
足の後面に力が入りづらくなります。





膝痛やオスグット・足首の痛みなど
お尻の筋肉を正常に働ける環境が
つくれるかどうかが重要な施術ポイントであります!




そのあたりを詳しくご紹介しています。

 

 

 
 
 
 

*画像をクリックすると動画が再生されます


 


 

【編集後記】

またATC遊びマーレに行ってしまいました。
年間パスとかあればいいのになと思ってしまいました。
おそらく買ったら買ったで行かなくなるパターンのやつだと思いますが。。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

 

【腰痛の施術について】
【喜びのお声 ~腰痛・太もも前に電気が走る~】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年03月26日 13:00

【専門家向け】機能低下している筋肉を発見する3つの方法

専門家向け

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

機能低下を発見するための方法!

 

 

今回は専門家向けの記事です。


知り合いのトレーナーから
良くならない選手がいるとのことで
その選手の立ち姿勢や足の形の
写真を送ってもらいました


その写真から悪い場所のめぼしを付けて
ケア動画と一緒に要点を送ったのですが
機能低下している筋肉を見つけるのが
難しいとのご質問をいただきました


私が実際にお身体をみる際は
歩く動作や姿勢である程度
状態を判断して施術に移ります


大まかに見つけて
細かく個別の筋を評価していく
これが大切です


個別の筋肉を評価する
3つの方法をお伝えしています


①徒手抵抗
②関節の抵抗の強弱
③触った感覚

 

 

 
 

 


*画像をクリックすると動画が再生されます

 

 


 

 

【まとめ】

・徒手抵抗と関節の抵抗は少し変わるだけで大きく変わる
・左右差を比べる
・触診は触った感じの筋繊維があるかどうか
・結局は筋肉の機能解剖学が大切


 

【編集後記】

ご質問ありがとうございます。
いつでも大歓迎です!
週末は子どもとATCの遊びマーレに
行ってきます!!楽しみだ!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【腰痛の施術について】
【膝の施術について】
【スポーツ外傷の施術について】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年03月02日 20:00

【動画】なぜ?頭の調整で腰が楽になるのか

脊髄圧迫2_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡


今回の動画

『なぜ?頭の調整で、腰が楽になるのか』

 

頭や首のズレが原因で

半身に力が入りづらい状態になります。

 

その結果、体重のかかり方に偏りができ

腰痛やひざ痛が出現している場合があります。

 

今回は、当院独自の考え

脊髄圧迫」についてお伝えさせていただきます

 

 

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます。

 

【まとめ】

・ほぼ全員半身の力が入りづらい状態

・頭や首の骨のズレが原因

・力が入りづらい状態は自分では気づけない

・痛い場所以外にも必ず問題がある

 

 

 

【編集後記】

うちの奥さんがジュニアの写真を

使ってLINEスタンプを作りました。

すごい時代になりましたよね。

でも、スタンプを使う習慣がないので、

宝の持ち腐れになりそうです・・

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【腰痛の施術について】

【喜びのお声 ~腰痛・尾骨の痛み~】

 

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2018年10月10日 13:00

【動画】 手首の痛み ケア方法 ~ 正常に働かない筋肉 ~

手首

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡


今回の動画

手首の痛み。ケア方法 働かない筋肉

 

重たい物を持つと手首が痛い。

腱鞘炎など手首周りを痛める方は多いです。

 

今回は、正常に働かない筋肉を用いて

手首の痛みのケア方法を説明しています。

 

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます。

 

【まとめ】

手首の痛み=働かない筋肉が原因

前腕伸筋を働かすためには橈骨神経(とうこつしんけい)が大切

 

 

 

【編集後記】

今回は、構成をあらかじめ考えていただので、

5takeぐらいで撮り終えました。

最初の挨拶で、いつも噛んでしまうので、

そのうちNG集でも出そうと思います


最後までお読みいただきありがとうございます!

 

★あわせてこちらもお読みください★

【その痛みマッサージだけでは、治りません!】

【なぜ?頭の調整で腰痛が楽になるのか?】

【肩こり・首痛・五十肩に効果抜群ケア方法!】

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498 

2018年10月03日 16:31

【必見】階段の下りで膝が痛い!その痛みはなに?

階段 ひざ痛

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

 

古川院長プロフィール

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

階段を下りるときに膝が痛い!

その原因をお伝えさせていただきます

 

 

◆階段は膝にかかる負担増↑↑

 

平地では、体重の3倍の負担

階段の昇降は、体重の5倍の負担が膝にかかると言われています。

 

 

 

◆階段で痛いのは、膝が捻じれているから・・

 

階段の下りで、膝が痛い方の特徴は膝が捻じれていることです。

 

・足を真っすぐ出すことができない

・股関節で着地の衝撃を吸収できていない

・足首を真っすぐ曲げれない(足首が硬い人含む)

・足の親指で地面を捉えることができない  ・・など


 

◆どう捻じれている・・?

 

おおまかに分けて3タイプあります。

例)太もも前の筋肉(大腿四頭筋)


 

〇正常な場合

内側と外側の筋肉同時に使うことで、

膝の過剰な捻じれは本来なら起きません

 

階段で膝がいたい

 

 

●膝が外に捻じれている場合

足の内側の筋肉が働かず、

外側の筋肉ばかり使ってしまっている状態

 

この場合の治療ポイントは「硬くなっている外側の筋肉」

ではなく、「正常に働いていない内側の筋肉」です。      

 

ひざ痛2

 

 

膝が内に捻じれている場合

足の外側の筋肉が働かず、

内側の筋肉ばかり使ってしまっている状態

 

この場合の治療ポイントは「硬くなっている内側の筋肉」

ではなく「正常に働いていない外側の筋肉」です。 

       

 

 

ひざ痛階段3

 

 

 

●前後のズレが起きている場合

太ももの前の筋肉が働きづらくなり、

階段の下りで体重を支えられない

 

この場合の治療ポイントは「太もも前の筋肉全体」です

 

ひざ痛前後のズレ

 


◆捻じれる原因は・・?

 

関節のねじれが起きる原因に必ず

「正常に働いていない筋肉」が存在します。

 

働きづらい筋肉があるために、

他の筋肉に負担がかかり「硬く凝っている筋肉」が誕生します。

 

詳しくはこちらから→【当院の治療方針】


 

 

◆治療はどのように捻じれているかの確認が必須

 

長いこと膝の治療を受けていても、特に変化の出ていない方は、

どの様に捻じれているかの評価がしっかりされていない場合があります。

 

ただ闇雲に膝周囲の硬い筋肉をマッサージしても、

痛みをとる限界があると感じています。

 

辛い痛みを解消するためには

「今のお身体がどうなっているのか?」

「なぜ痛みが出現しているのか?」の評価が大切になります。

 

もし現在、辛いひざ痛でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

 

 

 

◇まとめ◇

・階段の下りは体重の5倍負担がかかる

・内側の筋肉だけ。外側の筋肉だけ。片側だけ使うために膝が捻じれる

・階段の痛みが出現している原因はおおまかに3タイプ

・正常に働いていない筋肉が存在している


 

*膝の痛みでお悩みの方は

当院のひざ痛に関する施術のページもご覧ください

ひざ痛の施術について

画像をクリックすると、見ることができます

 


 


 

 

~~~編集後記~~~

震災で亡くなられた方に心よりご冥福をお祈りいたします。

自分の子どもできることで、今回小学生が亡くなられたことで強い衝撃をうけました。

今まではニュースがあっても、どこか`他人事`だった自分が恥ずかしいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

★あわせてお読みください★


【喜びのお声 ~膝~】

【膝が痛いときはココ!】

 

 

もし現在、お体のことでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@で予約受付中

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆アークス整骨院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

2018年06月18日 13:18

【必見】改善しない膝痛は上下の関節を診る!

ひざ痛 ぞうきん

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本 

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

ライター 肩こり 腰痛 坐骨神経 脊柱管狭窄症 八尾河内山本整骨院_コピー
 

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

なかなか膝の痛みが改善しないのは、

この考え方が抜けているかもしれません

 

辛いひざ痛を解消する方法は【ぞうきん絞りの法則】です!

 

 

 

◆足の解剖

 

足骨格

 

まずは解剖を確認していきましょう。

骨や関節の形を理解することで、動きのイメージがつきやすくなります。

(足骨=サイコロ状の骨をまとめさせていただきました)

 

 

◆次に関節の動きを確認しましょう

 

①股関節

骨盤と大腿骨で形成される関節です。

動き→横に開閉、回す,前後に屈伸など多くの動きができます

餅つきの臼(うす)と杵(きね)に似ている関節で、グルグル自由にまわすことができます。

 

股関節のうごき

 

②膝関節

大腿骨と脛骨・腓骨で形成される関節です

動き→屈伸のみです

一見左右に動きそうですが、強固な靭帯で覆われているために、前後の動きがメインとなります。

 

膝関節の動き

 

③足関節

脛骨・腓骨と足骨で形成させれます。

他にも関節はありますが、まとめて足関節とさせていただきます。

動き:横に内外転・上下に屈伸・内外にひねる(捻挫の姿勢)

   股関節と同様に多くの動きができます

 

足関節の動き

 

 

◆ぞうきん絞りの法則

 

膝関節は「曲げ伸ばし」の一方向の動きしかできません。

しかし、股関節・足関節は曲げ伸ばし以外にも、多方面に動かすことができます

この【膝は真っ直ぐしか動かないが、股関節、足関節はいろんな動きができる】ことが、

なかなか改善されない膝痛を治す肝となります。

 

 

ひざ痛み 上下

 

ぞうきん絞りをイメージしてください。

両端を握り、絞ることで徐々にネジリが出来ていきます。

 

 

同じことが膝痛でお悩みの方の足で起きています。

 

両端である股関節・足関節のネジレが、

膝関節に伝わり、曲げ伸ばし+ネジレの動きが起きてしまい、辛い痛みが生じます。

 

 

膝関節は一方向の動きしかできないのに、膝が捻じれたまま歩くことで、

正常な関節の動きができなくり、関節軟骨が擦り減ってしまいます。

そのため、膝が腫れ、痛みを助長してしてしまいます。

 

 

膝の捻じれのパターン

 

膝の捻じれは大きく分けて2つのタイプがあります。

 ①太ももが内に回転、ふくらはぎが外に回転

 ②太ももが外に回転、ふくらはぎが内に回転

 

ひざ痛でおきている足のねじれ

 

 

◆ひざ痛の治療以外にも、上下の関節の治療は必須

 

ぞうきん絞りの法則を適用すると、膝だけの治療と同時に股関節、

足関節の治療が必須になります。この考えは他の関節でも応用することができます。

例:肘関節の痛み→肩関節・手関節の動きの影響を受けるので、同じ理論で治療していきます。

 

 

◆股関節・足関節にネジレが出現する原因


関節のねじれが起きる背景に必ず「正常に働いていない筋肉」が存在します。


正常に働いていない筋肉があることで、下記のことが起こります

 ①骨を支えることが困難になり配列が崩れる(偏平足)

 ②「使える筋肉」しか働かず、関節のネジレが生じる

本来、筋肉が正常に働いていれば、ネジレは起こりません。


(例:偏平足)

ふくらはぎに正常に働いていない筋肉があるために、

足の骨を支えることができず、アーチが落ち偏平足になる。

偏平足になることで足関節が捻じれ、その力が膝に伝わり痛みが生じる・・・

 

 

詳しくは過去ブログ【治療方針】に記載しております。

ご興味のある方は是非お読みください

 


 

 


画像:VisibleBody

 

◇まとめ◇

・膝関節は真っすぐしか動かせない

・ぞうきん絞りの法則

・ひざ痛の治療は股関節・足関節の治療が必須

・正常に働いていない筋肉が関節のネジレを生み出す

・ひざ以外の治療でも、上下の関節の治療は必須


 

*膝の痛みでお悩みの方は

当院のひざ痛に関する施術のページもご覧ください

ひざ痛の施術について

画像をクリックすると、見ることができます

 


 


 

~~~編集後記~~~

古川ジュニアが可愛すぎて困ります。

他人の子どもも可愛いですが、

自分の子どもが一番だと思ってます。

おそらく皆さんそうですよね。

昔に流行ったNO.1よりOnly.1ですよ。

今日も早く帰ります。マッテテネ!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

★あわせてお読みください★

【喜びのお声 ~膝~】

【膝の痛みを解消するセルフケア】

 

 

 

もし現在、お体のことでお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@で予約受付中

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆アークス整骨院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

2018年06月12日 13:10

なぜ?『正常に働いていない筋肉』が痛みの原因になるのか

 

いつもありがとうございます。

ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院の古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回は当院の施術方針である
「なぜ正常に働いてない筋肉が痛みの原因なるのか?」について説明していきたいと思います

 

この内容は一般の方にでも、

分かりやすくするために簡潔にしています。

====================

 


◆正常に働いていない筋肉とは?


そもそも正常に働いていない筋肉とは何のか・・
それは硬くて凝っている筋肉の裏側に潜む筋肉のことです。

分かりやすく言えば、力が入りづらい筋肉のことを指します。
足の指をグーと曲げてみてください。
この時に曲げづらい指はありませんか?

親指だったり、小指だったり。
その曲げづらい指=指を曲げる筋肉がきちんと働いていません。
指を曲げやすい筋肉は、筋肉がきちんと働いている(使えている)状態です。

この使えていない筋肉を、「正常に働かない筋肉」と私たちは読んでいます。
専門用語では「機能不全」と呼びます。



 

◆例:腰を真っ直ぐ伸ばすと痛い


分かりやすくするために、

身体を伸ばす際に使う筋肉を2種類あげます。

 

左図:広背筋(こうはいきん)

右図:脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)

 

両方とも骨盤から背骨・肋骨と筋肉がつき、

縦に長く体幹を後方より支える働きがあります

 

腰を伸ばしていたい

(参考図 Visible Bodyよりお借り)

 

 

◆腰を真っ直ぐ伸ばして痛いはどういう状態?


腰を伸ばす際に、同時に働く2つの筋肉。

 

もし仮に広背筋が正常に働いないとすると、

脊柱起立筋に頼って腰を伸ばすしかありません。

 

正常は、広背筋50%:脊柱起立筋50%で効率よく腰を伸ばしているとします。

広背筋が正常に働いていない場合、広背筋10%:脊柱起立筋90%と一部の筋肉に頼ってしまいます。

この一部の筋肉に頼り切っている状態が痛みや凝り感を生じさせます。

 

腰を伸ばして痛い腰痛

 

 

◆広背筋を正常に働かせることが施術目的

広背筋を正常に働けるようにすることで、

一部の筋肉に過剰にかかる負担を減らすことができ、

効率よく動くことができます。

 

 

例えば、広背筋が正常に働いていない原因として、

・頸椎の歪み

・背骨・骨盤の歪み

・広背筋の神経の出口の圧迫

・肋骨に対する筋肉のひっつきなどが挙げられます

 

それだけでも痛みは改善されますが、

広背筋と同時に使われる筋肉も

正常に働いていない可能性があるため、

運動連鎖を考え調整したほうが効果も良く、長続きします。

 

そのため当院では正常に働いてない筋肉を把握し

、原因を取り除くのと同時に日常生活で一緒に使われる筋肉も同時に治療していきます


動画で分かりやすく解説しています
 

*真ん中を押すと動画が再生されます
 


 

★あわせてお読みください★

【膝の施術について】
【腰痛の施術について】
【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

 

LINE@で予約受付中

 

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上続く腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・圧迫骨折・慢性腰痛

変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方は一度ご相談ください。

 

アークス整骨院  

  大阪府八尾市山本町南1-7-12

  近鉄河内山本駅徒歩2分

  072-976-4498 

  緊急)090-6823-3699

 

●診療時間<予約優先制>

  10:00~13:00/15:00~21:00(最終20:30)

  (木10:00~1400)休:日 

  *土夜・祝日診療してます

2018年01月19日 15:00

痛みの原因を考える ~ 当院の施術方針 ~

会社ロゴ

いつもありがとうございます。

3年以上治らない

ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院の古川智章です。

(@arcx1101)

 

今回は私たちが考えている痛みの

原因についてお伝えさせていただきます。


 

当院は慰安マッサージは

一切おこなっておりません。



硬い筋肉をほぐしても

無意味だと考えるからです。

 

慰安マッサージを行わない理由は、

つらい痛みの原因は「正常に働いていない筋肉」が

重要だと考えているからです。



◆その「正常に働いていない筋肉」とは?

それは、硬い・凝っている筋肉の影に隠れている、上手く使えていない筋肉のことです。


使えなくなる原因はたくさんあります。


神経が圧迫されることで伝達ができない

②筋肉が他の組織と引っ付いてしまっている

③反対の働きのする筋肉が張りすぎている

④骨の歪み、、、など

 

筋肉を押したときの弾力で簡単に判断することができます。これは痛みの抱えている方やアスリートでもほぼ100%起きている状態です



◆なぜその正常に働いていない筋肉が施術ポイントになるのか?

硬く凝っている筋肉は、正常に働いていない筋肉の代わりに過剰に働いているため硬くなってしまいます。きちんと働いていない筋肉を施術することで、負担が分散され、硬く凝っている筋肉は正常の弾力に戻ります。


◆正常に働いていない筋肉をほっておくとどうなるの?

きちんと働いていない筋肉に目を向けず、硬くて凝っている筋肉ばかりを対象に施術すると一時的には楽になりますが、日常生活でその筋肉に頼った状態が良くなっている訳ではないので、再度硬く凝っている状態に戻ります。よくマッサージはその場しのぎと言われるのは、このためです。

 

 

働けない理由が痛みの原因

 

働かない筋肉も働けない理由があります。その理由が辛い痛みの原因であり、本当の治療ポイントです。

働けない原因を取り除くことで正常化した筋肉は体の動きも正常にし、一部の筋肉に頼って痛みを出していた状態を改善してくれます。

 

★あわせてお読みください★

 

【腰痛の施術について】
【喜びのお声 ~腰痛・尾骨の痛み~】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

◆アークス整骨院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

 

LINE@で予約受付中

 

2018年01月18日 08:12