HOMEブログページ ≫ 【ひざ痛】膝の内側が痛いときの原因 ≫

【ひざ痛】膝の内側が痛いときの原因

膝の内側が痛くなる理由_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

膝の内側が痛いときの原因を説明!



・歩くときに膝がいたい
・立ち上がり時に膝がいたい
・正座ができない・・
などでお困りでありませんか?


なぜ膝痛がおきるのか?

膝の痛み=ネジレが原因です。ねじれた状態で動かすために痛みが生じます。
ねじれが生まれる原因には股関節や足首が関係します。股関節や足首がねじれることで、そのねじれが膝まで伝わり、本来膝は真っすぐ曲げ伸ばししかできませんが、ねじれた状態で曲げ伸ばしすることになり膝に痛みが走ります


【詳しくはこちら】
→改善しない膝痛は上下の関節を診る


膝のねじれの種類

太ももの骨に対して、スネの骨が内向きに回転することを内旋。外向きに回転することを外旋と言います。
それぞれ内旋・外旋のどちらかになることで、膝関節にかかるストレスが変化します

膝の内外旋-side_コピー


ねじれた状態が続くと・・


スネが外側に回転することで、膝の内側の靭帯や筋肉は引っ張れることになり、逆に膝の外側は圧力が加わります。


ねじれた状態で歩くことは、この内側に引っ張る力や外側に圧力がかかった状態で歩くことになります。
不必要な力が加わった状態が続くと、靭帯や関節を包む膜、筋肉に対して炎症がおき、痛みを感じるようになります。


それ以外にも、ねじれは関節軟骨にかかる圧力に偏りを生みます。偏りが生まれた関節軟骨はすり減っていき痛みを助長させていきます。


膝の内側が痛い場合はこのどれかに炎症がおきています
膝の内側の痛み_コピー

なぜネジレが生まれるのか・・?

それは筋肉に問題があるためです。

触るとプニプニの「正常に働いていない筋肉」があるため、骨を正常に引っ張ることができず回転がうまれます


スネが外側に回転を例にした場合、スネを内側に引っ張る筋肉が正常に働いていません。


四頭筋正常2-side_コピー

内側に引っ張る筋肉が正常に働くことで、外側に回転する力に対抗できます。
そもそも両方きちんと働いていれば、真っすぐ足を地面につくことができるため、膝のねじれはうまれません。

主に働いていない筋肉は・・・
詳しくは動画でご確認ください




 

↓↓詳しくは動画をごらんください↓↓



 

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 

 

*膝の痛みでお悩みの方は

当院のひざ痛に関する施術のページもご覧ください

ひざ痛の施術について

画像をクリックすると、見ることができます

 

 

 

 

【編集後記】

ひさしくブログを更新せず、すみません。。気になっているであろうリンタロは順調に育っています。保育園に行きだしてから甘えたさんになり、以前はよく歩いてくれていたのですが、今はすぐ抱っこと言って目の前に仁王立ちし抱っこをせがまれます。知恵もついてきて、成長を感じています

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【喜びのお声 ~膝~】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年06月17日 10:00