HOMEブログページ ≫ 【セルフケア】足の小指で腰痛を良くする! ≫

【セルフケア】足の小指で腰痛を良くする!

足の小指で腰痛を良くする

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

腰痛を良くするための小指のケア方法をご紹介します


 

 
前回に、なかなか良くならない腰痛でお悩みの方は小指が原因かもしれない。とお伝えさせていただきました。
【腰の痛みが治らないのは小指が原因!?】

ざーと説明すると小指の(第五中足骨・だいごちゅうそくこつ)と呼ばれる骨が回転することで、足のサイコロ上の骨もズレてしまい足首の可動域が狭くなります。硬くなった足首の代わりに、膝や股関節・腰が過剰に動くようになり痛みが生してしまいます。


 
第五中足骨回転

ただ小指が回転してる危険性は、それだけでなく足や腰回りの筋肉をひっぱってしまう事です。

足裏への引っ張り

筋肉は引っ張れることで、正常に働きづらくなります。(ゴムが伸ばされた状態を長期間維持していると、戻る力が弱くなることをイメージしてください)


何回もこのブログでご紹介していますが「正常に働かない筋肉」の代わりに、過剰に働く筋肉が出現します。
それは硬く凝りを感じる筋肉で、みなさまがツライと思っている筋肉です。


整骨院などで腰ばかりを施術してもらい、その場では良くなるけれどまた調子が悪くなるなどでお悩みの方は、この筋肉が正常に働いていないことが原因です


では、腰痛を良くするためには、どうすれば・・?


筋肉が引っ張られていることが原因であれば、その引っ張りを解消してあげると筋肉は正常に働きだします。


引っ張りが多いのが、足首まわりや足の裏です。今回は腰回りの筋肉を正常に働かすために、足の裏への引っ張りを解消するケア方法をご紹介しています




↓↓詳しくは動画をごらんください↓↓


 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 

 

 

 

 

 

【編集後記】

暑い日が続いていますが、体調大丈夫でしょうか?熱中症がこの時期は一番おおいので、お気をつけください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【腰痛の施術について】
【喜びのお声 ~腰痛・尾骨の痛み~】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年05月27日 10:00