HOMEブログページ ≫ 【腰痛】腰の痛みが治らないのは、足の小指が原因!? ≫

【腰痛】腰の痛みが治らないのは、足の小指が原因!?

良くならない腰痛

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

腰痛の必須ポイント


 

 
なかなか良くならない腰痛でお悩みの方は、ご自身の足の小指を確認してみてください。
指が回転していたり、指が広がっていたりしていませんか?
 
 
現代人はコンクリートで舗装された道を、靴を履いて生活しています。靴自体もクッション性やヴィジュアル重視で足の機能を考えた靴はあまりありませんし、街中で履いている方は少ないです。
 

今回とくに注目してほしいのが、小指を足の甲までたどった先にある「第五中足骨(だいごちゅうそくこつ)」と呼ばれる足の甲にある骨です。

 
第五中足骨


この第五中足骨はサッカー選手で骨折が多い場所で有名で、香川選手や小野選手が経験しています。とくに血流が悪く治りづらい骨折でもあります。
 
 
この第五中足骨が図のように内側に回転していませんか?
 
第五中足骨回転

原因は多々あるのですが、主に長腓骨筋と呼ばれる筋肉が正常に働いていません。
 
長腓骨筋


長腓骨筋が働かないことにより
・骨を支えることができない
・アーチの低下
・親指に体重がかけづらい
などの症状が出現します。
 
 
そのため足の機能が低下して、骨が回転します。この骨が回転することにより、足のサイコロみたいな小さな骨にもズレが生じ、足の可動域が硬くなります。


その結果、他の関節が過剰に動くことに・・過剰に負担がかかった関節や筋肉は炎症をおこし痛みが発生してしまいます。
 
 
ただ、回転していることの悪影響はそれだけでは、ないのです・・・



↓↓詳しくは動画をごらんください↓↓


 

 

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 

 

 

 

 

 

【編集後記】

子どもが胃腸炎にかかりました。寝てるときに突然吐いて。よく晩御飯食べてたから食べすぎか~と思ってたら、翌日も保育園で吐く。今朝はすでにピンピンしてました。子どもの回復力おそるべし

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

 

【腰痛の施術について】

 

【なぜ?頭の調整で腰痛が楽になるのか?】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年05月16日 10:00