HOMEブログページ ≫ 【脊柱管狭窄症】1日30秒を続けると、歩くのが楽になる! ≫

【脊柱管狭窄症】1日30秒を続けると、歩くのが楽になる!

脊柱管狭窄症

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール
 

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

脊柱管狭窄症のケアの方法です!




脊柱管狭窄症とは・・
何らかの原因により脊柱管が圧迫を受け、足にだるさや痛みを生じることを言います。
間欠性跛行という5分程度歩くと足やお尻が痛くなり、休憩(前かがみ)すると、再度歩けるようになるという特徴的な所見があります。自転車ならどこまでも行けるという方も多いです(バイシクルサイン)


脊柱管狭窄所_コピー
*日本整形外科学会

詳しくは別ブログを最後に乗せておきます



脊柱管狭窄症でお悩みの方は、
背中が伸ばしづらい方が多いです。



その結果、上半身は丸まったまま
腰を伸ばして姿勢を作ろうします。
そのために痛みやだるさが
生じている方がほとんどです。



背中が楽に伸ばすことができることで、
腰への負担は減ります。ただご年配の
方は背中自体が固まってしまっている
ことが多く注意が必要です。



それは今まで固めていた場所が
動き出すことによる、関節への
負担もあるためです。



私たちが施術する際は背骨の動き
を考慮して施術させていただき
ますが、セルフで行う場合は
特に注意が必要です。



セルフケアを行ってみて、
痛みやだるさが強くなった場合は
やめておくか、ご相談ください。



是非この背中の丸みを
解消するケアを行ってみてください。
猫背の方にも効果的です!

 
 
 
 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 

こちらでご紹介しています!
  
脊柱管狭窄症とは?


 

【まとめ】
・背中が丸まると腰への負担↑
・胸の中央や腹筋が大切
・骨からはがすイメージ
・円を描くでもOK
・やりすぎ注意!



 

【編集後記】
最近、朝活をはじめてみました。
5時に起床しモーニング食べながら
勉強したり本読んだり。
でも3日/週ぐらいですけどね笑
日数が増えるのか、減るのか・・・


 


最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

脊柱管狭窄症の施術について】
【喜びのお声 ~体中の不調・腰痛~】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。腰痛・膝痛の専門

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年04月16日 12:00