HOMEブログページ ≫ 【VOL.2】足首を安定させ、膝の捻じれや痛みを取る方法 ≫

【VOL.2】足首を安定させ、膝の捻じれや痛みを取る方法

シンスプリント

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回の動画

足首を安定させて、膝のねじれを取る方法vol.2

 

 

前回をまだご覧になっていない方は

まずはそちらから見ていただきますと

理解がより深まりますので

VOL.1からご覧ください

 

ブログはこちらから→VOL.1

 

 

 

・足首を安定させる

・内側に体重をのせる

・親指を使えるようにする

・膝のネジレをとる

ためには足の外側にある筋肉

「長腓骨筋」ちょうひこつきん

が正常に働く必要があります

 

 

実際に膝痛や足首の痛みで

お悩みの方は、長腓骨は働いていません

 

 

そのために足の着き方が変わり

そのネジレが膝や股関節に

連動していきます

 

 

スポーツでは、足首の痛みだけでなく

シンスプリントの痛みを解消する

キーポイントでもあります

 

 

シンスプリントとは

スネの内側の痛みが特徴的な

ケガですが

 

 

以前ご紹介しました後脛骨筋に

過剰に負担がかかることで

骨膜が引っ張れ痛みを生じます

 

 

簡単な話、後脛骨筋に

頼りきった状態を解除すれば

過剰な骨膜のひっぱりは消失し

痛みを軽減することができます

 

 

足のトラブルや膝の痛み

歩き方がおかしいよと言われた方は

ぜひお試しください!(^^)!

 

 

*足のアーチをつくる!

後脛骨筋ケアと一緒に行うことをお勧めします!!

 

 

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 

 

①長腓骨筋(ちょうひこつきん)

 

長腓骨筋

 

長腓骨筋2

 

②長母指屈筋(ちょうぼしくつきん)

長母指屈筋 1_コピー

 

 

 

【まとめ】

・足首の安定性に関わる筋

・内側に体重をのせるために必須

・足底の中央や小指の付け根の骨の下を狙う

・硬いところ=悪いところ

・足底は骨に付着するため、深部まで行う

・親指を曲げる筋肉も大切

・横にある骨の裏側をさわる

 

 

【編集後記】

家に帰ったら、

こんなおもちゃがありました

車のおもちゃ

(これではありません)

 

アクセルやブレーキ音が鳴るタイプで

夜な夜な自宅に暴走族が出現しています

春の交通安全までには、

安全運転を教えたいと思います

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

★あわせてこちらもお読みください★

【喜びのお声 ~膝~】

【なぜ?頭の調整で腰痛が楽になるのか?】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上治らない。
腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年02月06日 12:00