HOMEブログページ ≫ 【が足炎】膝の内側に痛みがある時の対処方 ≫

【が足炎】膝の内側に痛みがある時の対処方

写真 2019-01-09 16 22 59_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

 

膝の内側に痛みがある方に特徴的な症状は
「鵞足炎(がそくえん)」があります。


整形外科で「鵞足炎」で診断され、
痛み止めと湿布だけで経過観察の方や
「その内に治るかな・・・」と
放置されていませんか?


今回はご自身で治せる
膝の内側に痛みがある時の対処方法』を
ご紹介させていただきます!


 

◆スネが回転
 

膝の内側に痛みがある場合、

スネの骨が外向きに回転している事が多いです

(もちろん内に回転している方もいますが)

 

 

 

スネの回転に深く関わる筋肉に

・縫工筋(ほうこうきん)

・薄筋(はくきん)

・半腱様筋(はんけんようきん)があります
 

 

 

この3つの筋肉がスネに付く形がガチョウに

似ていることから鵞足(がそく)と呼ばれています
 


鵞足の見比べ_コピー


 

その鵞足部で癒着を起こすことで

筋肉が正常に働けなくなることで
他の筋肉に負担がかかり痛みが出現しています



*詳しくはこちら
痛みの原因の正常に働いていない筋肉とは?



 

是非、膝の痛みで困っている方は

こちらのセルフケアをお試しください


 

炎症が起きた状態の鵞足炎でお困りの方は

患部に直接刺激を加えるために

ご注意ください


 

詳しい方法は
動画をご覧ください

 

 

*画像をクリックすると動画が再生されます

 

 

がそく

*参考図 ザムスト

 

 

【こちらもオススメ!】

鵞足炎や膝の内側を傷めている方は、
あわせてコチラもご確認ください
鵞足炎の詳しい説明とセルフケア
をご紹介しています

膝のねじれをとってスタスタ歩ける方法

 

【まとめ】

・膝の内にある鵞足(がそく)
・癒着することで、働きづらくなる
・スネの骨を内側に回転することができない

・膝の安定性にも関わる

・骨から下腿部位をはがすイメージ(シールはがす)

・炎症が起きている場合は注意

 

 

*膝の痛みでお悩みの方は

当院のひざ痛に関する施術のページもご覧ください

ひざ痛の施術について

画像をクリックすると、見ることができます

 


【編集後記】

先日、久しぶりに関西大学前を通りました。

22時ごろ、「夜はまだまだこれからだぜーーー」

みたいな活気あふれる学生でいっぱいでした。

自分は歳をとったな・・と再認識しました。

心はまだまだ中学生の古川でした

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

★あわせてこちらもお読みください★


【喜びのお声 ~膝~】

【膝が痛いときはココ!】

【膝の内側が痛い!その原因と対処方法】

 


 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください


アークスLINE4

 

 

3年以上治らない。

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2019年01月10日 10:00