HOMEブログページ ≫ 喜びのお声 〜サッカーでの股関節の痛み〜 ≫

喜びのお声 〜サッカーでの股関節の痛み〜

喜びの声 股関節

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は、股関節の痛みで悩んでいた

小学生のサッカー選手の喜びのお声をご紹介したいと思います!


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

①どの様な症状でお悩みでしたか?

1ヶ月間ずっと痛かった。歩いたり、走ったりしたら、すごく痛かった。

補足(母)股関節の痛みで約1ヶ月サッカーができず、歩いても痛みのある状態でした。

 

②施術を受け、今はどのような状態ですか?

1日で痛くなくなって、痛くなかったとこもしてくれて、体がすごく軽くなった感じ。

(母)1時間以上も丁寧に施術して頂きました。そのあとは、

息子が「痛くなる前より歩きやすい!また来よな!!」と、とても嬉しそうでした。


③他院の施術と比べ、どのような点が違いますか? 

他院とは違って、ちゃんとマッサージみたいなのもしてくれて、超オススメ!

(母)本当に丁寧で、「よくしてあげたい」「痛みをとってあげたい」という古川先生の思いがとても伝わります。

痛む場所だけではなく、全体的にとても細かく熱心に施術してくださります。

 

④どういった方に当院の施術がオススメですか? 

とても重症な人。

理由、1日でよくなるから

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

サッカーの試合中、

ズキッと急に痛みがはしり、歩くのすらままならない状態に。

 

お体を見させていただくと、足は内を向くように捻じれ

 

上半身がバランスをとるために反対側にねじれ、

無理やり正面を向いている状態でした。

 

イメージは雑巾を絞っているような感じです。

股関節の痛い_コピー

 

腰周りや首・肋骨の動きを調整して、

いきついた先は足首でした。

 

腹部全体を足首の周囲に方向に引っ張りが強い。

そのため、股関節を曲げるだけでも痛みがありました。

 

(専門家の方向けにお伝えすると、

坐骨神経絞扼×・股関節内旋→大腿筋膜張筋が内側に癒着

内外側ハムの癒着・腓腹筋×・長腓骨筋×→代償によって

短腓骨筋あたりに組織が集まっている状態。)

 

ある程度、筋肉の状態を戻して歩いてもらうと、

足を引きずりながら「痛くない」と。。

 

首の筋肉(肩甲挙筋)や胸の背骨を再度調整し、

歩いてもらうと足の引きずりは消失しました。

 

「サッカーができる!」と満面の笑みで帰って行かれました。

 

 

★合わせてこちらもお読みください★

【スポーツ外傷の施術について】

【こどもの膝の痛み ~オスグット~】
【アイシングの仕方について】

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですのでご相談ください

LINE@で予約受付中

            

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

◆アークス整骨院

 大阪府八尾市山本町南1-7-12

 近鉄  河内山本駅  徒歩2分

 072-976-4498 

2018年10月04日 11:45