HOMEブログページ ≫ 立ち姿勢をきれいに見せる!~ 肩まわりのケア方法 ~ ≫

立ち姿勢をきれいに見せる!~ 肩まわりのケア方法 ~

肩こり 腰痛 坐骨神経 脊柱管狭窄症 八尾河内山本整骨院_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

八尾市 河内山本

3年以上治らない ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール



 

前回、姿勢をキレイにするためには

菱形筋が大切とお伝えさせていただきました。

 

【前回要約】

肩甲骨はプカプカ浮いている状態で、

「腕をバランスよく吊る」ことが重要。


 

菱形筋(りょうけいきん)が働くことで、

・肩こりの解消

・姿勢がきれいになる

・肩甲骨周りがすっきりする

などの効果があります


→前回記事はこちら
 

今回は、ケアの方法をお伝えします!

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡


◇神経の流れ


少し難しいですが菱形筋

肩甲背神経(けんこうはいしんけい)

といわれる運動神経で指令が伝わります

 

神経の流れが悪くなると、

筋肉に信号がいきづらくなり、

筋肉の働きが悪くなってしまいます。

 

*神経の流れが悪くなる原因は

①骨のズレ

②筋肉などによる圧迫があります。

 

肩凝り肩甲挙筋

 

プロメテウス解剖学アトラス


少し見づらいですが、黄色の線が神経です

 

図をみると

首の骨のズレや筋肉が張ることで

簡単に圧迫を受けそうですね



◇ここをケア


ご自身で骨のズレを調整するのは

難しいため、神経が圧迫を受けやすい

ポイントをお伝えしていきます

 

菱形筋ケア方法

 

 

丸で囲んだ範囲は、

よく悪くなりやすい部分です

このあたりを重点的にケアしていきましょう!

 

肩甲挙筋ケア方法

 

●肩甲骨の周りのゴリゴリを4本の指先

をつかって円を描くようにしていきます。

 

*円を描くように10-20周

コリコリしている部分は重点的に行いましょう

 


◇それ以外にも考えること


●前鋸筋(ぜんきょきん)が張ると

肩甲骨は外側に移動してしまいます

 

前鋸筋の解剖図

 

 

前鋸筋は筋肉の方向は斜め、

神経は縦にいくため縦と横の2方向行ってください。

 

*指先で縦と横方向にそれぞれ10回ずつ

 

前鋸筋ケア方法


肩甲骨の前の部分

肋骨を触るイメージで行ってください

かなり激痛があると思います。


・肩が上がらいづらい
・肩こりの方は

確実に悪くなっています



●小胸筋(しょうきょうきん)が張ると、

肩甲骨が前に移動してしまいます

 

 

 

小胸筋解剖図

 


ポイントは2つです。


①胸の硬いところをゴリゴリする

小胸筋が張ることで、

肩甲骨をひっぱてしまうだけでなく

大胸筋に行く神経を圧迫してしまいます。


その結果、大胸筋が働きづらくなり、

より小胸筋に頼ってしまいます。

 

*指先で円を描くように10-20周

 

小胸筋ケア方法

 

 

②胸筋の端を持ち、横にズラス

胸筋全体を動かして、ストレッチや

動きをよくすることが目的です。

 

*胸筋を4本の指で持ち、

体の内側方向に10回程度動かす

 

小胸筋ケア方法2


 

肩甲骨が前や外に引っ張られていると、

猫背のような姿勢になり

菱形筋はさらに働きづらくなります

 

最近ではスマホやパソコンなど

手元での作業が多く、とくに悪い方が多いです

 

この4種類のセルフケアをするだけで、

かなり肩回りは楽になりますので、

是非参考にしてください

 

少し専門的で難しい内容でしたが、

肩こりや姿勢で困っている方の一助になれば幸いです

 

★あわせてこちらもお読みください★

【足の指使えてますか?】

 

【なぜ?頭の調整で腰痛が楽になるのか?】

 

【肩こり・首痛・五十肩に効果抜群ケア方法!】

 

 

もし現在、

肩こりや姿勢でお悩みでしたら、

些細なことでも結構ですので、

ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

◇まとめ◇

・菱形筋の神経は圧迫を受けやすい

・肩甲骨が前や外に移動することで、働きづらくなる

・ケアの方法

 

【編集後記】

ここだけの話ですよ、

実はガンバ大阪ファンなんです

J2降格圏から脱出して一安心してます。

でもまだまだこれから

若手の力で踏ん張れ!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節

半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498 

2018年10月03日 18:58