あなたの求めていた“治療”あります

河内山本 八尾 アークス整骨院

HOMEブログページ ≫ なぜ正常に働いていない筋肉が痛みの原因になるのか? ≫

なぜ正常に働いていない筋肉が痛みの原因になるのか?

 

いつもありがとうございます。

 

3年以上治らない

ひざ痛・腰痛専門治療院

アークス整骨院の古川智章です。

(@arcx1101)

 

ライター 肩こり 腰痛 坐骨神経 脊柱管狭窄症 八尾河内山本整骨院_コピー

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

今回は「なぜ正常に働いてない筋肉が痛みの原因なるのか?」について説明していきたいと思います

 

この内容は一般の方にでも、

分かりやすくするために簡潔にしています。

====================

 

◆例:腰を真っ直ぐ伸ばすと痛い


分かりやすくするために、

身体を伸ばす際に使う筋肉を2種類とりあげます

 

左図:広背筋(こうはいきん)

右図:脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)

 

両方とも骨盤から背骨・肋骨と筋肉がつき、

縦に長く体幹を後方より支えます

 

flowRoot1034

(参考図 Visible Bodyよりお借り)

 


◆腰を真っ直ぐ伸ばして痛いはどういう状態?


腰を伸ばす際に同時に働く2つの筋肉。

 

もし仮に広背筋が正常に働いないとすると、

脊柱起立筋に頼って腰を伸ばすしかありません。

 

正常は、広背筋50%:脊柱起立筋50%で効率よく腰を伸ばしているとします。

広背筋が正常に働いていない場合、広背筋10%:脊柱起立筋90%と一部の筋肉に頼ってしまいます。

この一部の筋肉に頼り切っている状態が痛みや凝り感を生じさせます。

 

腰を伸ばして痛い腰痛

 

 

◆広背筋を正常に働かせることが当院の治療目的

広背筋を正常に働けるようにすることで、

一部の筋肉に過剰にかかる負担を減らすことができ、

効率よく動くことができます。

 

 

例えば、広背筋が正常に働いていない原因として、

・頸椎の歪み

・背骨・骨盤の歪み

・広背筋の神経の出口の圧迫

・肋骨に対する筋肉のひっつきなどが挙げられます

 

それだけでも痛みは改善されますが、

広背筋と同時に使われる筋肉も

正常に働いていない可能性があるため、

運動連鎖を考え調整したほうが効果も良く、長続きします。

 

そのため当院では正常に働いてない筋肉を把握し

、原因を取り除くのと同時に日常生活で一緒に使われる筋肉も同時に治療していきます

 

 

 

★あわせてお読みください★

【喜びのお声 ~腰~】

【なぜ?頭の調整で腰痛が楽になるのか?】

【ここをケアするだけで、体が楽になる方法!】

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

 

LINE@ 肩こり 腰痛 ひざ痛 八尾河内山本整骨院

 

 

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

3年以上治らない腰痛・膝痛の専門治療院

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・圧迫骨折・慢性腰痛

変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方は一度ご相談ください。

 

◆ひざ痛・腰痛専門治療院

  アークス整骨院  

  大阪府八尾市山本町南1-7-12

  近鉄河内山本駅徒歩2分

  072-976-4498 

  緊急)090-6823-3699

 

●診療時間<予約優先制>

  10:00~13:00/15:00~21:00(最終20:30)

  (木10:00~1400)休:日 

  *土夜・祝日診療してます

2018年10月02日 18:17