HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

なかなか良くならない変形性膝関節症は、肩甲骨が原因だった!?

膝の痛みを肩甲骨で治す

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

なかなか良くならない、変形性膝関節症でお困りではありませんか?

●病院に通っているけど変化がない・・
●変形性膝関節症や鵞足炎といわれた・・
●背中や肩まで痛くなってきた・・

などの状態は「肩甲骨」の動きが悪いことによって、姿勢が悪化し、膝の痛みに繋がっている可能性があります!


今回は、肩甲骨を動かすためのセルフケアをご紹介させていただきます!ぜひ最後までご覧ください(*^_^*)



 

◆特徴的な姿勢

 


1422386_コピー

変形性膝関節症などの膝の痛みでお悩みの方に特徴的な姿勢が2点あります。それは①背中が丸まっている(猫背)②体の傾きやネジレがあるです。この特徴的な姿勢が改善されていないことで、あなたの膝痛はなかなか変化のないものになっているのかもしれません。。。(ちなみに必ずお膝周りにも筋肉の問題はあります)



◆肩甲骨を動かす

肩甲骨を動かす筋肉に脇の下にある前鋸筋(ぜんきょきん)があります。聞きなじみのない筋肉だと思いますが、肩甲骨の内側~肋骨に幅広く着くため、肩甲骨を動かす主要な筋肉にあたります。

IMG_9886_コピー

この筋肉が硬くなることで、肩甲骨の動きを悪くしたり、肩甲骨を前側に引っ張ってしまうことで、猫背を助長させてしまいます。
猫背の方は100%悪くなっています




◆セルフケア方法

 

①セルフケアを行う場所

 

IMG_9780


手を上げた状態で、脇の下の肋骨を触るイメージでセルフケアを行っていきます

 

②四本の指先を立て前後に動かす


IMG_9782
 

 

(注意)
この前鋸筋は肋骨に薄くへばりついている筋肉なので、表面を触るのではなくグッと押し込んで肋骨の骨を触るイメージで行っていただくと効果的です。

 

IMG_9781


あとは20~30秒ほど脇の下をゴリゴリとセルフケアをしてください。痛みのある個所はコリコリした個所は筋肉が引っ付いている(癒着)をしている場所なので、不調の原因の可能性が高いです。

よく分からない方は、脇の下で円を描くようにゴリゴリするだけでも効果があります!体幹が軽くなり、お膝への負担も減ります!ぜひお試しください!(^^)!


 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、筋力トレーニングの前に関節のねじれを取る必要があります。そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!

 

 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝の痛み
・肩甲骨が原因
・猫背や体のネジレや傾き
・前鋸筋(ぜんきょきん)で解決
・脇の下をゴリゴリ

・次の動画もみてね
 


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

2/22は次男の1歳の誕生日でした。1年前の2月は新型コロナウイルスが騒がれだしたところで、こんなに長引くとは思いもしませんでした。来年の誕生日はハッピーな世の中になって欲しいもんですね

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年02月26日 22:00

ひざ内側痛はお皿の外側が原因!治し方を徹底解説!

ひざ内側痛本命5_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

なかなか良くならない、膝内側の痛みでお困りではありませんか?

整骨院で太もものマッサージを受けたり、病院のリハビリで筋力トレーニングに励んでみたり・・でもなかなか症状が改善しない。。そのような膝の痛みは「お皿の動き」が悪いことが原因かもしれません。

ということで、今回は「お皿の動き」を出して膝痛を改善するセルフケアをご紹介したいとおもいます!

●歩くときに痛みがある
●膝を曲げると痛みがある

などでお悩みの方は
ぜひ最後までご覧ください!



 

◆太ももの外が張っていませんか?

 


膝痛でお悩みの方は、特に太ももの外側がカチカチに張ってしまっています。その理由はいろいろあるのですが、主に足の外側(小指側)に体重が乗っていることが挙げられます。


IMG_9466_コピー


そしてここからが本題ですが、太ももの外側が張ることで、お皿を引っ張てしまい、「本来の位置からズレる」ということが良く起きています。

IMG_9668_コピー

お皿が外側にズレるということは、逆に「お皿の内側が過剰に伸ばされる」ことを意味しています。これが原因で膝の曲げ伸ばしで膝の内側に過剰に負担がかかっている場合があります。今回は太ももの外側の張っている(癒着)を解消して、お皿の位置を正常に戻し、膝痛を解消していきたいと思います!






◆セルフケア方法

 

①セルフケアを行う場所


IMG_9569

 

今回はお皿の外側をゴリゴリしていきます

 

(注意)
太ももの筋肉は股関節から膝の方向へ真っすぐ向かうために、今回ゴリゴリする方向も「上下」より「前後」筋肉に対して垂直になるようにゴリゴリ指を動かした方が効率的に癒着を剥がすことができます

 

IMG_9570

IMG_9571
 

 

②圧をかけてゴリゴリ


IMG_9572

あとは20~30秒程度お皿の横をゴリゴリしてください。このとき少し圧を加えながら硬いとこを動かすイメージで行うとより効果的です。

お皿の外側の癒着をはがすことで、お皿の位置が正常に戻り、膝の内側の痛みが楽になります!ぜひお試しください!(^^)!

 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、筋力トレーニングの前に関節のねじれを取る必要があります。そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!

 

 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝の内側痛
・太ももの外側が張る
・お皿が外側に引っ張られる
・お皿の内側が伸ばされる
・痛みがでる
・お皿外側ゴリゴリで解決

・次の動画もみてね
 


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

朝のランニングを始めました。自宅が淀川の近くなので、朝に河川敷を走る・・というか歩いています。てか広い場所を見てるだけの方が好きかもです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年02月08日 22:00

【変形性膝関節症】ひざ痛を解消する簡単トレーニング

ひざ痛を解消するトレーニング

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今回は膝痛を解消するためのトレーニングをご紹介させていただきます!

●歩くときに痛みがある
●膝を曲げると痛みがある
●筋力の衰えを感じている

などでお悩みの方は
ぜひ最後までご覧ください!



*こちらのトレーニングは当院でも
必ず指導するトレーニング方法です。


 

◆太ももの後ろが弱い


膝痛でお悩みの方は、特に太ももの後ろのハムストリングス(青色)と呼ばれる筋肉が弱い、または力が全く入っていません。

ハムストリングス_コピー

そのため足の踏み込み時に、膝がフワフワしたり、変な踏み込み方(歩き方)をすることで、膝にストレスがかかり痛みが生じています。

またO脚やX脚の原因にもなります。


この太ももの後ろの筋肉は膝を曲げる働きがあり、しゃがんだり、靴下を履くなどの膝を曲げるときに痛みがある方は要チェックです!!






◆トレーニング方法


【方法】

①チューブのセッティング
②ゆっくり曲げ伸ばしをする

それではひとつずつご紹介していきます!

用意するもの
・チューブ


こちらはamazon(商品に飛びます)
や100均一で販売しています


 

①チューブをテーブルの足につなげる


IMG_9354_コピー

先ほどのチューブをテーブルやベッドの足に輪っかをつくるように結びましょう。このときテーブルは重たくて動きづらいことが大切です!

(注意)
 

IMG_9347_コピー


ここで注意点があります。
それはテーブルの足と自分の足が一直線になるように座ることです。

一直線になっていない場合は、座る位置や椅子を横にずらして調整してください。


 

②ゆっくり曲げ伸ばしをする


IMG_9352_コピー

一直線のまま膝を曲げていきます。
またゴムの張力に耐えるようにゆっくり戻すことを意識してください。


ゆっくり曲げた足を戻していくことで、しっかり太ももの後ろの筋肉を鍛えることができます。

(注意)

チューブトレーニング_コピー

足を曲げるときに、写真のように外側や内側に過度にいかないように、真っすぐ曲げることを意識して行ってください。
こうすることでハムストリングスを効率よく鍛えることができます。



IMG_9350_コピー

曲げることができたら、太ももの後ろをさわってみてください。筋肉が少し硬くなっていれば正解です。

*10~20回を目安に行う


この太ももの後ろに筋肉は、膝痛の方にとって赤ちゃんのような弱い筋肉です。そのため、初めから強い負荷で行わず、「こんな軽くていいの?」を思う程度の負荷で行ってください。

 

トレーニングの翌日に痛みが出現していない場合は、チューブをきつくしたり、膝を深く曲げるなどの負荷を上げていっても問題はありません。
 

ぜひこのトレーニングを継続していただき、健康的はお体を取り戻していただければと思います!

 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです。

もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みならひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。
全力であなたをサポートさせていただきます!
 

 

 
 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝痛=太もも後ろが弱い
・弱いことで膝を曲げることが痛い
・チューブで簡単トレーニング
・筋肉が働きだすことで痛み解消
・次の動画もみてね

 



 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

年明けから約2週間たってしまいましたが、あけましておめでとうございます!年末年始はだらだらと寝正月になってしまいました・・おばあちゃんのいる香川に帰ってうどんが無性にたべたいです・・早くいろいろおさまれ~!


最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年01月12日 22:00

膝の内側痛を解消する筋膜リリース【癒着はがし】

膝痛内側3_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今日はお皿の内側をゴリゴリすることで
膝の痛みを解消する方法をご紹介
させていただきます!

IMG_9026_コピー

●歩くときに痛みがある
●膝の内側がいたい
●しゃがめない・・
などの膝内側の痛みでお悩みの方は
ぜひ最後までご覧ください!


 

◆膝の筋肉が衰えていませんか?


まずは膝の内側の少し上あたりを触ってみてください。

IMG_9024_コピー

膝の痛みが強い方は、左右を比べると痛みのある足側が凹んでいたり、筋肉が全くありません。
筋肉がない=正常に働いていない(弱い)ことを意味しています。

 

この筋肉が働いていないことが、あなたのツライひざ痛の原因です。


902967_コピー


確認した筋肉は、太ももの内側にある大きな筋肉で、膝の安定性に深く関わります。

IMG_8957_コピー

この筋肉が弱いことで、膝が安定せず、足を地面についた時にグラグラしてしまったり、小指側に体重がかかってしまうために痛みが出現してしまいます。



◆なぜ?お皿の内側?


この内側の筋肉を拡大していくと・・・

IMG_8958_コピー

お皿の内側についてきます。

(*画像では簡単に書かれていますが、本来は靭帯などの組織でより密に繋がっています。)

特に膝痛の方は、膝の動きだけでなく、お皿の動きも悪いことが多く、膝周りの硬さが顕著です
その硬さは癒着(ゆちゃく)と言い、筋肉が働きづらくなる原因でもあります。


今回はその癒着を剥がすことで、膝周りの硬さを取るだけでなく、先ほどの筋肉にも力が入るようにして、膝の痛みを解消することを目的に行います。

簡単にまとめると・・
「引っ付いて硬くなっているところを動きやすくして、ついでに筋肉の状態もよくしよう!」ということです






◆セルフケア


【方法】

①お皿の内側を触る
②指4本でゴリゴリ
③注意:硬いところを潰さない


それではひとつずつご紹介していきます!

 

①お皿の内側を触る

触る場所はお皿の内側や膝の内側の全体になります

IMG_9045_コピー

 

②指4本でその場所をゴリゴリしましょう

だいだいでいいので、硬くなっている場所・コリコリしている場所を指でゴリゴリしていきましょう


IMG_9048_コピー



③注意:硬いところを潰さない

IMG_9049_コピー

だいたい20~30秒程度ゴリゴリしてください。
注意点として、その硬くなっているところを上からただ単に潰すようなケアの仕方はやめてください。それは筋肉を潰しているので、悪化する可能性が高くなります。

硬くなっているところを優しく動かす。
硬い部分自体を動かすイメージで行ってください


 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みならひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。
全力であなたをサポートさせていただきます!



 

 
 
 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝痛=太もも前が弱い
・お皿の動きも悪い
・癒着が原因
・癒着をゴリゴリ
・筋肉や関節が動きだし痛み解消
・次の動画もみてね


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

きづけば年末。今年はコロナもあってあっという間に終わってしまいました・・(関係ある?笑)緊急事態宣言など、大変な時期もありましたが、潰れることなく例年以上のサポートができるようになりました。これも皆様の温かいお声や御恩のおかげです。本当にありがとうございます。また来年もよろしくお願いします(^^)


最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年12月25日 11:00

腰の痛みを解消する背中マッサージ

広背筋マッサージ3_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

まずギックリ腰や慢性腰痛などの
症状をお持ちの方に言えることですが、
「背中の筋肉」に問題が大アリです。

その背中をゴリゴリするだけで
ツライ腰痛が楽になります!

IMG_8639_コピー

ぜひ最後までご覧ください!


 

◆腰痛なのに背中が大事?


腰に痛みがある方は、
基本的に腰や背中が丸まっています。


それは現代人の生活では
パソコンやスマホ・家事など
背中が丸まる動きが多いためです。


腰痛_コピー

そして今回アプローチする背中の筋肉は
広背筋(こうはいきん)と呼ばれ
主に背中を伸ばす働きがあります。


IMG_8485_コピー

猫背や背中が丸まる傾向にある方は、
この背中を伸ばす広背筋が
しっかり働いておらずサボっている状態です。

サボっている=力が入りづらい弱い筋肉

背中を鍛える方法は、懸垂が有名ですが、
一般の方には難しいトレーニングでもあります

トレーニングで鍛えるより
更に簡単な方法が今回ご紹介する
癒着剥がし」です


筋肉がサボってしまう主な原因に
「癒着」があります。


今回はその癒着をゴリゴリすることで
背筋に力が入りやすい状態にすることで
ツライ腰痛を解消したいと思います!




◆セルフケア


【方法】

①肩甲骨の一番下を触る
②指二本分前を触る
③円を描くようにゴリゴリ


それではひとつずつご紹介していきます!
 

①肩甲骨の一番下を触る

大雑把でもいいので、
肩甲骨の一番下端あたりを触ります。


IMG_8624

 

②指二本分を触る

肩甲骨の一番下から指2本分前あたりをゴリゴリします。この辺りのゴリゴリした部分が背中の筋肉の癒着ポイントでもあります。

*この時に脇の下まで行くと別の筋肉になります


IMG_8625



③円を描く

IMG_8628

だいたい20~30秒程度ゴリゴリしてください。
背中の筋肉は左右両方あるので、両背中を同じ要領で行ってください



まとめ

IMG_8627

広背筋=背中のつかめる筋肉です

つかんでいるのが脂肪かもしれませんんが、肩甲骨の一番下の前をゴリゴリしていただければ、ほぼ間違いありません!
 


詳しく説明は動画をご覧ください

 
 
 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・腰痛=猫背多い
・猫背=背中が働いていない
・その結果、腰の奥の方や背中が痛くなる
・癒着をゴリゴリ
・筋肉できちんと背中を支えることができる
・次の動画もみてね

 

 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです



もしあなたが
慢性腰痛でお悩みなら
腰痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください


全力であなたをサポートさせていただきます!

 

【こちらも参考に】

 

【腰痛の施術について】


【喜びのお声 ~腰痛・尾骨の痛み~】


【腰痛や肩の痛みに効果抜群ケア!】


 

【編集後記】

久しぶりのブログ更新になってしまいました。。決して忙しいわけではなく、完全にさぼっていました(笑)継続してあなたのツライ状態が良くなる方法をご紹介させていただきますね(*^^)v


最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年11月18日 22:00

【症例報告】長時間座ると右のお尻が痛くなる

長時間座るとお尻が痛い_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

 

今回は症例報告です。


当院で整体を受けて
よくなられた症例をご紹介させていただきます。

「長時間座ると右のお尻が痛くなる
・来院された方:大阪市在住・女性
・主な症状:座る体勢で右お尻や太ももが痛い。前かがみでお尻が痛い

 

◆来院までの経緯

 


急に右お尻から太もも裏が痛くなる。腰痛はそこまできつくないけど、普段からたまに感じる程度、いつも自宅近くの安価な整骨院でマッサージ治療を受けていた。今回は娘さんのご紹介で当院に相談があり、来院。

 

◆初回来院時の主なお悩み

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●立って靴下がはけない
●台所に立つと右側に倒れてしまう
●椅子に座ると右お尻が痛い
●靴を履くような前かがみが痛い


 

◆初回来院時の体の状態

●右骨盤が外にズレている
●お尻の筋肉に力が入っていない
●首の骨のズレ
●座位で右側に体重がかかっている

●右腹筋が弱い
 

◆施術経過

 

●1回目(1週間に1度)
 

右側に体重が過剰にかかる座り方をしているために、右お尻に負担がかかっている状態。詳しくお体を見ていくと、首の状態が悪く骨のズレが原因でした。お話を伺うと口内の左側にびらんが出来ていて、右側のみで噛んでいるとのこと。咬む筋肉の硬さは頭蓋骨や首の状態にも大きく関わります。首周りを中心に骨格の立て直しを目的に初回施術は終了しました



 

●2~3回目(1週間に1度)

右側に体重が過剰に乗っていたため、右の骨盤が外側にズレ、腹筋にも力が入っていませんでした。
腹筋の調整と同時にお尻や太もも裏の筋肉のひっつき(癒着)を施術し、お尻に力が入り、骨盤がしっかり支えられることで、当初のお尻や太もも裏の痛みは消失しました。




●4回目~(1週間に1度)
 

お尻の症状が消失したため、メンテナンス期に移行。特に問題なく日々の生活を元気にすごされています。緊急事態宣言のため一旦治療終了。
 

◆こちらの方に頂いた感想

 

今までの整骨院のイメージは、パキッ、ポキッという感じでしたが、古川先生の施術はソフトで、患部にしっかり効きました。

 

◆院長から

こちらのお方は痛みが出現してから1週間以内だったため、比較的早く良くなりました。また歯の治療や、口内炎で一方しか咬まないという方は多いかと思いますが、体への影響度は大きいので、早めに治療していただいた方がいいです。こち


また娘さんがうちの宝塚店のスタッフが講師をしている専門学校の卒業生でもあったため、いろいろたのしくお話しながら、施術が終了しました。娘さんのご活躍を応援しています!

 


【最後に・・】


お体の不調をよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです!


もし現在、腰痛で悩みなら、
お気軽にLINEでご相談ください。

「あなたが健康で笑顔な毎日を送れるように」全力でお手伝いさせていただきます!



慢性腰痛でお悩みなら、腰痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください
 



オンライン無料反暖_コピー
体に不調が出ていませんか?
あなたにピッタリのセルフケアをお伝えします



最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年09月03日 21:00

【症例報告】熟睡できなくて朝がツライ腰痛

腰が痛くて熟睡できない腰痛2_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

 

今回は症例報告です。


当院で整体を受けて
よくなられた症例をご紹介させていただきます。

「熟睡できなくて朝がツライ腰痛(腰痛)
・来院された方:八尾市在住・女性
・主な症状:寝ていると腰が痛い。腰を曲げると痛い

 

◆来院までの経緯

 


10年前に2回ギックリ腰をしている。その時は整体で良くなったが、5年ほど前から腰痛が再び出現してきた。特に右腰が同じ姿勢を続けると痛みがあり、車中や夜寝るときが一番ツライ。腰を曲げると、右腰がズレるような痛みがある。夜寝るときに痛いので、腰痛に効くマットレスに変えたが変化がなく、整体を探していたところ当院のチラシが目に入りご相談がありました。

 

◆初回来院時の主なお悩み

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●夜寝る時が痛くて、熟睡できていない
●掃除などの中腰で右腰がズレるような痛みがある
●右足が過去の捻挫の影響でグラグラする
●朝早く起きないといけなくて、その時の腰痛がツライ
●横向きで寝ても痛みがある


 

◆初回来院時の体の状態

●お腹を前に突き出すような姿勢
●右足をかっばて歩いている
●右を振り向くと腰が痛い
●お尻の筋肉が全然ない

 

◆施術経過

 

●1回目~2回目(1週間に1度)
 

過去の右足捻挫をかばって歩いているために、右足全体に負担がかかっていました。その結果、右足の筋肉が硬くなることで、腹筋を足首方向に引っ張ってしまっていて、腹筋がきちんと働いていませんでした。そのため、お腹を前に突き出すような腰痛でお悩みの方の特徴的な体勢になっていました

お腹を前に突き出す姿勢_コピー

 

●3回目~4回目(1週間に1度)

お腹の奥にある腸腰筋(ちょうようきん)と呼ばれる股関節を曲げる働きがある筋肉に、力が全然入っていない状況だったので、筋肉調整と内臓の調整をメインに進めました。お腹を押してていくと、右腰にズドーーーンとした痛みが誘発され、そのあたりの筋肉の癒着を丁寧に施術していくことで、就寝時や曲げると痛い腰痛は解消されていきました


腸腰筋



●5回目~(1週間に1度)
 

腰の調子が良くなり、久しぶりの梅田まで買い物に行けるまで回復。久しぶりで歩きすぎたため、その日の夜に少しだけ腰痛出現。しかし2日ほどで消失したとのこと。ちょくちょくは腰痛が出現するが、以前のような熟睡できないような痛みや、腰がズレるような痛みはなくなり、メンテナンス期に移行しました。
 

◆院長から



こちらの方は寝てる時の腰痛がツラく熟睡できないために、体に良いとされている少し高めなマットレスを購入されたり、枕を変えたり、いろいろと試されていました。ところが、お体を見させていただくと、腰痛の主原因は『お腹』でした。

「腰痛なのにお腹?今までの整骨院では言われたことなかったし、施術を受けたこともない」と驚かれていました。しかし、現代人の食生活や日常生活が原因で、腸腰筋や内臓に負担がかかっている方は多い印象です。

内臓やお腹を調整することで、腰痛が良くなり、「朝まで寝れた!」と喜ばれており、施術として嬉しく思います。もしかしたら、あなたの良くならない腰痛も「お腹」が原因かもしれませんね。

 


【最後に・・】


腰の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです!


もし現在、腰痛で悩みなら、
お気軽にLINEでご相談ください。

「あなたが健康で笑顔な毎日を送れるように」全力でお手伝いさせていただきます!


慢性腰痛でお悩みなら、

腰痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください


オンライン無料反暖_コピー
体に不調が出ていませんか?
あなたにピッタリのセルフケアをお伝えします



最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年08月31日 17:00

【症例報告】しゃがめず仕事に支障があった膝痛が改善!

症例松川_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

 

今回は症例報告です。


当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「しゃがめなかった膝痛」です
・来院された方:八尾市在住・50代・女性
・主な症状:仕事中のしゃがむ動作がツライ。ゆっくりしか歩けない


◆来院までの経緯

 

コロナの自粛明けに、急に右膝の内側と前側が痛くなる。歩いていると膝が急にカクッとなる。お仕事はサービス業で、しゃがむ動作が多く、その都度右膝に痛みが走り、また立ち上がりも痛みがある状態でツライ。HPで検索したところ当院を知りご相談がありました

 

◆初回来院時の主なお悩み

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●仕事中に膝が痛く支障があり
●階段の下りで痛みがある
●同時に腰も痛みが出てきた

●このまま治らないかと不安
 

◆初回来院時の体の状態

●股関節が内巻きでスネの骨が外に向かって回転
●太もも前の筋力低下が顕著
●太ももの外側がカチカチに張っている
●足の指が使えていない

●外に過剰に体重がのっている
 

◆施術経過

 

●1回目~2回目(1週間に1度)
膝の安定性に関わる太もも前の筋肉がしっかり力が入るように調整しました。過去にお腹の手術を経験されているので、その時の癒着の影響度が大きかったので、癒着をはがしていきました。またしゃがむ時に膝が過剰に内側に入り痛みが出ていたので、ふくらはぎや太もも・お尻の筋肉を調整していきました。

 

●3回目~6回目(1週間に1度)
膝がガクッとなる状態は消失。しかし2回目の治療で腰骨や骨盤調整で翌日に腰が急激に痛くなり、急いでフォローの施術。
大きく腰骨や骨盤の調整をすると痛みが伴ってしまうため、骨のズレはあまり触らず、筋肉調整をメインに施術方針を転換。
5回目終了後には以前のスピードで歩けるようになる。まだしゃがみ込みや立ちあがりの痛みは残る。




●7回目~8回目(1週間に1度)
ふくらはぎや足首・股関節の調整をメインに進めることで、しゃがめることができるように。ただ土踏まずがつぶれ(偏平足)、カカトに重心が乗っている状態であるため、足底の前に体重が乗せれるように足指や土踏まずトレーニングを開始。
トレーニングを継続することで、多少の膝前のつぱっり感はあるもののしゃがみ込み・立ちあがりができるように。以前できなかった正座もできるように。


●9回目~
以前のようなしゃがみ込みができなくて仕事に支障がきたす状態ではなくなったため、間隔を2~3週間に1度に空けメンテナンス期に移行。調子はいい状態が続いている。


 

◆こちらの方に頂いた感想


腰と膝に痛みがあり、足を曲げるのが苦痛でしゃがめない状態で、ゆっくりしか歩けませんでした。施術を受け始めてだんだん早く歩けるようになり、膝も正座ができるようになりました。ネットで調べてアークスさんに来て良かったと思っています。施術によって不具合が出た時もすぐに修正していただけるので、安心です。痛いところだけでなく、全身施術してもらえるので姿勢も良くなり小顔になった気がします。

痛みを我慢せずに早めに施術を受けることをお勧めします。痛い施術ではないので、安心です。


 

◆院長から


初めに「病院がきらい」と言われたときはどうしようかと思いましたが、順調にお体の状態が回復し嬉しく思います。しかし、骨盤や骨格を調整することで、翌日に腰痛が悪化してしまいご迷惑をおかけしてしまいました。

他での治療経験のない方は特に「もみ返し」などの症状が出現しやすいため、細心の注意を払っておりましたが、自分の力不足・確認不足で申し訳なく思います。

お体の状態に関しては、痛みが出てから1~2か月と早めの対処だったため、かばう動きが少なく順調に回復されていきました。最後は生活での支障もなくなり「アークスに来て良かった」と言ってもらえ、顔が思わずニヤけてしまいました。


もしあなたが変形性膝関節やケガ後の膝痛でお悩みなら、ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!


最後までお読みいただきありがとうございました

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年08月19日 12:00

【症例報告】痛み止めが手放せなかった膝痛

症例痛み止め膝痛谷口2_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

 

今回は症例報告です。


当院で整体を受けてよくなられた症例をご紹介させていただきます。
今回は「痛み止めが手放せなかった膝痛」です
・来院された方:八尾市在住・50代・女性
・主な症状:階段の上り下りができない。日課の散歩に出かけることができない

 

◆来院までの経緯

 

去年の年末ごろから右膝が痛くなる。整形外科でレントゲンを撮影し変形性膝関節(膝OA)と診断される。階段の上り下りが膝の痛みのためにできない。日課である犬の散歩も行けなくなるほど、膝が痛みだした。3年前には左膝に痛みがあったが、気づけばよくなっていた。

 

◆初回来院時の主なお悩み

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

●階段の上り下りで膝のいたみがある
●ウォーキングできるようになりたい
●朝起きてすぐの膝痛を解消したい
●何も変わらない現状を何とかしたい


 

◆初回来院時の体の状態

●内股で歩いている
●足や体の浮腫みが顕著
●太もも前の筋力低下が顕著
●膝と股関節が捻じれている状態

 

◆施術経過

 

●1回目~2回目(1週間に1度)
体全体の浮腫みをとるために、首の調整をメインに進めました。また太もも前の筋力低下が顕著で、仰向けで寝た状態で足を上げてキープする体勢ができませんでした。その原因を辿っていくと過去に右足を骨折を経験されており、その時のギプスの影響で筋肉の引っ付き(癒着)があり、太ももの筋肉を下に引っ張っていました。癒着をリリースすることで、引っ張りが解消され太ももの筋肉に力が入るようになりました

 

●3回目~5回目(1週間に1度)
太もも前の筋肉に力は入ってきましたが、歩く動作をみると、まだ内股気味に歩いていました。内ももの筋肉に問題があり、足が真っすぐ着けていなかったので、セルフケアを指導。内転筋に力が入ることで股関節や膝の捻じれが取れ、痛み止めの服用も5回目を終える頃には飲まない日も増えてきたとのことでした。犬の散歩にも痛みはあるものの徐々に行けるように


●6回目~7回目(1週間に1度)
たまに膝がガクッと抜けるような膝崩れ現象が一時的に出現。ふくらはぎや足の裏が原因で膝が上手く固定できていませんでした。そのため「つまさき立ち(カーフレイズ)」のトレーニングを指導することで、膝が抜ける感覚は消失。アリオで痛み止めの薬なしで2千歩以上歩けるように


●8-9回目
緊急事態宣言により1か月以上感覚が空いてしまいましたが、セルフケアとトレーニングを行なっていただき、犬の散歩に出かけれるまでに回復。ご家族の方から聞いた話では『あんなに辛そうに見えた階段を難なく降りていた』とのこと。

さまざまな要因が重なり治療終了。


 

◆こちらの方に頂いた感想


数ヶ月より膝が痛みだし、病院では変形性膝関節症と診断され、痛み止めの薬と湿布を処方されました。 でもずっと薬を飲むのも嫌でアークス整骨院さんにお世話になりました。 最初は階段の登り降りが辛く、気持ちもめいっていましたがアークス整骨院さんに通うようになって痛みも徐々に取れてきて、今では日課のウォーキングもまた出来るようになりました! とても喜んでいます。

 

 

◆院長から


こちらの方のように整形外科や病院で『変形性膝関節症』と言われたのに、治療は痛み止めと湿布だけということは多いように感じます。しかし、それだけでは絶対良くなりません。それは筋肉が問題で、膝や股関節が捻じれてしまっているためです。

このねじれを解消しない限り、ツライひざ痛は解消されません。更に痛み止めを飲みすぎると胃腸に負担がかかるだけでなく、精神的にもつらくなります。こちらの方も始めは、どんよりとしたお顔で暗かったですが、症状が良くなるにつれてどんどん晴れやかな表情に変化していったのが印象的です。

様々な要因が重なり、思うような治療ペースが取れなかったりしましたが、僕を信じてトレーニングやケアをしてくださり治療家としても嬉しく思います。


変形性膝関節やケガ後の膝痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

もし現在、ひざ痛・腰痛でお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

LINE@で予約受付中

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年08月04日 08:00

膝の痛みを解消する足甲マッサージ

足の甲の痛み_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ひざ痛は「足の甲」が原因です!
足の甲をゴリゴリするだけで、
ツライひざ痛が解消されます

ぜひ最後までご覧ください


 

◆なぜ足の甲?


足の甲は、つま先を上にあげる筋肉の腱が通っています。

IMG_5555_コピー

この場所の腱や筋肉が引っ付いて(癒着)してしまうことで、足首の動きが悪くなります。
足首が硬くなると、膝関節の負担が増えて、痛みが生じてしまいます。



特に過去に骨折や捻挫の経験がある方は要注意です!



◆セルフケア


【方法】

①足首を動かす
②把持して親指でゴリゴリ
③指の間も忘れずに


それではひとつずつご紹介していきます!


①足首を動かす

膝の痛みがある足=動かしづらさを感じると思います。その原因は足の甲にあります。

IMG_5543_コピー



②把持して親指でゴリゴリ
両手で足全体を包みます。骨の上に筋肉や腱があるので、その筋肉たちを動かすように圧をかけてゴリゴリしていきましょう。



IMG_5548_コピー


IMG_5549_コピー

*難しいようであれば、円を描くだけでもok



③指の間も忘れずに

指の間_コピー

足の甲で、指骨と指骨の間にも筋肉があります。この筋肉は足指を動かす働きがあり、現代人は悪くなりやすいです。一緒にゴリゴリしていきましょう


是非10-20回を目安に
1週間頑張ってみてください

必ず変化します!



足首の動きが出ることで、膝の負担が減り、膝の痛みが解消されます。ぜひお試しください(*^^)v



詳しい説明は動画をご覧ください

 
 
 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・ひざ痛は足の甲が原因
・足首が硬い→膝の負担大
・足甲ゴリゴリ
・指の間も忘れずに
・膝痛が良くなる
・次の動画もみてね

 

 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!



オンライン無料反暖_コピー
体に不調が出ていませんか?
あなたにピッタリのセルフケアをお伝えします

【こちらも参考に】

 

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】


 

【編集後記】

リンタロ(もうすぐ3歳)と1年前は朝から公園散歩によく行ってたのに、今「公園いく?」ときいても「おうち」と言われます。そもそも遊び方が変わってきて、殴られる役・ビームでやられる役に僕は降格しました。そもそも1年後はその役すらないかもしれません。寂しい気持ちをもちながら、明日もやられ役に徹したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年07月23日 10:00