HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

【8割が間違えている!】ひざ痛を改善するお尻トレーニング(中殿筋編)

膝痛を解消する内転筋トレーニング

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

なかなか良くならない、変形性膝関節症ひざ痛でお困りではありませんか?

・階段の登り降りで膝に痛みがある
・膝の内側に痛みがはしる
・膝がポキポキ音がする
・膝がグラグラと不安定な感じがする

上記のようなお悩みの方は、お尻の筋肉が弱いことが痛みの原因になっています!お尻を鍛えてスタスタと歩ける体を手に入れましょう!膝痛でお悩みの方はぜひ最後までご覧ください(*^_^*)




◆なぜお尻が関係するのか?

歩くときに膝がぐらぐらと不安定な感じがしませんか?階段なんて膝が痛すぎて絶対ムリ。それはお尻の中臀筋(ちゅうでんきん)と呼ばれる筋肉が弱いことで、足全体で体重を支えることができない事が原因です

スクリーンショット 2021-05-04 20.56.40_コピー

この筋肉は片足の状態で股関節をしっかり外側から支える働きがあります。歩くときに黄色の線で示すように壁がしっかり出来ている状態がベストです。

IMG_0767_コピー

しかし中臀筋が弱いと、足を支えることができなくて
・上体が外側に流れ足の外側に負担がかかる。
・踏込み時に膝が内側に倒れるなど不安定感がある。などの状態になります。

IMG_0769_コピー



IMG_0248_コピー



ひざ痛の方の特徴的な姿勢ですね。

このように自分の足で支えられない・踏ん張れない状態を解消することが、スタスタ歩くためには必須です。意識するところが多いので、少し難しく感じるかもしれませんが、動画を何回も確認していただいて健康な足を手に入れてください^_^


 


◆セルフケア

準備するもの。
●枕やクッション

横向きに寝た状態でトレーニングするため、首がいたい方は枕などをご準備ください。


 

①足を上げる

 IMG_0785

まずは何も考えずに横向きに寝た状態で、足を上げてみてください。この時ほとんどの方がお尻ではなく、足の前側(腰骨の下)あたりに力が入るかと思います。

IMG_0787



この筋肉は普段から使えている筋肉なのでトレーニングをする意味はありません。ツライ症状を改善するためには弱い筋肉を鍛えていく必要があるためです。そのため2つのポイントを意識することでお尻に利かすことができます。

 

ポイント①


IMG_0790


まずは体の向きを意識してください。体をできるだけ一直線にすることで、お尻に利かすことができます。よくある間違いは、体が後ろ側に倒れてしまうことです。自分が思うより前のめりになるぐらいが丁度いいです。

 

ポイント②


IMG_0792

2つ目のポイントは爪先を下にして、カカトから足をあげるようにします。これが爪先から足を上げてしまうと、先程の足の前の筋肉を使ってしまいます。カカトからあげるようにイメージするだけでお尻に負荷がかかります。



足を上げれば上げるほど負荷が強くなります。お尻の横がキューっとなる感じを味わいましょう




※太ももの外側が張ってしまう方

IMG_0795_コピー

腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)と呼ばれる靭帯と太ももの外側の筋肉が引っ付いている可能性があります。この引っ付きを癒着と言い、この場所が癒着を起こすことで、お尻に負荷がかかりづらくなります。太ももの外側をゴリゴリして癒着を剥がす事で、お尻に負荷がかかりやすくなります




③まとめ


お尻を効果的に鍛えるために①骨盤・上体の傾き②カカトの向きを意識して足を上げてください。この2点を意識することでお尻が鍛えられ、踏込み時の足が安定することで、ツライツライ膝痛が改善します



【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、筋力トレーニングの前に関節のねじれを取る必要があります。そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!

 

 

 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・階段や歩行時の膝の痛み
・足の外側が張る
・膝がグラグラして不安定
・お尻の横の筋肉が原因
・2点意識する事で鍛えられる
・お尻を鍛えて膝痛解消

・次の動画もみてね
 


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

今日で僕のgwは終わりました。息子とずーーっと遊ぶことができ楽しかった反面もありますが、ただただ疲れました。。連休も考えもんですね

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年05月04日 21:00

【100%悪くなっている!】膝内側の痛みを改善するアキレス腱リリース

アキレスto

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

なかなか良くならない、変形性膝関節症ひざ痛でお困りではありませんか?

・歩くだけで膝に痛みがある
・膝の内側に痛みがはしる
・しゃがむ途中で膝がいたい
・足首をケガしたことがある

上記のようなお悩みの方は、アキレス腱と内くるぶしをゴリゴリすることで、ツライツライひざ痛が解消されます!膝痛でお悩みの方はぜひ最後までご覧ください(*^_^*)




◆ほぼ100%悪くなっている

膝痛でお悩みの方の『フクラハギ』は、全くといっていいほど力が入っていません(弱い状態)

IMG_0534_コピー

フクラハギには、つま先立ちのような地面を蹴る働きがあります。この筋育が働きづらくなっていると歩いたり・階段の上り下りなど正常にできるわけがありません。そして、その働きづらくなっている原因にアキレス腱と内くるぶしの間の癒着があります。



IMG_0532_コピー

特に過去に足首の捻挫などのお怪我をされている方や、偏平足や小指に体重がかかりすぎている方にもピッタリのセルフケアになります。


 


◆セルフケア

 

①足首の動きやすさを確認

 


IMG_0544
 

まず足首の可動域の検査をしていきましょう。写真のようにつま先を上下に動かして、動きづらさやひっかかり感を確かめていきましょう。


②アキレス腱と内くるぶしの間をリリース

IMG_0532_コピー

先ほどの内くるぶしとアキレス腱の間を両手で包みこむように把持します。次に硬くなっている個所や押して痛みのある場所をグゥゥゥと押していきましょう。力はそんなにいりません。強くしすぎると筋肉を傷めてしまい悪化させてしまうリスクがあります。

そのため硬い場所めざして押していき、最後に硬い部分自体を横にズラス(硬くなってる部分を動かす)要領でリリースをおこなってください。(これは分かりづらいなので動画をご覧ください)



IMG_0547


【注意点】
硬くなっている場所をゴリゴリ潰す動作だけは本当にやめてください

IMG_0548


③再度足首の動きを確認

IMG_0549



おそらく内くるぶしとアキレス腱の間をすることで、フクラハギに力が入るようになり、足首の動きもスムーズになったことかと思います。この状態でしゃがんだり歩いたりしてみると、あら不思議先ほどより膝痛の痛みが少しマシになっていかと思います

これを継続していただいて健康なお体を手にいれてください



【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、筋力トレーニングの前に関節のねじれを取る必要があります。そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!

 

 

 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝の痛み
・フクラハギが原因
・内くるぶしとアキレス腱の間
・癒着が本当に多い

・次の動画もみてね
 


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

つい先日スイカをいただきました。まだ時期的に早いのでそこまで甘くなかったのですが、長男(3歳)がスイカにハマってしまったようで「パパ~スイカまた買ってな~~」と可愛く催促されます。でも、それを言われて買わない親はいませんよね~甘々なパパになってしまっています

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年04月21日 22:00

【簡単で効果抜群!】ひざ痛を改善する内転筋トレーニング

内転筋トレーニング400

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

なかなか良くならない、変形性膝関節症ひざ痛でお困りではありませんか?

・歩くだけで膝に痛みがある
・踏み込み動作がツラくて仕方ない
・膝がO脚気味
・靴の小指側がすり減る

上記のようなお悩みの方は、太ももの内側を鍛えることで解消されます!膝痛の方はぜひ最後までご覧ください(*^_^*)




◆太もも外側のマッサージ受けてませんか?

膝痛でお悩みの方は太ももの外側が張ることが多く、病院や整骨院で足の外側のマッサージを受けている方が多いと思います。足のマッサージを受けているが一向に症状が変わらない・・・そうお悩みではないでしょうか?

膝痛がよくならない理由は、内ももに問題があるためです。


 

◆なぜ内ももが重要なの?

 

結論から申し上げますと、内ももが弱いことで踏み込む時に体重がしっかり支えることができずに、体重が足の小指側に過剰に乗ってしまうことがあげられます。

IMG_0248_コピー

​​このような歩き方になっていませんか?足の外側に体重が乗ることは膝痛でお悩みの方の特徴的な歩行の癖です。

この原因は「内ももに力が入らないことで、足の内側に体重がかけれず足の外側に体重が乗ってしまう」ことです。足の外側に体重がかかると、当然太ももの筋肉にも負担がかかり、太ももの外側の筋肉が張ってしまい、痛みやだるさなどの症状を出現させます。

IMG_9466_コピー

↑足の外側が張る代表的な筋肉



◆まとめ

内ももが弱い→足の内側(親指)に体重がかけれない→足の外側(小指側)に体重がかかる→太ももの外側が張る→膝がいたくなる

上記のサイクルを解消するためにも、一緒に内もものトレーニングを行っていきましょう!








◆内ももトレーニング


今回鍛えていく場所は内ももの内転筋(ないてんきん)と呼ばれる筋肉です。

IMG_9904_コピー



 

●準備するもの

  内転筋トレーニング1
 


 


①鍛える足を下にして寝る


内転筋トレーニング2
 


今回は右足の内モモをトレーニングしていきます。



②上の足を曲げる

内転筋トレーニング3


鍛えたい足を動かすスペースを確保するために、上の足を曲げます。

この時、体が硬い人や膝に痛みのある方は、曲げた足の下にクッションや枕を置くと楽になります。


内転筋トレーニング4


③足を上げる


内転筋トレーニング7


鍛えたい方の足首を90度に曲げます。その状態でベット側の足を上にあげていきます。この時に赤丸で囲まれた内ももに力が入っていれば正解です。

*10秒キープを10~20回行ってください



内転筋トレーニング8


横向きに寝た状態で体が前や後ろに倒れてたりすることがありますが、体はできるだけ一直線になるように意識してください。一直線にすることでしっかり内ももを鍛えることができます。
 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、筋力トレーニングの前に関節のねじれを取る必要があります。そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!

 

 

 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝の痛み
・内ももに力が入っていない
・足の小指側に体重が過剰にかかる
・太ももの外側が張る
・膝が痛くなる

・次の動画もみてね
 


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

早いことに桜があっという間に散っていきました。切ない。というか今年も1/4が終わりました。切ない。。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年04月09日 22:00

膝痛を解消する仙骨ほぐしを徹底解説!

内転筋セルフケア400

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

なかなか良くならない、変形性膝関節症やひざ痛でお困りではありませんか?

整形外科や病院に行っても
・体重をおとしてください
・運動してください
・湿布や電気治療だけ
・ヒアルロン酸の注射をいつまで続けるのだろうか・・と心配でどうしたらいいか分からなくなっていませんか?


今回はお尻をゴリゴリすることで、膝痛を解消する方法をご紹介させていただきます!ぜひ最後までご覧ください(*^_^*)



 

◆お尻が超重要!

 

膝痛や股関節など足の痛みでお悩みの方に特徴的なことは、お尻の筋肉に力が入っていない(弱い)ことです。お尻の筋肉が弱いことで・踏み込みが上手くいかない・歩き方がぎこちないなどの状態がうまれ、膝に負担がかかってしまいます。


オスグッド大殿筋

今回は、お尻で1番大きい筋肉である大殿筋(だいでんきん)に力がしっかり入るようにセルフケアを行っていきたいと思います!




◆お尻を確認


それではまず図のように立った状態で、お尻を触ってみてください。おそらく痛みのある足側のお尻の筋肉は、弾力性が無かったり、ストンとお尻の盛り上がりが無い状態かと思います。

IMG_0063_コピー

それはお尻の筋肉に力が、入っていないことを意味しています。鏡でご自身の姿をみたときにお尻が垂れ下がっているなど身に覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?





◆セルフケア方法
 

今回行う場所はこちらです。

大殿筋5_コピー

仙骨(せんこつ)と呼ばれる骨が骨盤の真ん中にあります。今回は大殿筋がその仙骨に付着する場所を狙ってセルフケアを行っていきたいと思います。

この場所の癒着(引っ付き)が、お尻に力が入らなくなる元凶でもあります。それでは、この場所をゴリゴリ癒着を剥がして、本来のお尻の状態をとりもどしていきましょう!

 

①骨盤の下にある尾てい骨を触る

  IMG_0105
 

骨盤の一番下にある尻尾みたいな骨を触ります。お尻の穴の少し上にあります。
 


②そのままデコボコを上に触る


IMG_0106
 


そのまま手を尾てい骨に当てた状態で、手を上にずらしていってください。背骨のトゲトゲ?みたいな突起状のものが続きます。もしよく分かりづらい場合は、仙骨の真ん中あたりを触ってください。(少しズレていてもかまいません)



③指二本分外側をゴリゴリする

IMG_0107

先ほどの仙骨の真ん中にあるボコボコしたところを中心にして、指2本分ぐらい外側を触ってください。そのあたりがお尻の筋肉が癒着をおこしやすいポイントであります。



IMG_0109_コピー

その場所を人差し指と中指を使って、上下にゴリゴリしていきましょう。繊維状のコリコリした場所は、筋肉が癒着をおこして引っ付いている状態なので重点的に行いましょう


範囲は、仙骨の上・真ん中・下とアバウトでもOk。やることに意味があります。

よく分からない方は、内ももで円を描くようにゴリゴリしてもらうだけでも効果はあります。
あとは20~30秒ほどゴリゴリとセルフケアをしてください


 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、筋力トレーニングの前に関節のねじれを取る必要があります。そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!

 

 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝の痛み
・お尻に力が入っていない
・踏み込めないから痛い
・膝痛の原因は筋肉が弱い
・骨盤の中央をゴリゴリ

・次の動画もみてね
 


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

4月から奥さんが働きだすため、食洗器を買いました。僕が絶対必要と奥さんを説得を初めて3か月。やっと購入にいたりましたが、もう最高すぎて何も言えません。奥さんも満足してくれているので、良い買い物でした!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年03月21日 22:00

内もものネジレを取って膝痛を解消する方法

内転筋セルフケア400

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

なかなか良くならない、変形性膝関節症でお困りではありませんか?

●変形性膝関節症や鵞足炎といわれた・・
●体重をかけると膝が痛い・・
●体が捻じれている感じがする・・

などの状態は「内もも」のネジレが原因で膝痛になっている可能性があります!


今回は、内もものネジレを解消するセルフケアをご紹介させていただきます!ぜひ最後までご覧ください(*^_^*)



 

◆なぜ内モモが大切なのか?

 

たくさんの膝痛でお悩みの方のお体をみさせていただく中で、特徴的なことを発見しました。それは内ももに力が全く入らない(入れづらい)ことです。その結果、体が傾いてしまったり、股関節が捻じれるようなお尻フリフリした歩き方をしています。

体幹傾き-side_コピー

あなたも身に覚えありませんか?






◆体重がしっかり支えれない


IMG_9904_コピー

この内ももの筋肉は骨盤から膝あたりまで続きます。ということは、片足立ちの状態で足を内側が支えてくれる筋肉ということになります。

IMG_9951_コピー

この内ももに力が入らないことで、真っすぐ足をつけることができなくなり、膝痛の原因である「ネジレ」がうまれてしまいます。今回はそのねじれを解消していきたいと思います!






◆セルフケア方法

 

①セルフケアを行う場所

 

IMG_9938


立膝の状態でピンっと張ってくる筋肉が内ももの内転筋と呼ばれる筋肉です。よく分からない方は内モモ全体でOKです
 


②後ろから手を回す


IMG_9939_コピー
 


右足の場合は右手を外側から太もも下を通るように内側に触ります。左足の場合は左手で行ってください。


③筋肉にひっかけて前から後ろへ

IMG_9940_コピー

4本の指の第一・第二関節を少し曲げた状態で、内ももの筋肉をひっかけるイメージで行うと更にGOOD!



IMG_9941


内モモの筋肉を前→内→後ろに向かって筋肉を動かしていきます。
イメージ:右足の場合→右手で車のハンドルを左に回す(左に曲がる)要領です

よく分からない方は、内ももで円を描くようにゴリゴリしてもらうだけでも効果はあります。




あとは20~30秒ほどゴリゴリとセルフケアをしてください。痛みのある個所はコリコリした個所は筋肉が引っ付いている(癒着)をしている場所なので、不調の原因の可能性が高いです。


(注意)

手が回せないよ~~って方は、図のように両手で太ももを把持して、ハンドルを回す要領で太もも全体を回してみてください。

IMG_9944



よく分からない方は、円を描くようにゴリゴリするだけでも効果があります!ぜひお試しください!(^^)!

 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、筋力トレーニングの前に関節のねじれを取る必要があります。そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!

 

 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝の痛み
・内ももが原因
・体のネジレや傾き
・内転筋で解決
・内ももをゴリゴリ

・次の動画もみてね
 


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

奥さんと海外産の瓶ビールの飲み比べにはまっています。ただお酒が飲めない僕は3口目には味の違いが分からないぐらい顔が赤くなり、鼻がつまってきます。最初の一口に全力を出していきたいと思います

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年03月04日 22:00

なかなか良くならない変形性膝関節症は、肩甲骨が原因だった!?

膝の痛みを肩甲骨で治す

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

なかなか良くならない、変形性膝関節症でお困りではありませんか?

●病院に通っているけど変化がない・・
●変形性膝関節症や鵞足炎といわれた・・
●背中や肩まで痛くなってきた・・

などの状態は「肩甲骨」の動きが悪いことによって、姿勢が悪化し、膝の痛みに繋がっている可能性があります!


今回は、肩甲骨を動かすためのセルフケアをご紹介させていただきます!ぜひ最後までご覧ください(*^_^*)



 

◆特徴的な姿勢

 


1422386_コピー

変形性膝関節症などの膝の痛みでお悩みの方に特徴的な姿勢が2点あります。それは①背中が丸まっている(猫背)②体の傾きやネジレがあるです。この特徴的な姿勢が改善されていないことで、あなたの膝痛はなかなか変化のないものになっているのかもしれません。。。(ちなみに必ずお膝周りにも筋肉の問題はあります)



◆肩甲骨を動かす

肩甲骨を動かす筋肉に脇の下にある前鋸筋(ぜんきょきん)があります。聞きなじみのない筋肉だと思いますが、肩甲骨の内側~肋骨に幅広く着くため、肩甲骨を動かす主要な筋肉にあたります。

IMG_9886_コピー

この筋肉が硬くなることで、肩甲骨の動きを悪くしたり、肩甲骨を前側に引っ張ってしまうことで、猫背を助長させてしまいます。
猫背の方は100%悪くなっています




◆セルフケア方法

 

①セルフケアを行う場所

 

IMG_9780


手を上げた状態で、脇の下の肋骨を触るイメージでセルフケアを行っていきます

 

②四本の指先を立て前後に動かす


IMG_9782
 

 

(注意)
この前鋸筋は肋骨に薄くへばりついている筋肉なので、表面を触るのではなくグッと押し込んで肋骨の骨を触るイメージで行っていただくと効果的です。

 

IMG_9781


あとは20~30秒ほど脇の下をゴリゴリとセルフケアをしてください。痛みのある個所はコリコリした個所は筋肉が引っ付いている(癒着)をしている場所なので、不調の原因の可能性が高いです。

よく分からない方は、脇の下で円を描くようにゴリゴリするだけでも効果があります!体幹が軽くなり、お膝への負担も減ります!ぜひお試しください!(^^)!


 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、筋力トレーニングの前に関節のねじれを取る必要があります。そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!

 

 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝の痛み
・肩甲骨が原因
・猫背や体のネジレや傾き
・前鋸筋(ぜんきょきん)で解決
・脇の下をゴリゴリ

・次の動画もみてね
 


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

2/22は次男の1歳の誕生日でした。1年前の2月は新型コロナウイルスが騒がれだしたところで、こんなに長引くとは思いもしませんでした。来年の誕生日はハッピーな世の中になって欲しいもんですね

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年02月26日 22:00

ひざ内側痛はお皿の外側が原因!治し方を徹底解説!

ひざ内側痛本命5_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

なかなか良くならない、膝内側の痛みでお困りではありませんか?

整骨院で太もものマッサージを受けたり、病院のリハビリで筋力トレーニングに励んでみたり・・でもなかなか症状が改善しない。。そのような膝の痛みは「お皿の動き」が悪いことが原因かもしれません。

ということで、今回は「お皿の動き」を出して膝痛を改善するセルフケアをご紹介したいとおもいます!

●歩くときに痛みがある
●膝を曲げると痛みがある

などでお悩みの方は
ぜひ最後までご覧ください!



 

◆太ももの外が張っていませんか?

 


膝痛でお悩みの方は、特に太ももの外側がカチカチに張ってしまっています。その理由はいろいろあるのですが、主に足の外側(小指側)に体重が乗っていることが挙げられます。


IMG_9466_コピー


そしてここからが本題ですが、太ももの外側が張ることで、お皿を引っ張てしまい、「本来の位置からズレる」ということが良く起きています。

IMG_9668_コピー

お皿が外側にズレるということは、逆に「お皿の内側が過剰に伸ばされる」ことを意味しています。これが原因で膝の曲げ伸ばしで膝の内側に過剰に負担がかかっている場合があります。今回は太ももの外側の張っている(癒着)を解消して、お皿の位置を正常に戻し、膝痛を解消していきたいと思います!






◆セルフケア方法

 

①セルフケアを行う場所


IMG_9569

 

今回はお皿の外側をゴリゴリしていきます

 

(注意)
太ももの筋肉は股関節から膝の方向へ真っすぐ向かうために、今回ゴリゴリする方向も「上下」より「前後」筋肉に対して垂直になるようにゴリゴリ指を動かした方が効率的に癒着を剥がすことができます

 

IMG_9570

IMG_9571
 

 

②圧をかけてゴリゴリ


IMG_9572

あとは20~30秒程度お皿の横をゴリゴリしてください。このとき少し圧を加えながら硬いとこを動かすイメージで行うとより効果的です。

お皿の外側の癒着をはがすことで、お皿の位置が正常に戻り、膝の内側の痛みが楽になります!ぜひお試しください!(^^)!

 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、筋力トレーニングの前に関節のねじれを取る必要があります。そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みなら、
ひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。全力であなたをサポートさせていただきます!

 

 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝の内側痛
・太ももの外側が張る
・お皿が外側に引っ張られる
・お皿の内側が伸ばされる
・痛みがでる
・お皿外側ゴリゴリで解決

・次の動画もみてね
 


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

朝のランニングを始めました。自宅が淀川の近くなので、朝に河川敷を走る・・というか歩いています。てか広い場所を見てるだけの方が好きかもです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年02月08日 22:00

【変形性膝関節症】ひざ痛を解消する簡単トレーニング

ひざ痛を解消するトレーニング

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今回は膝痛を解消するためのトレーニングをご紹介させていただきます!

●歩くときに痛みがある
●膝を曲げると痛みがある
●筋力の衰えを感じている

などでお悩みの方は
ぜひ最後までご覧ください!



*こちらのトレーニングは当院でも
必ず指導するトレーニング方法です。


 

◆太ももの後ろが弱い


膝痛でお悩みの方は、特に太ももの後ろのハムストリングス(青色)と呼ばれる筋肉が弱い、または力が全く入っていません。

ハムストリングス_コピー

そのため足の踏み込み時に、膝がフワフワしたり、変な踏み込み方(歩き方)をすることで、膝にストレスがかかり痛みが生じています。

またO脚やX脚の原因にもなります。


この太ももの後ろの筋肉は膝を曲げる働きがあり、しゃがんだり、靴下を履くなどの膝を曲げるときに痛みがある方は要チェックです!!






◆トレーニング方法


【方法】

①チューブのセッティング
②ゆっくり曲げ伸ばしをする

それではひとつずつご紹介していきます!

用意するもの
・チューブ


こちらはamazon(商品に飛びます)
や100均一で販売しています


 

①チューブをテーブルの足につなげる


IMG_9354_コピー

先ほどのチューブをテーブルやベッドの足に輪っかをつくるように結びましょう。このときテーブルは重たくて動きづらいことが大切です!

(注意)
 

IMG_9347_コピー


ここで注意点があります。
それはテーブルの足と自分の足が一直線になるように座ることです。

一直線になっていない場合は、座る位置や椅子を横にずらして調整してください。


 

②ゆっくり曲げ伸ばしをする


IMG_9352_コピー

一直線のまま膝を曲げていきます。
またゴムの張力に耐えるようにゆっくり戻すことを意識してください。


ゆっくり曲げた足を戻していくことで、しっかり太ももの後ろの筋肉を鍛えることができます。

(注意)

チューブトレーニング_コピー

足を曲げるときに、写真のように外側や内側に過度にいかないように、真っすぐ曲げることを意識して行ってください。
こうすることでハムストリングスを効率よく鍛えることができます。



IMG_9350_コピー

曲げることができたら、太ももの後ろをさわってみてください。筋肉が少し硬くなっていれば正解です。

*10~20回を目安に行う


この太ももの後ろに筋肉は、膝痛の方にとって赤ちゃんのような弱い筋肉です。そのため、初めから強い負荷で行わず、「こんな軽くていいの?」を思う程度の負荷で行ってください。

 

トレーニングの翌日に痛みが出現していない場合は、チューブをきつくしたり、膝を深く曲げるなどの負荷を上げていっても問題はありません。
 

ぜひこのトレーニングを継続していただき、健康的はお体を取り戻していただければと思います!

 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです。

もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みならひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。
全力であなたをサポートさせていただきます!
 

 

 
 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝痛=太もも後ろが弱い
・弱いことで膝を曲げることが痛い
・チューブで簡単トレーニング
・筋肉が働きだすことで痛み解消
・次の動画もみてね

 



 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

年明けから約2週間たってしまいましたが、あけましておめでとうございます!年末年始はだらだらと寝正月になってしまいました・・おばあちゃんのいる香川に帰ってうどんが無性にたべたいです・・早くいろいろおさまれ~!


最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2021年01月12日 22:00

膝の内側痛を解消する筋膜リリース【癒着はがし】

膝痛内側3_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今日はお皿の内側をゴリゴリすることで
膝の痛みを解消する方法をご紹介
させていただきます!

IMG_9026_コピー

●歩くときに痛みがある
●膝の内側がいたい
●しゃがめない・・
などの膝内側の痛みでお悩みの方は
ぜひ最後までご覧ください!


 

◆膝の筋肉が衰えていませんか?


まずは膝の内側の少し上あたりを触ってみてください。

IMG_9024_コピー

膝の痛みが強い方は、左右を比べると痛みのある足側が凹んでいたり、筋肉が全くありません。
筋肉がない=正常に働いていない(弱い)ことを意味しています。

 

この筋肉が働いていないことが、あなたのツライひざ痛の原因です。


902967_コピー


確認した筋肉は、太ももの内側にある大きな筋肉で、膝の安定性に深く関わります。

IMG_8957_コピー

この筋肉が弱いことで、膝が安定せず、足を地面についた時にグラグラしてしまったり、小指側に体重がかかってしまうために痛みが出現してしまいます。



◆なぜ?お皿の内側?


この内側の筋肉を拡大していくと・・・

IMG_8958_コピー

お皿の内側についてきます。

(*画像では簡単に書かれていますが、本来は靭帯などの組織でより密に繋がっています。)

特に膝痛の方は、膝の動きだけでなく、お皿の動きも悪いことが多く、膝周りの硬さが顕著です
その硬さは癒着(ゆちゃく)と言い、筋肉が働きづらくなる原因でもあります。


今回はその癒着を剥がすことで、膝周りの硬さを取るだけでなく、先ほどの筋肉にも力が入るようにして、膝の痛みを解消することを目的に行います。

簡単にまとめると・・
「引っ付いて硬くなっているところを動きやすくして、ついでに筋肉の状態もよくしよう!」ということです






◆セルフケア


【方法】

①お皿の内側を触る
②指4本でゴリゴリ
③注意:硬いところを潰さない


それではひとつずつご紹介していきます!

 

①お皿の内側を触る

触る場所はお皿の内側や膝の内側の全体になります

IMG_9045_コピー

 

②指4本でその場所をゴリゴリしましょう

だいだいでいいので、硬くなっている場所・コリコリしている場所を指でゴリゴリしていきましょう


IMG_9048_コピー



③注意:硬いところを潰さない

IMG_9049_コピー

だいたい20~30秒程度ゴリゴリしてください。
注意点として、その硬くなっているところを上からただ単に潰すようなケアの仕方はやめてください。それは筋肉を潰しているので、悪化する可能性が高くなります。

硬くなっているところを優しく動かす。
硬い部分自体を動かすイメージで行ってください


 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです


もしあなたが慢性ひざ痛でお悩みならひざ痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください。
全力であなたをサポートさせていただきます!



 

 
 
 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・膝痛=太もも前が弱い
・お皿の動きも悪い
・癒着が原因
・癒着をゴリゴリ
・筋肉や関節が動きだし痛み解消
・次の動画もみてね


 

【こちらも参考に】

【喜びのお声 ~膝~】


【膝の外側が痛い原因と対処方法】

【膝の内側が痛い原因と対処方法】

 


 

【編集後記】

きづけば年末。今年はコロナもあってあっという間に終わってしまいました・・(関係ある?笑)緊急事態宣言など、大変な時期もありましたが、潰れることなく例年以上のサポートができるようになりました。これも皆様の温かいお声や御恩のおかげです。本当にありがとうございます。また来年もよろしくお願いします(^^)


最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年12月25日 11:00

腰の痛みを解消する背中マッサージ

広背筋マッサージ3_コピー

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

八尾市 河内山本

3年以上続く ひざ痛・腰痛専門

アークス整骨院 古川智章です。

(@arcx1101)

 

古川院長プロフィール

 

今回は動画のご案内です!

 

お体の痛みや悩みを解決するために

知識やアイデア・ケアの方法をお伝えする

アークス整骨院チャンネルのご案内



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

まずギックリ腰や慢性腰痛などの
症状をお持ちの方に言えることですが、
「背中の筋肉」に問題が大アリです。

その背中をゴリゴリするだけで
ツライ腰痛が楽になります!

IMG_8639_コピー

ぜひ最後までご覧ください!


 

◆腰痛なのに背中が大事?


腰に痛みがある方は、
基本的に腰や背中が丸まっています。


それは現代人の生活では
パソコンやスマホ・家事など
背中が丸まる動きが多いためです。


腰痛_コピー

そして今回アプローチする背中の筋肉は
広背筋(こうはいきん)と呼ばれ
主に背中を伸ばす働きがあります。


IMG_8485_コピー

猫背や背中が丸まる傾向にある方は、
この背中を伸ばす広背筋が
しっかり働いておらずサボっている状態です。

サボっている=力が入りづらい弱い筋肉

背中を鍛える方法は、懸垂が有名ですが、
一般の方には難しいトレーニングでもあります

トレーニングで鍛えるより
更に簡単な方法が今回ご紹介する
癒着剥がし」です


筋肉がサボってしまう主な原因に
「癒着」があります。


今回はその癒着をゴリゴリすることで
背筋に力が入りやすい状態にすることで
ツライ腰痛を解消したいと思います!




◆セルフケア


【方法】

①肩甲骨の一番下を触る
②指二本分前を触る
③円を描くようにゴリゴリ


それではひとつずつご紹介していきます!
 

①肩甲骨の一番下を触る

大雑把でもいいので、
肩甲骨の一番下端あたりを触ります。


IMG_8624

 

②指二本分を触る

肩甲骨の一番下から指2本分前あたりをゴリゴリします。この辺りのゴリゴリした部分が背中の筋肉の癒着ポイントでもあります。

*この時に脇の下まで行くと別の筋肉になります


IMG_8625



③円を描く

IMG_8628

だいたい20~30秒程度ゴリゴリしてください。
背中の筋肉は左右両方あるので、両背中を同じ要領で行ってください



まとめ

IMG_8627

広背筋=背中のつかめる筋肉です

つかんでいるのが脂肪かもしれませんんが、肩甲骨の一番下の前をゴリゴリしていただければ、ほぼ間違いありません!
 


詳しく説明は動画をご覧ください

 
 
 

を押すと動画を見ることができます


 

【まとめ】

・腰痛=猫背多い
・猫背=背中が働いていない
・その結果、腰の奥の方や背中が痛くなる
・癒着をゴリゴリ
・筋肉できちんと背中を支えることができる
・次の動画もみてね

 

 

【最後に・・】


膝の痛みをよくするためには、負担のかからない体にする必要があり、そのためには筋肉の状態を見極め、的確に施術することが求められます。そして筋肉の状態を良くする治療は、当院がもっとも得意としていることです



もしあなたが
慢性腰痛でお悩みなら
腰痛施術について詳しく書いたページを参考にしてください


全力であなたをサポートさせていただきます!

 

【こちらも参考に】

 

【腰痛の施術について】


【喜びのお声 ~腰痛・尾骨の痛み~】


【腰痛や肩の痛みに効果抜群ケア!】


 

【編集後記】

久しぶりのブログ更新になってしまいました。。決して忙しいわけではなく、完全にさぼっていました(笑)継続してあなたのツライ状態が良くなる方法をご紹介させていただきますね(*^^)v


最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

もし現在、膝の痛みでお困りの方は

些細なことでも結構ですので、ご相談ください

アークスLINE4

 

 

3年以上つづく

腰痛・膝痛の専門整体

坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱菅狭窄症・変形性膝関節・半月板損傷・靭帯損傷・オスグット・ランニング膝

などの症状でお困りの方はご相談ください。

 

 

アークス整骨院

大阪府八尾市山本町南1-7-12

近鉄  河内山本駅  徒歩2分

072-976-4498

2020年11月18日 22:00