HOME ≫ 症状説明 ≫

ケガの説明

坐骨神経痛

①なぜ坐骨神経痛が起きるのか?
坐骨神経痛は坐骨神経の圧迫や引っ張られること(牽引)により起こる神経痛です。主な症状として腰痛、お尻や下肢のしびれや痛み、筋力低下などを訴えることが多いです。痛みの程度は人によって異なるものの、日常生活に支障をきたします。坐骨神経痛を引き起こしている神経の圧迫や牽引が何によって起こっているのかをしっかりと把握することが大切です。

②悪化する原因とは
悪化する原因としては脊椎のズレ、姿勢などによる筋バランスの不均衡での神経の圧迫や長時間の座位などによる神経の牽引が考えられます。

③そのお悩みお任せください!
腰が痛いから腰のマッサージ!だけでは治りません。神経痛の原因となっている脊椎の偏位や筋バランスを正常な状態に保ち、維持することが重要です。
当院では「問診」「検査」「評価」を重要視しており、【お身体で何が起きているか?】を把握してから、ゴールまでの最短ルートを通る治療をご提案させていただいております。もし、現在お悩みの方は、ご連絡ください!

椎間板ヘルニア

①なぜ椎間板ヘルニアが起こるのか?
椎間板ヘルニアとは椎間板内の髄核と呼ばれるものが、椎間板を突き破り脊柱管内に突出することを言います。突出したヘルニアが神経を圧迫して神経痛を引き起こしたり痛みのため動作制限、歩行困難になることがあります。ほとんどは片側だけですが、まれに両方に出現することもあります。

②悪化する原因とは?
前屈するとヘルニアが後方へ移動しすることで、神経が圧迫され症状が強くなるとされています。片側性が多いことから腰椎の回旋を止めるための筋力が弱く、不均等なストレスがかかることが原因の一つと考えられます。それらは日常生活動作に原因があることも多く、体幹の捻れや筋バランスの不均衡、下肢の状態が痛みを引き起こしている可能性もあります。

③そのお悩みお任せください!
腰が痛いから腰のマッサージ!だけでは治りません。どの箇所が捻れているのか、どこに負担がかかり筋のバランスが崩れているのかをしっかりと把握し、アプローチしなくては痛みの原因となっている状態の改善することができません。当院では「問診」「検査」「評価」を重要視しており、【お身体で何が起きているか?】を把握してから、ゴールまでの最短ルートを通る治療をご提案させていただいております。もし、現在お悩みの方は、ご連絡ください!

圧迫骨折

①なぜ圧迫骨折が起きるのか?
 くしゃみや尻もちなど、軽い力で腰の椎体が圧迫を受け、潰れるように折れることを言います。骨粗鬆症や転移性骨肉腫で骨が脆いことが原因といわれています。胸と腰の骨の境目(胸腰移行部)に多発し、動いた時の腰の痛み・起床時の痛み・腰が曲ってくるなどの特徴的な症状があります。 

②悪化する原因とは
圧迫骨折をされた方は2-4週間は装具やギプス固定し、骨が引っ付くのを待ちます。その後は腹部や背中のトレーニングを指導行っていきますが、骨折部をかばうために、他の骨や関節に負荷がかかり、再負傷や損傷するリスクが高まります。

③そのお悩みお任せください!
骨折部分の癒合を早めることはできませんが、上下の関節にかかる負荷を減らすことはできます。また寝返りや歩行時の痛みは、全身の動かない関節・働いていない筋肉があるために痛みが出現するため、腰の治療以外に全身を調整する必要があります。また圧迫骨折はご年配の方がなりやすく、同時に首や膝の調子が悪い方が多いです。
当院では「問診」「検査」「評価」を重要視しており、【お身体で何が起きているか?】を把握してから、ゴールまでの最短ルートを通る治療をご提案させていただいております。もし、現在お悩みの方は、ご連絡ください!

妊娠時の腰痛

①なぜ妊娠時の腰痛が起きるのか?
ご懐妊おめでとうございます。妊娠時の腰痛はお腹が大きくなることで、腹筋が伸ばされ、働きづらくなることで腰痛が出現します。またお腹が大きくなることで重心が前に移動し、前に倒れるのを防ぐために上半身をのけぞるような姿勢になることが特徴的です。

②悪化する原因とは
お腹が大きくなって腹筋が伸ばされることは防げませんが、妊娠中の腰痛の方は確実に背骨がズレています。またとれる体勢が限られているので、筋肉に偏りが出るのも特徴的です。また重心を真ん中にするために、上体を反らしカカトに体重が乗っている方が多く、不良姿勢は胎児への影響があり、治療が必須です。

③そのお悩みお任せください!
妊娠中の腰痛や股関節痛・むくみは座った状態や仰向けに寝た体制でお身体を診させていただき施術していきます。当院では筋肉にゴリゴリ圧をかけるマッサージは行わず、軽い刺激で全身を調整していきます。また女性は首や頭の骨のズレの影響でホルモンバランスが崩れている方が多いです。
当院では「問診」「検査」「評価」を重要視しており、【お身体で何が起きているか?】を把握してから、ゴールまでの最短ルートを通る治療をご提案させていただいております。もし、現在お悩みの方は、ご連絡ください!

半月板損傷

①なぜ半月板損傷が起こるのか?
半月板とは脛骨と大腿骨の間にあるC字方をした軟骨組織で、内側と外側の両方にあります。半月板は①膝の安定性を高める②衝撃を吸収するクッション材の役割があります。スポーツ現場での体重がかかった状態での捻りや転倒などで損傷します。症状は動かした際のひっかかり感や痛み・急に膝が動かなくなるロッキングが有名です。半月板は加齢に伴い変性するので、40歳以上の方はすこしの外傷でも半月板損傷がおきやすくなります。

②悪化する原因とは?
半月板を痛めている方は、膝のねじれが生じています。それに加えて歩行時に膝を伸ばしきった状態で着地している方がほとんどです。その原因は腰にあり、腰が悪いためにお尻から太ももの後ろの筋肉(ハムストリングス)の働きが悪く、地面を蹴れないために膝が伸びしてしまいます。膝が伸びた状態だと着地の衝撃が骨に伝わり膝や股間節に抜けてしまうので、なかなか痛みが引かない状態に陥ってしまいます。

③そのお悩みお任せください!
指導されたトレーニング・リハビリを行って症状改善していますか?身体で起きている状態を無視したリハビリでは、効果のある・ないが明確に分かれてしまいます。まずはお身体の状態を整え、力が入る状態でトレーニング・リハビリを行ったほうが治療スピードは断然早くなります。できない動きの原因は「正常に働いていない筋肉」が必ずどこかに存在します。
当院では「問診」「検査」「評価」を重要視しており、【お身体で何が起きているか?】を把握してから、ゴールまでの最短ルートを通る治療をご提案させていただいております。もし、現在お悩みの方は、ご連絡ください!

膝靭帯損傷

①なぜ靭帯損傷が起きるのか?
膝の靭帯は、内外側にある側副靭帯・関節の中にある十字靭帯の4種類があります。それぞれ内側側副靭帯(MCL)は膝がX脚方向に捻じれるの防ぐ作用があり、外側側副靭帯(LCL)は膝がO脚方向に捻じれるの防ぐ作用があります。側副靭帯はスポーツ中に転倒や着地のミスなどでよく負傷します。
また膝の前後のズレを防ぐ役割に前十字靭帯(ACL)・後十字靭帯(PCL)があります。
スポーツ中のターンやジャンプの着地などの動作時に膝をガクっと捻って生じる非接触型の損傷と タックルなど予期しない外力で膝を捻って生じる接触型損傷があります。前十時靭帯損傷は男性よりも女性が多く、その7割以上が他人と接触のない非接触型の損傷です。


②悪化する原因とは
膝の靭帯を損傷すると不安定が顕著です。内側靭帯損傷は踏み込み時の痛みやボールを蹴った際に痛みが出現します。足の機能が悪いために、踏み込み時にX脚になり痛みが出現している場合が多いです。膝だけでなく足や腰の治療が必要になります。前十時靭帯損傷はスポーツを今後続ける場合は手術を薦められます。軽い運動では問題ありませんが、膝がガクッと崩れる膝くずれ現象が出現し、半月板や軟骨損傷を引き起きしてしまう可能性があります。しかし手術を受けても不安定性が解消されないまま復帰される方が多く、再断裂や逆足に負担がかかり逆足の靭帯断裂が起きてしまいます。

③そのお悩みお任せください!
膝の靭帯損傷で重要な考え方は、不安定性を解消することです。ランニング時やターンの際に‘違和感‘があれば要注意です。また病院で手術を受けてリハビリが上手く進まない原因はお身体の問題です。お身体のどこかに問題があり、膝を安定させる筋肉に力が入りづらいために、指示された体勢がとれないが生じてきます。その背景には「正常に働かない筋肉」が必ず存在します。
当院では「問診」「検査」「評価」を重要視しており、【お身体で何が起きているか?】を把握してから、ゴールまでの最短ルートを通る治療をご提案させていただいております。もし、現在お悩みの方は、ご連絡ください!

四十肩・五十肩

①なぜ四十肩・五十肩が起きるのか?
肩関節周囲の炎症を総称して四十肩・五十肩と呼びます。関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などの組織に炎症が起き、その炎症が周囲に拡がることが主な原因と考えられています。
特徴的な症状は【動かした際のズキッとした痛み】と【寝ている間のズキズキした痛み】です。また肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着すると更に動きが悪くなり(拘縮または凍結肩)、お着替えやドライヤーで髪を乾かす・エプロンの紐を結ぶなどが行いづらくなります。
 
②悪化する原因とは
四十肩・五十肩は放っておいても治ると言われています(2年ほどかかりますが)
そのためか放置される方が多いです。しかし痛みのため動かさないでいると関節の袋や膜が硬くなってしまい、さらに肩を動かしづらくなってしまいます。痛くなってすぐは急性期と言われ安静が必要ですが、それ以降は温めて血液循環を促し、肩を動かす軽い体操を継続することで治療スピードが早くなります。


③そのお悩みお任せください!
肩が痛いから肩のマッサージ!だけでは治りません。なぜなら四十肩・五十肩で苦しむ方の全員が肩周りの筋肉が正常に働いていないからです。そのため、腕や肩甲骨の重さを支えることができず、痛みが出現しています。また同時に肩だけでなく、肋骨の動きや肘・手首の動きを調整することが必須です。
当院では「問診」「検査」「評価」を重要視しており、【お身体で何が起きているか?】を把握してから、ゴールまでの最短ルートを通る治療をご提案させていただいております。もし、現在お悩みの方は、ご連絡ください!